アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 職種別メリット・デメリット > CADオペレーターとは?メリットとデメリットまとめ

CADオペレーターとは?メリットとデメリットまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

自分の技術と知識で仕事をしたい!そう考えている方は数知れずというところですが、今回はCADオペレーターという職業についてご紹介していきたいと思います。

そんなの知ってるよ!という方もいらっしゃるかもしれませんが、知らないという方もいらっしゃるかもしれません!どんな仕事でどんなメリットがあるのか、デメリットはどんなことなのかをご紹介いたします。

CADオペレーターとは何か?



まずはCADオペレーターというのが何かについてご紹介していきましょう。CADオペレーターは簡単に言えばCADというソフトを使って様々な図面を作るのが主な仕事です。

設計士?と思う方もいるかもしれませんが、設計士とはちょっと違います。というのもCADは設計だけのためにあるものではなく、例えば設計に従って加工していく過程のプログラミングを作成したりもするからです。

例えば製品の設計図を見て設計図通りの図面をCADで作成します。そしてその製品をどのようにして加工していくのかをプログラミングし、そのプログラムを加工機械に送って製品の生産を行ったりもできます。

いうなれば設計士がどのような構造や形状にするのかを考え、その考えた通りのものを図面として作成するのがCADオペレーターというわけですね。

CADオペレーターはあらゆる分野で活躍している



前章で簡単に説明したように、CADオペレーターは設計士が思い描く製品の図面を作成します。設計を必要とする建築関係はもちろんですが、機械を使って製品の加工を行う業種でも活躍することができます。

代表的なのが金属加工業などですね。男性なら高校生の頃に旋盤機械やフライス機械などを使った方も多いかもしれませんが、プログラミングで加工しない汎用機械ではなく、プログラミング機能のついたNC旋盤やNCフライスではCADを使います。

他にもマシニングセンターや多軸加工機などでもプログラミングのためにCADを使います。さらにダイカストやプレス機械などの金属加工でもプログラミングを使うので、CADオペレーターが活躍しています。

また、土木関係でもCADオペレーターが活躍しています。例えば橋を建設する時にどのような構造にするのか、全体的なイメージはどのようになるのかなどを知るのにもCADを使用して作図します。

このようにCADオペレーターはあらゆる分野で活躍できる職業なのです。もちろん誰でも簡単に使えるソフトではありません。

CADオペレーターが使っているソフトを使うには?



CADソフトは他のソフトと同じように色々なものがあります。中には特別学ばなくても使うことができるものもありますが、建設業界や金属加工業界や土木業界で使っているCADの場合は使い方を学ばないとならないでしょう。

当然ですが誰もが使えないソフトなので、使い方を学ばなくてはなりませんからスクールなどを活用しなくてはならないのですが、専門学校などもあるのでせめて基本的な操作だけでも学んでおくと良いでしょう。

ちなみにハローワークではCADオペレーターになるためのスクールは助成の対象となっているので、この機会にCADオペレーターのためのスクールを探してみても良いでしょう。

また、CADの基本的な使い方を学ぶと他のCADを使用する時にもその経験や知識が重宝します。基本的なソフトは二次元と三次元がありますが、三次元のCADの操作ができると良いかもしれません。

代表的なソフトは「AutoCAD」や「Jw cad」「VectorWorks」などがありますね。昔は「CAD CAM」などが主流でしたが、最近はこの3種類のタイプを使用している企業が多いようです。

CADオペレーターのメリットとデメリット



メリットの方が多いのがCADオペレーターというお仕事です。専門的な技術を身につけているので需要は非常に高く、年収が良いというのがメリットの一つだと考えられます。つまりCADオペレーターは高額報酬なお仕事の一種ということになります。

他にも専門的な知識や技術があるので就職や転職などに非常に有利になります。もちろん企業に属さなくても個人事業主でオペレーターができますので、在宅でお仕事ができるというのもメリットだと考えられます。

デメリットももちろんあります。それは専門的な知識と技術が必要になるので、スクールなどで学ぶ必要がありますし、あらゆる分野で活躍するためには経験が必要になるという点がデメリットといえそうです。

ですが概ねメリットの方が大きい分野ではありますので、これから自宅で高額報酬を狙いたいという方はCADオペレーターを目指してみてはいかがでしょうか。

転職や就職のために技術や知識を身につけたいと思うのならば、ハローワークに助成についてを聞いて申請すると良いですね。

まとめ



今回はCADオペレーターという仕事はどんな仕事なのか?どんな分野で活躍できるのか?そしてメリットやデメリットについて説明いたしました。

確かに難しいかもしれませんが、知識や技術を身につけていかなくてはならないという点を除いては、概ねメリットの方が大きい業種でもあるので、個人事業主で活躍していきたいと考えている方は、目指してみてはいかがでしょうか。

この記事がCADオペレーターについて知りたいと思っている方の参考に少しでもなれば幸いです。

関連記事