HOME > コラム > 職種別メリット・デメリット > 【人手不足】医療技術者の資格とお給料まとめ

【人手不足】医療技術者の資格とお給料まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

人手不足の職業にはいろいろとありますが、私たちが健康的に生きていくために必要なものの一つに『医療』があります。

体調を崩してしまった時や病気を発症した時、そしてケガをした時に利用する病院には様々な種類の専門の医師や看護師そして医療技術者がいるのです。

今回は、人手不足の職業のランキングでもトップ10に入る、医療技術者のとは?医療技術者の種類と資格そして収入についてのお話をいたします。

医療技術者とは?



誰もが一度以上は病院に行った事があるでしょう。診断をするのは医師かもしれませんし看護師も直接患者さんの手当てを行います。

医療技術者は医師や看護師の事ではなく、病院内で様々な検査を行うための医療機器を動かす人の事を言います。ですがそれだけではありません。

医療技術者というのは医療用の機械を操作する技術者の事だけではなく、あらゆる分野で医療に関係する専門のお仕事をしている方も含むものなのです。

医師の指示や歯科衛生士の指示に従って、必要な機器の操縦や技術的なお仕事をする保健衛生に関係している技術的な仕事をしている方の事を医療技術者」というのですね。

では医療技術者の種類がどのくらいあるのかについてをご紹介していきましょう。

医療技術者の種類と資格について


どのくらいの医療技術者があるのか?実は医療技術者の種類というのは意外と多いです。いずれも専門的な知識を持っていて資格を持っていなくてはなりません。

①診療放射線技師


医療機関などでケガの状態や病気の特定などを行う時、または歯科医などで虫歯の状態や歯の状態を知るために、放射線を使った検査(レントゲンなど)を行う技師の事を言います。

他にも病気の治療のために放射線を使った治療なども行います。現代では普通に検査や治療に放射線を使っているので、診療放射線技師は非常にニーズが高い職業です。

資格の取得をする時には、3年以上の大学や短期大学そして専門学校などで放射線の課程を修了している必要があり、診療放射線技技師試験に合格後、厚生労働大臣の免許を請けます。

ちなみに日本での診療放射線技師の勉強ができる大学、短大、専門学校は36か所となっています。

②臨床工学技士


この技術者は患者の命に直接かかわる医療用の機器である、人工呼吸器、人工透析装置、人工心肺装置などを医師の指示に従って患者の命を守るのが主な仕事です。

日本では糖尿病による人工透析の患者数がとても多く、多くの病院で臨床工学技士の需要は高くなっているようです。

患者さんに機械についての説明を行ったり、機器の保守点検なども行うお仕事でもあります。当然ですが資格は国家資格!

資格を取得するには大学、短大、専門学校で学び、臨床工学技士国家試験を受験して合格する必要があります。

命に直接関わる仕事なため、機械の操作に対する知識だけではなく医学に関した勉強もしなくてはなりません。

③臨床検査技師


この仕事は病気の特定をするために血液の検査を行ったり、腫瘍が悪性なのか良性なのかの判断をするための、病理検査や細胞検査などを行います。

他にも生化学的検査といって身体の機能を調べるための検査を行ったり、血液検査などを行ったりします。ほかにも微生物学的検査や血清学的検査、寄生虫学的検査を行うのもお仕事の一つです。

この仕事に就くためには臨床検査技師国家試験に合格する必要があります。受験資格については厚生労働大臣・文部科学大臣指定の臨床検査技師養成所や3年以上の課程を修了します。

他には4年制大学の保健衛生学科を卒業する必要があります。さらに例えば医学士や歯学士、獣医学士や薬学士であった場合は受験する事ができます。

④理学療法士


この資格ももしかしたら人手が足らなくて引っ張りだこかもしれないですね。例えばリハビリテーション科などで患者さんの機能回復のお手伝いをしたりするお仕事です。

作業療法士の免許も取得している必要があるため、資格の取得ができるまでは大変かもしれません。ですがこの資格を持っている事によってさまざまな現場で仕事をする事ができます。

先ほど出たリハビリテーション科などで、運動療法を行ったり電気療法や光線療法を行ったりマッサージを行ったり温熱療法や冷感療法など、様々な方法で運動機能の回復のお手伝いができるおすすめの資格です。

この資格を取得する条件としては文部科学大臣が指定した理学療法士養成施設で3年以上技能や知識を学び、国家試験を受験する必要があります。

⑤歯科学技工士


この仕事は義歯の作成を行ったり、充填物(つめものですね)を作成したり、歯列矯正などを行うための装置を作ったり修繕したりするのが主なお仕事です。

歯の治療を受けた方が治療を受けた歯科医を良いか悪いかを判断する重要なポジションの一つでもありますよね。この資格を取得するためには厚生労働大臣の指定した歯科技工士養成所に入所します。

そして必要な技術や知識を習得した後で、歯科技工士試験を受験して免許の取得をしなくてはなりません。

医療技術者のお給料について



人が少ないし人の命にかかわるお仕事なだけに、さぞかし稼げるお仕事だと思われる方もいらっしゃるでしょう。そこで医療関連技術者の平均的な年収を調べてみました。

すると技術職の種類や個人の差があるため、全体を平均すると年収ではおよそ466万円前後となっているようです。

もしかするとこの差が人不足の大きな原因になるのかもしれませんね。でも全体では低いなぁと感じるかもしれませんが、種類によって違ってくるものです。

例えば放射線技師の平均的な年収は600万円を超えています。これは昨年の統計によるものなので現在も同程度の収入は見込めそうですよね。

臨床検査技師となると平均年収が450万円程度です。これは仕事の内容による違いだと考えられます。理学療法士の平均年収は430万円弱、臨床工学技士の年収は450万円~600万円と開きがあるようです。

歯科学技工士の平均的な年収は400万円前後です。

医療技術者は重要な職業だけど目指す価値が高い仕事です。今勉強されている方はぜひ頑張っていただきたいものですね。

特殊な技術や国家資格を必要とするだけに、大変難しいですけれど人の命を助けたり、技術の進歩を肌で実感する事ができたりする貴重なお仕事です。

人手が不足している業種でもあるので、将来性のあるお仕事でもあります。ただし専門の施設で学ばなくてはならないため、大学に進学するまでにどの道に進めばいいのかを考えておくと良いですね。

関連記事