HOME > コラム > 職種別メリット・デメリット > 工場内での商品検査業務とメリット・デメリットについて

工場内での商品検査業務とメリット・デメリットについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

工場のアルバイトは安定した収入を得る事ができ、ひとりひとりが自分の担当をする仕事をしっかりとこなせば問題は起こりにくいので、精神的にも安定した環境を手に入れる事ができるはずです。

今回は工場のアルバイトの中でも、検査業務についてのわかりやすい説明をしたいと思います。

検査業務のアルバイトはどんなお仕事なの?

kensa02

検査業務というのは聞いた事がありますが、具体的には製造された製品をひとつひとつ不備や不良がないかどうかをチェックするお仕事です。

一般的には商品の不良などを探すのがお仕事ですが、実は検査業務というのは様々な製品工場で、あらゆる事をチェックするのが検査の仕事なのです。

そのため、何かを製造している工場では必ず商品の検査業務があるのです。

検査業務の内容は目視して製品を確認するだけではなく、モニターを通してチェックしたり、数値を見てチェックをしたりもします。

もっと簡単なもので、衣服などの商品の場合には針などの金属がないかどうかをチェックする検針作業などもありますよね。

検査業務のメリットは?

kensa03

検査業務をする事のメリットというと、アルバイトでも派遣でも製品の工場がある場所では必ず必要な業務です。

なので工場のある場所だったら検査業務の仕事は必ずあるという事。つまり需要が高いお仕事であるという事になります。

他にも検査業務なので集中力が高くなる事は事実です。また、未経験の方でもできる仕事でもあるので、これからこの仕事をしてみたいという人にも就職しやすいのもメリットです。

また、検査業務をする場所によっては煩わしい人間関係に悩まされずに済む場所で作業を行う事もあります。向いていれば年齢もあまり関係が無いのもいいですね。

検査業務のデメリットは?

kensa04

最大のデメリットと言えばじっと同じ体勢で作業をしなくてはならないので、肩こりなど特定の場所に痛みなどを起こす可能性があります。

目を酷使する事もあるので視力の低下などもあるかもしれません。それ以外のデメリットはあまり聞きません。

なので身体的な疲労が原因でのトラブルさえ気をつければいいのです。定期的に休憩をとるとかストレッチをするというのもいいでしょう。

検査業務のアルバイトをしたい場合には?

工場内での検査業務は意外とメリットの多いお仕事です。集中して作業をしたいという方にはおすすめのアルバイトです。

良い製品を世に届けるための大切な業務なので、興味がある方は工場の募集欄をチェックして応募してみるといいかもしれません。

関連記事