アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 職種別メリット・デメリット > 歯科衛生士ってどうやったらなれるの?資格のお話

歯科衛生士ってどうやったらなれるの?資格のお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
将来性が高くて女性が安心して安定した収入を得られる資格。そんな資格があったら良いなと思いませんか?もしも余裕があって本気で目指すなら比較的お給料が高めの『歯科衛生士』という資格があるのでご紹介いたしましょう。

歯科衛生士の仕事は主に3つ



歯科衛生士の仕事は治療に関係している仕事よりも、虫歯や歯周病にならないための予防歯科のための指導や補助がメインのような気がします。衛生士というくらいですからキレイに保つための処置をするのがお仕事になります。

それぞれの仕事をご紹介いたしましょう。ちなみによく歯科衛生士と歯科助手の違いがわからないという方がいらっしゃいますけれど、歯科助手というのは患者さんへの対応をしたりします。

もちろん治療にも関わりますが、医師が治療に使う器具を準備したり器具を洗浄して滅菌処理をしたり片付けをします。どちらかというと事務系の仕事がメインとなるので、歯科衛生士とは似ていても全く違う仕事という事になります。

【歯科予防処置】


歯科予防処置というのはどういうものかというと、まず虫歯を予防するために歯石の除去を行います。もちろんこれらの処置は歯科医師の指導が無ければできませんが、歯石の除去をする事によって大人の虫歯を予防する事ができる大事な作業なのです。

歯石の除去をする時にはドリルを使ったり専門のツールを使ったりする事もあります。特別に口というのは敏感な方がほとんどなので、上手下手の意見が分かれやすい職業です。慣れと練習が必要になるのは間違いありません。

フッ素などを塗ってあげたりする事もあるでしょう。

【歯科診療補助】

歯科診療補助というのは歯科医師が診療を行う時の治療をサポートする仕事です。サポートだからと言っても決して簡単な事ではありません。例えば治療のための器具をタイミングよく出したり、治療に必要なセメントや薬剤を最適な量で医師に渡したりもします。

薬の名前だって種類が豊富ですし最適な温度などもありますから、意外とやってみたら簡単ではないのです。もちろんこれだけが歯科衛生士の仕事ではありません。

【歯科保健指導】

最後に診療保健指導というのがありますが、この診療保健指導というのは歯磨きのやり方を患者さんに教えて差し上げたり、虫歯になりやすい食生活をいかにして改善すればいいのか指導してくれたりもします。

総合的な虫歯になりにくい環境づくりの指導を行うのが歯科保健指導の仕事の内容になります。

歯科衛生士の年収と経験の有無による差



歯科衛生士はどうして今女性に大人気の職業なのか?という部分ですが、実は歯科衛生士の仕事というのは夜勤がありません。夜勤が無いので夕方普通に自宅に戻る事ができ、夜の時間はゆったりと過ごす事ができるのです。

だからでしょうか、結婚している女性もイキイキとお仕事されていますよね。それに指導は慣れているので自分の家族への歯科指導ができます。こうした比較的プライベートを守る事ができることから女性に人気の職業でもあり資格でもあるのですね。

そしてなんといっても年収が高いというのもメリットでしょう。例えば月平均で25万円程度の報酬を得られますので、年収にすると440万円前後は稼ぐ事ができます。ただし技術職でもありますから経験が豊富であればあるほど収入も上がります。

もちろん永遠に上がっていくわけではありません。最高で440万円くらいまではあがるでしょうという感じでとらえておくと良いでしょう。

でもこればかりはどんな専門職でも同じです!コツコツと経験を積んで少しずつ年収アップしていく喜びを味わう事ができるのでおすすめの資格です。

歯科衛生士になるにはどうすれば良いのか?



問題は歯科衛生士を目指したい人はどうすれば良いのかというと、実は歯科衛生士というのは平成13年から『国家資格』になっていますので、厚生労働省指定の歯科衛生士養成機関で専門的な教育を受ける必要があるのです。

しっかりと教育を受けた後で国家資格を受験して初めて歯科衛生士として活躍する事ができるのです。何となく医療に携わる資格なので合格率が低いのでは?と思うかもしれませんが、しっかり勉強していれば96%以上の方が合格しているので頑張りましょう。

合格すれば晴れて歯科衛生士として活躍できますが、人の口の中を見て治療を行う仕事なので、潔癖な方とかはもしかしたら苦手だと感じる事もあるかもしれません。

でも自分が丁寧に治療補助をする事によって衛生的な環境に整えてあげられるのはとても喜ばしい事ですよね。

まとめ



今回は歯科衛生士という職業がどんな資格でどんな仕事をするのかや、年収が安定していて女性に人気が高い資格だという点などについてを、簡単ではありますが説明いたしました。

結婚しても子供が産まれても、一度離職しても再就職や復職の機会も多い資格なので、これから安定した収入を得たいと思っている方は、資格の取得を検討されてみても良いかもしれません。

この記事が将来安定した収入を得られる資格の取得を検討している方の参考になれば幸いです。

関連記事