アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 職種別メリット・デメリット > 旅館で働くならどんなタイプが良いのかを調べてみました!

旅館で働くならどんなタイプが良いのかを調べてみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

誰もが一度は体験したことがある「旅館」でアルバイトをしたいと思った事ありませんか?そこで素朴な疑問が!

旅館のアルバイトをするにあたって、どんなタイプの旅館でアルバイトをしたら一番楽しいのか?もちろん仕事は大変だけど、どうせ大変なら自分に合ったところを探したいですよね。

そこで今回は、旅館のタイプについての特集をいたします。旅館でアルバイトをしたいと思っている方の参考になれば幸いです。

旅館にもいろいろな種類があります!



まずは旅館のタイプについての説明を簡単にまとめてみましょう。実は大きく分けると旅館のタイプは4つです。この4つのタイプの旅館のそれぞれの特徴をご紹介します。

【温泉旅館】

温泉旅館はそのまんま、温泉がメインの旅館になります。例えば温泉が大好きで温泉を楽しみながらゆったりとした時間を過ごしたいという方に喜ばれる旅館ですね。

多くの温泉旅館では数種類の温泉を用意していて、それぞれのお湯には効能があって、湯治したいという方は長い期間をかけて通う方も少なくありません。

そのせいか、温泉旅館には毎年同じ時期にやってくる常連客がいらっしゃいます。昔ながらの古い湯治場などは特に常連さんでにぎわっているので、お客様の顔を覚えやすいかもしれませんね。

【観光旅館】


観光旅館は観光地に建つ大きなホテルである事が多いでしょう。大型のリゾートホテルである事も多く、日本各地に別館を設けているようなケースも多いようです。

日本中だけではなく海外からの観光客が宿泊する事もあるので、シーズンインにはとても忙しくなると考えられます。忙しく働いてリゾートを楽しめるのが特徴かもしれません。

常連になってくれるお客様もいらっしゃるかもしれませんが、一見さんの方がもしかすると多いかもしれません。場所も海、山などあらゆる場所にあるのでアルバイトの募集も多いでしょう。

【割烹旅館】

割烹旅館はお料理を堪能しながら宿泊ができるという施設ですね。京都の割烹旅館なんて人生で一度は利用してみたいと思う方も多いかもしれません。

割烹旅館の特徴としては、四季折々の食材をふんだんに使った日本料理や、和を活かしたフランス料理を出すところなどもあります。

よく海外のVIPや政治家の方々が利用しているというイメージが強いのも、高級というイメージが定着しているからなのかもしれませんね。

【商人宿】


こんな旅館ある?と思われるかもしれませんが、きっと内容を知れば「私も利用したわ」なんて思うかもしれません。

実は商人宿というのは団体客を主に扱っている旅館の事です。例えば修学旅行で子供たちが宿泊する施設だったりします。

社員研修などに使われる事もしばしばですね。つまり企業や学校などで団体で利用する時に使う旅館というわけなのです。

今はそれほど多くはない子供の数ですが、一昔前は一つの学校で数千人なんて事もあったので、一般のホテルや旅館を利用する事は無かったのかもしれませんね。

タイプは違っても仕事の内容はあまり変わらないもの!



これらの旅館のタイプ別に仕事が変わるのかというとそうではありません。やる事はどこの旅館でもだいたい同じなので、仕事の違いで選ぶ必要は特にないでしょう。

ただ忙しい時期というのは確かに違うようです。例えば修学旅行でよく利用される商人宿の場合だと、修学旅行が行われる時期はたいそう忙しいです。利用する人数が多ければ多いほど仕事の量も増えるからです。

ですが一方で修学旅行の時期が過ぎるとだいぶ仕事は楽になります。企業の研修も行われるかもしれませんが、人数はそれほど多いとは言えないかもしれませんね。

やる仕事としては旅館全体を清掃します。庭掃除はもちろん周辺の道路などの清掃を行う旅館もあるでしょう。お客様が利用する客室の清掃はもちろん徹底して行われます。

お風呂場の清掃も行うでしょう。リネン関係の仕事を任された場合には、お客様が利用したシーツやタオルなどの布製品のお洗濯を行ったりもします。クリーニングにお任せしているところもあるかもしれません。

お客様がやってきたらお茶をお出ししたり、近所を案内する事もあるかもしれませんね。さらにお食事を部屋でとる方のお給仕もします。後片付けももちろんするでしょう。

ただ洗い場などはまた別の担当者の方が行います。館内のご案内もするかと思うので建物の中はしっかりと把握しておきましょう。

旅館のアルバイトの時給はいくら?



意外とやる事が多い旅館のバイトの時給は1,000円からのところが多いです。大変な仕事なのにちょっと安いと感じる方もいるでしょう。ですが多くの場合は住み込みです。

部屋を与えられて仕事をするので長期で働いた場合はお金を貯める事ができるでしょう。長く勤めていれば時給だって上がっていきますし、通っている方には交通費も支給されます。

旅館のアルバイトは担当部署がいろいろとあるものです。例えば配膳係なら食事時のお仕事を担当したり、後片付けを担当したりする事もあるでしょう。客室係の場合はお客様をご案内したりする表の仕事を担当します。

時給はどちらもあまり変わらないので、好みの仕事で稼げるようにすると良いかもしれませんね。

旅館のアルバイトをするメリット・デメリット



旅館でアルバイトをするメリットと言えば、家賃光熱費がかからないという点かもしれません。住み込みである事が多いからこそのメリットですね。

温泉に入れるかもしれない!というメリットはあるでしょう。観光旅館の場合だとお休みの日や仕事が終わってから観光地を楽しむ事ができます。

デメリットと言えば忙しい時期はめまぐるしいという点でしょうか、あとは旅館が広すぎると把握しにくいというのもデメリットだと言えるかもしれません。

服装に関してですが制服が和服だった場合、メリットでもありデメリットでもありますよね。

このように旅館でもタイプがあるという事がわかりました。どんなタイプの旅館で働くかは自分次第です。自分に合ったタイプを選んで楽しく長くお仕事ができるよう勤めましょう。

関連記事