アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 職種別メリット・デメリット > 保険外交員は安心を売る仕事!その内容と年収

保険外交員は安心を売る仕事!その内容と年収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
皆さんはもしも何かがあった場合のために何らかの保険に加入していらっしゃいますよね。保険に加入する時にはどのように加入されたでしょうか?多くの場合は「保険外交員」との契約をされたと思うのです。

保険外交員は保険のことをよく知っていて、その人に最適な補償のある保険をすすめてくれますが、今回はこの保険外交員という仕事にスポットを当ててご紹介しようと思います。

保険外交員とはなにか



まずは保険外交員ってどんなものなのか?なぜ必要なのかいついてを簡単にお話いたします。実は筆者も以前保険外交員をしていたので、その当時の話を交えて保険外交員について説明していこうと思います。

保険外交員は簡単に言えば保険を紹介して保険に加入してもらうための保険会社の営業のことです。皆さんご存知かと思いますが保険には色々なものがありますよね。補償する対象も実は違います。

例えば自動車の事故や故障の時のための「自動車保険」子供の通学などのケガや事故の補償をする「子供保険(ジュニア保険)」自宅が災害にあった時のための「災害保険」「火災保険」「家財保険」もありますね。

さらに家族が病気やケガをした時のための補償の「傷害保険」「疾病保険」万が一死亡してしまった場合の「死亡保障」に貯蓄性のある「年金保険」「養老年金」などの保険。

レジャー保険なんていう保険もありますね。例えば「ゴルフ保険」「釣り保険」これらの保険商品をパンフレットなどを使いながら、加入希望者に説明して納得してもらって加入してもらうのが保険外交員です。

個人で保険外交員になることもできる



保険外交員は保険会社に勤めている方なら事務員以外は保険外交員です。保険外交員は保険会社に所属していれば誰でもなれますが、保険会社で勤めた経験があってある程度の顧客があれば個人でもできます。

個人で保険の外交員になるのも誰でもできるかもしれませんが、基本的に単独で行動して自分の顧客を持っているものなので、ある意味では個人の保険外交員だといえるかもしれません。

実際に知り合いの保険外交員は個人で外交員をやっていて、自宅がオフィスでたまに所属している会社に顔を出す程度で仕事をしていました。当然ですが確定申告をする必要があったり個人事業主として登録したりしています。

ある程度顧客があれば、わざわざ毎日会社に行かなくても良いというメリットもあるかもしれませんね。しかしながらほとんどの保険外交員は会社に出勤して仕事をしています。

ちなみに保険外交員は販促商品を持っていて、保険会社と自分の名前の入った商品をお客様に配ったりしています。もちろん販促グッズは自分で購入しなくてはならないので、多少の出費は必要になるでしょう。

保険外交員のになるには



保険外交員になるのは簡単です。学歴もそれほど厳しくはありません。まずは保険会社に就職します。就職後は勉強会なるものが数日間行われるので、全てに参加する必要があるでしょう。

勉強会が行われた後はどの程度内容を学べたのかを確認するために試験を受けることもあります。保険会社によって違いはあるかもしれませんが、これだけは必ず受ける試験もあります。それが年金に関する試験です。

この試験に合格しなければ保険外交員にはなれません。これは年金の商品を扱うのに必要な資格なので、誰もが勉強をして試験に合格する必要があるのです。この試験は普通に試験会場へ行って受けるので緊張するかもしれません。

でもしっかりと勉強会を受けていれば誰もが受かる試験です。ちなみに保険外交員というのは誰でもなれますが、誰でも成功するとは限りません。やはり向き不向きはあるという意味でです。

どちらかというと社交的な方の方が向いているかもしれませんが、新しいお客様を開拓する時にはとても勇気が必要になるので、くじけない心を持った方やお客様の不安を和らげる程度の知識と話術が必要な仕事でもあるでしょう。

保険外交員の年収について



皆さんは保険外交員がどのくらいの収入になるのかご存知でしょうか?保険外交員は完全歩合制のことが多いので、保険の契約件数が多ければ多いほど収入は上がります。例えば毎月1億の加入がある人と1000万の人とでは開きがあります。

もちろん契約年数も長ければ長いほど良いですし、すでに契約したお客様が新たな保険に書き換えしてくれればそれも成績アップにつながります。しかも保険外交員は補償がかなり良いです。

ボーナスも成績が良ければ当然高額になりますし、定年まで勤めれば年金も保険会社独自のものなので非常に高額です。ある意味保険外交員は自分の将来を安泰にするには最適なお仕事なのです。

しかしながら特に生命保険では人の命に値段をつけるような印象があるため、扱いや商品の説明の時には非常に気を使わなくてはならないのも事実です。説明が不十分だと保険加入件数が伸びないという悩みもあります。

ちなみに保険会社に勤めている方の平均的な年収は423万円(キャリアガーデン調べ)となっていますが、平均ですので高額報酬の方の場合は1000万以上の方もいらっしゃいます。男性でも女性でもやる気があれば稼げる仕事です。

どの保険会社でも最低限のノルマがあります。そのノルマをクリアできれば13万円は補償されています。いかに保険契約数を上げるかがカギとなるわけですね。

まとめ



今回は保険外交員という仕事がどんな仕事なのか、仕事の内容や保険会社の種類について、保険外交員になるにはどうすれば良いのか、保険外交員の年収はいくらくらいなのかについてご紹介いたしました。

向き不向きがある仕事ではありますが、意外な人がこの仕事で成功することもあるのでチャレンジしてみても良いでしょう。この記事が保険外交員について知りたいと思っていた方のお役に立てれば幸いです。

関連記事