アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 職種別メリット・デメリット > デリバリーの仕事の種類と時給の差そして注意点

デリバリーの仕事の種類と時給の差そして注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

「今日何を食べようかな?」そんな時に大活躍するのがデリバリーです。皆さんもピザを注文した事ありますよね。最近は色々なデリバリーがあって「こんなのもあるの?」というくらい種類が豊富になってきました。

つまりそれだけデリバリーの仕事があるという事ですよね。そこで今回はデリバリーの種類や仕事の内容についてを改めてご紹介していきたいと思います。

デリバリーの種類は何種類ある?



ここではデリバリーはいったい何種類くらいあるものなのかを調べてみました。すると大きく分けると「寿司」「ピザ」「カレー」「レストラン系」「ファーストフード」などに分けられるようです。

全国区で有名なデリバリーをしている店舗をご紹介いたします。もちろんその地域だけにある店舗やチェーン店もあると思うのですが、今回は全国区のものだけを集めてご紹介していこうと思っています。

【寿司店】
銀のさら、つきじ海賓、柿家鮨、すし上等!、味ぎん

【ピザ】
ピザーラ、ピザハット、ロイヤルピザ、ドミノピザ、ピザ・カリフォルニア、ナポリの窯、シカゴピザ

【カレー】
CoCo壱

【レストラン系】
ガスト、デニーズ、ジョナサン、ココス、フレッシュ・エッグス、ステーキ宮

いかがでしょうか?CoCo壱は一店舗しかありませんが、他は意外とたくさんのお店がデリバリーサービスを行っている事がわかりますね。これにその地域のお店を含めるとかなりの種類のデリバリーが日本全国で展開している事になります。

ではデリバリーのお仕事をした場合の仕事の内容についてをご紹介していきましょう。さらにデリバリーの仕事をする時の注意点についてと、最近のデリバリーの問題についてもお話していきます。

デリバリーの仕事の内容



デリバリーの仕事と言えばメインは注文をいただいたお客様の自宅にお料理をお届けするのがメインのお仕事になります。まずはお客様からの依頼をいただき、キッチンに調理の依頼をしなくてはなりません。

キッチンでお客様からの注文の料理を作り終わったらパッケージングを行います。しっかりと蓋をしめてこぼれたりしないように車やバイクなどに収納します。昔は「おかもち」なんてよく言いましたが今は使わないのですね。

お客様のところへ配送してお客様に商品をお渡しして、料金をいただきおつりがある場合はおつりを渡して終わりです。最近はデリバリーでも使い捨て容器を使うところが多いので、回収はしない事が多くなってきているので楽ですね。

ただし和食やお寿司屋の場合などには容器を回収しなくてはならないものもあるようですので、その場合には最終的に回収しにいかないといけないというわけですね。

そして大事なのはデリバリーに使用する車両やバイクなどの点検です。お店の方で行ってくれる事もあるかもしれませんが、普段乗るのは自分なのでちょっとした変化などに気づいたらお店の方へ伝えるなどをして、安全にお仕事ができるよう配慮すると良いでしょう。

デリバリーの仕事のメリット



デリバリーの仕事のメリットは一人でできる仕事であるという点でしょう。あまりワイワイ人と関わるのが苦手という方でも、基本的には配送している時は一人でできるので、人間関係に悩む事もあまり無いのがメリットの一つです。

配達の仕事のメリットはどの仕事でも同じですが、デリバリーの仕事でも同じように裏道を知る事ができるという点です。道を知るという事は今まで知らなかった建物や、お店などを知る事もできるのでちょっとした物知りになれるかもしれませんね。

これはデリバリーならではのメリットですが、おつりの計算が早くなるというのもメリットになるでしょう。というのもお客様が必ずしもピッタリの金額で料金を支払うとは限りません。中には大きなお金と細かいお金を用意している事もあるかもしれません。

その場合に素早く計算をしなくてはならないので、暗算が得意になったという方も結構いらっしゃいます。また予測しておつりを持っていくのも楽しいかもしれませんね。

さらに毎日運転をする事、そして料理を丁寧に運ばないといけないため、自然と運転技術が高くなっていきます。安全運転かつ丁寧な運転ができるようになるわけです。これは結構良いメリットですよね。

もちろん逆にデメリットもありますのでご紹介いたします。

デリバリーの仕事のデメリット



天候に関係なく配達しなくてはならないのですが、雨の日など天候が悪い時はびしょ濡れにならないように配慮しなくてはならない点。配達に行く時にずぶ濡れになってしまう事もあるかもしれません。

それに運転して配達する仕事なので事故には十分に注意しなくてはならないでしょう。自分が気を付けていても相手の不注意でもらい事故になってしまう可能性も無きにしろ非ずです。

後は受けた注文が間違っていたりした場合や、料理がこぼれてしまったりした場合に苦情になってしまいますが、この時クレームを最初に言われるのがデリバリー担当の方です。これも苦痛と感じる方もいるかもしれません。

それにお客さんの中にはひどく怒鳴ったり脅したりする人もいるかもしれません。昔から日本は『お客様は神様』的なところがあるので、自分は悪くないのに言われてしまったらかなり一日中嫌な気持ちになるかもしれませんよね。

おつりの計算を間違ってしまったりする事もあるかもしれません。そういえば最近ニュースで話題なのが世界中で有名なデリバリーサービスのトラブルです。とても良いサービスなのですが、できればお店のデリバリーを選んだ方が良さそうですね。

まとめ



今回はデリバリーの種類やデリバリーの仕事をした場合のメリット、そしてデメリット、注意する点などについてをご紹介いたしました。仕事的には楽しくてやりがいを感じる仕事でもあるのでおすすめです。この記事がデリバリーの仕事ってどうなの?と思う方のお役に立てれば幸いです。

関連記事