アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 職種別メリット・デメリット > 印刷業の種類とメリット・デメリット

印刷業の種類とメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
印刷関係の仕事も他の業種と同じようにいくつかの種類があります。日本の印刷会社の中には日本国内だけではなく世界でも知られる大企業もあります。

そこで今回は印刷業の種類とそれぞれの仕事の内容について調べてご紹介いたします。

印刷業とは何か?



印刷業とは様々な印刷物に関わる全ての作業を含みます。紙に文字を印刷する作業、紙以外のものに文字やイラストなどを印刷する作業、印刷が終わった後の印刷物を閉じこむ作業。

余分な部分をカットして調整する作業、表紙を作る作業に表紙などに文字やイラストを印刷する作業全般を含んで印刷業というわけです。

私たちが普段目にしている文字やイラストが書かれているものは、全て印刷に関わる企業がそれぞれを分担して行っているのです。

次の章で印刷行、印刷に関わる会社の種類についてご紹介いたします。

印刷の種類



代表的な印刷物と言えば新聞ですが、新聞やチラシなどの印刷を行うのは『オフセット輪転印刷』と言います。高速で印刷する事ができるので大量に印刷をする新聞やチラシの印刷に向いています。

梱包用の段ボールや牛乳パックなどの印刷に使われるのが『フレキソ印刷』という技術です。凸型の印刷の代表的なもので、UVインキなど環境に配慮したインキを使って印刷する事ができます。

紙以外の印刷物の中には布やゴム製品、そして皮などがありますが、この場合には『スクリーン印刷』という技術が使われます。最近では金属板やプラスチックの板などへの印刷も人気ですね。

大好きな芸能人などの写真集などを印刷するのは『グラビア印刷』です。写真のような印刷ができるのでグラビアや雑誌などの印刷に優れています。

この印刷ではお菓子などの包装などにも使われていて、幅広い分野で利用されている印刷技術ですね。実は購買意欲を高めるために最近ではダイレクトメールの印刷物にも多く使われています。

このように印刷の種類があって、それぞれに適した印刷技術や印刷機械が使われているのですね。では次に印刷業界で働く人の年収についてご紹介いたします。

印刷業で働く人の年収はいくら?



印刷業を行っている企業にお勤めする方の平均的な年収は400万円~500万円ほどと言われています。どこの部署で働いているのかによっても多少の違いはあるかもしれません。

例えば印刷を行っているオペレーターの方、事務の仕事をしている方、営業をしてお客様を獲得するのが仕事の方全てが同じ年収だとは限らないです。なので所属している場所によって多少の差が出るのは仕方がないでしょう。

また、大きな企業、例えば大日本印刷や凸版印刷などの場合と、中小企業ではやはり年収は違ってくるでしょう。その中でも所属する部署や担当している場所によっても年収に多少の差が出るかもしれません。

もしも安定した仕事と年収が欲しいと思うのならば、中小企業よりは大手の印刷会社に就職する方が良いですね。ただし大企業の場合は採用条件が多少厳しくなるかもしれません。

中には中規模の会社で上を目指すという方法もおすすめかもしれません。本当にやりたい作業ができる確率が上がるという意味では良いですよね。

印刷業界で働くメリットとデメリット



印刷業界でお仕事をするメリットは業種にもよりますが、例えば雑誌や新聞や書籍などの印刷会社でお仕事をした場合、一番最初に目を通す事ができるというのは大きなメリットかもしれません。

もちろん仕事の最中に印刷物を読みふける事はできませんし、巻き込まれてしまわないとも限らないので絶対におすすめはできませんが、本が好きなのは大きな楽しみかもしれませんね。

もう一つのメリットはホワイト企業が多いという点です。福利厚生面がしっかりとしている企業が多いというのもありますが、重労働が多いという業種でもありません。というのもほとんどがコンピュータで制御されています。

年収も比較的高めで安定しているのもメリットの一つでしょう。

では逆にデメリットというと何があるかというと、大手企業の場合は競争率が高いという点、大企業に入りたいと思ってもなかなか門が狭いのが難点です。でも最近は比較的就職活動がしやすくなっているのでチャンスはあるかもしれません。

もう一つは印刷業には旬がありません。なのでほぼ1年中忙しいというのがデメリットの一つかもしれません。

デメリットはどんな職業にもあるものです。それを差し引いても印刷業界でお仕事をするのは決して悪い事ではありません。実際に印刷業で働いた事がある身としては働きやすい環境で楽しい仕事だったと感じています。

印刷業ってどうなの?と聞かれたら、短調かもしれないけど安定していていいよ!と伝えます。つまりおすすめなお仕事です。

まとめ



今回は印刷業界についてご紹介いたしました。お仕事を探している方の中で、印刷業ってどうなんだろう?と思っている方は、ぜひ就職先として印刷業で活躍してみてはいかがでしょうか。

毎日同じ作業ではありますがタイプの違う印刷物を作る作業は、慣れてくると楽しく感じるかもしれません。

この記事が印刷業について知りたいという方のお役に立てれば幸いです。

関連記事