アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 職種別メリット・デメリット > 在宅ワークしてる人が発症しやすい職業病とは

在宅ワークしてる人が発症しやすい職業病とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
在宅ワークは自宅で好きな仕事ができるのでうらやましいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、確かに自宅で仕事ができるのはとても素晴らしいことのように感じるかもしれませんが、実際にやってみるといろいろと問題が起こるものなのです。

それはどんな仕事でも同じですが、今回は在宅ワークをしている人が発症しやすい職業病についてをご紹介しようと思います。

腕・肩・手首に関する病気や症状



デスクワークをする時には腕を机の上に置いてキーボードやマウスを操作します。これ以外の動きはほとんどしませんよね。たまにトイレに立ったりする事はありますが、基本的にはずっとパソコンの前で椅子に座って作業を行います。

腕は前に固定された状態で延々とキーボード操作やマウス操作を行いますので、肩甲骨周辺や肩の上の部分、そして肩の前の部分の血流が遮られやすくなってしまいます。すると肩こりが起こりやすくなります。

肩こりはデスクワークの最大の敵ですよね。肩こりは他の部分にも悪い影響を及ぼします。例えば肘の筋にも影響が出ることがありますが、症状としては肘の曲げ伸ばしをすることによる激痛を伴ったりするようです。

手首の腱鞘炎もひどくなってしまいます。腱鞘炎によって手首の痛みが激しくなったりするため、痛みが酷くて作業ができないという方もいらっしゃるようです。腱鞘炎は腱鞘という部分が炎症を起こして神経が触れて痛みを感じるようです。

それが酷くなると腱鞘を取る手術をすることもあるようで、放置したり我慢したりするのはやめた方が良さそうです。

頭部に関する病気や症状



肩の血行不良によって頭部への血流が滞ってしまうと、頭痛をなどの症状が出てしまうことがあります。また、めまいを感じたり強烈な眠気に襲われることもあるかもしれません。酸素が不足するとあくびが出たりもしますよね。

それだけではありません。パソコンの画面をずっと見ていることで、視力が低下してしまう方がたくさんいらっしゃるでしょうし、ずっと見続けていることによって眼精疲労を感じる方もいらっしゃるでしょう。

眼精疲労は肩こりや頭痛とも密接な関係があると言われていますが、視力が低下するのはあまり良いことではありませんので、何らかの対策を講じないとならないですね。

他にもドライアイなどの目の症状が出る方もいらっしゃいます。ドライアイになると眼が乾くので非常に辛いので、こちらも速めに治療をする必要があるかもしれませんね。放っておいて良いことはありません。

そしてこれだけではなく他にもデスクワークで在宅ワークをしている方に起こる可能性がある病気をご紹介いたします。

パソコン病・デスクワーク症候群・エコノミー症候群



パソコン病という病気をご存知でしょうか?パソコン病というのはパソコンの操作をするなど、長時間のデスクワークによって引き起こされる病気のことを言います。ただしパソコン病というのは前の章でご紹介した全ての症状全てを含みます。

この病気はデスクワークをすることによっておこる、肩こりや腱鞘炎や肘の傷みや腰への負担による腰痛なども含まれます。さらにパソコンを見つめることによって起こる、視力の低下や目に起こる症状も含んでいます。

他にも怖い病気があります。エコノミー症候群というのをご存知でしょうか。エコノミー症候群というのは椅子に長時間座る事によって、血流が悪くなってしまったために血管の中で血栓ができてしまい、血液が溜まって痛みを感じることがあるようです。

ちなみに、血栓が剥がれて血管を通って肺などの血管に詰まると、強い胸の痛みを感じたりうまく息ができなくなってしまったりするので、血栓ができないように気を付ける必要があるでしょう。

デスクワーク症候群は首や肩や腰や眼に症状が出るのはエコノミー症候群と似ていますが、デスクワーク症候群ではうつ病などの精神的な症状を引き起こすこともあるようです。症状が進むと体調がすぐれないなんてこともあるようです。

予防・改善・治療について



発症して症状が進んでしまうのが最も恐ろしいことですので、できるだけ予防をしたり症状を改善できるよう気を付ける必要があります。具体的にどんなことをすれば予防になるのかをまずはご紹介いたします。

これらの症状が出る原因は運動不足と同じ姿勢で長時間作業を続けることです。そこで定期的に下半身の血流を改善できるような方法をご紹介いたします。一番簡単なのはデスクワークをしながら足を貧乏ゆすりしましょう。

貧乏ゆすりを嫌う人もいるかもしれませんが、意外と血行不良が改善されておすすめなのですよ!ただし貧乏ゆすりってやっていると癖になってしまいますよね。1時間に一回1分間でも良いので貧乏ゆすりをしてみましょう。それだけでも血流を改善する事ができます。

家の中を移動する数少ない機会に恵まれた時にはつま先立ちで歩くのもおすすめです。一定時間仕事をしたら休憩を挟んで肩や首などをぐるぐると回す運動を取り入れると良いでしょう。血流の改善でデスクワークによる病気を予防するのです。

もし症状が酷くて病院に行きたいと思ったら、手や肩や首の場合は整形外科に行くと良いですね。頭痛やめまいや動悸や息切れが起こった場合には、循環器内科や内科などを受診すると良いですね。症状別に最適な診療科目を受診するように紹介してくれるでしょう。

ただし手術を必要とした場合ですが、手術をしたからといってすぐに元通りにはならないことを覚えておきましょう。リハビリを行わなければならないこともあります。そうならないよう早めに病院に行きましょう。

まとめ



今回は在宅ワークをしている方が発症しやすいといわれている、職業病についてを色々調べてみたのでご紹介いたしました。意外とたくさんの病気や症状があることがわかっていただけたのではないでしょうか。

なるべく早く見つけることも大事ですが、まずは予防を行うことが重要です。もしも軽度の症状が出た場合には改善するための運動を適度に入れると良いでしょう。

それでもダメなら早めに病院に行き、必要な治療を受けると良いですね。この記事が在宅ワークで特にデスクワークをしている方の健康をの不安を軽減するためのお役に立つと嬉しいです。

関連記事