アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 職種別メリット・デメリット > 将来性のある仕事とそうじゃない仕事の違いって?

将来性のある仕事とそうじゃない仕事の違いって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

アルバイトって何となく学生がやる事というイメージがありますよね。または専業主婦の方が家計を助けるためにやっているイメージがありませんか?

確かにそれはそうかもしれませんが、最近では就職をせずにフリーターとして生きている方、そうしなければならない方なども多くなっています。

本当なら「将来性のある仕事をするべき」なんて考えも浮かんできますが、ここで新たな疑問が生まれてきますよね。

それは将来性がある仕事とそうではない仕事の違いです。今回は、将来性がある仕事とそうではない仕事の違いと、将来性のある仕事5つをご紹介いたします。

将来性がある仕事だと考えられる6つの定義



まずは将来性のある仕事の定義から!将来性がある仕事ってどんな仕事なのかについてを簡単にお話していきましょう。

将来性が高い仕事というと〇〇会社の社員とか〇〇業といった感じのイメージがありますが、実は将来性がある仕事というのは固定された仕事とはあまり関係がありません。

例えばいくら給料が良くて福利厚生面が充実していても、きつくてすぐに辞めてしまっては意味がありません。つまりいくら高額報酬であっても続かない仕事は将来性がある仕事ではないのです。

では将来性がある仕事の定義とは何かというと、以下をご覧いただければわかります!

【将来性がある仕事の定義】
  • ・長年続ける事ができる仕事
  • ・財務状況が良い状態が続く可能性がある会社勤務
  • ・高齢者になっても働く事ができる仕事
  • ・得意分野を活かす事ができる仕事
  • ・社会の変化に左右されない仕事
  • ・人間にしかできない分野の仕事

いかがでしょうか?上記した仕事はなぜ将来性が高いのかというと、要するにロボットにはできず時代の変化に動じる事なく、高齢者になっても続けることができる仕事。

そこに企業としての財務状況が安定していて、その仕事が得意分野であるという仕事という事になるわけです。

すごく難しい!そう考える方もきっと多いかもしれません。でもすべてがそろった仕事ではなくても、複数当てはまるお仕事だったら将来性が高いお仕事ですよね。

では次に、将来性が高い仕事とそうではない仕事の違いについて考えてみましょう。

将来性がある仕事とそうではない仕事の違い



将来性がある仕事とそうではない仕事の違い、一つ目はさきほどご紹介したように「長続きしない仕事」です。せっかく良い企業に勤めたとしても、次のような事があったら続かないですよね。

他にも残業しないと仕事が終わらないような会社は将来性があるとは言えません。時間の価値がわかっておらず企業としての成長も見込めないかもしれません。

できる会社はいかにして短い労働時間で成果を上げるか、効率の良さを考えているものですよね。もう一つは会社の設備投資にお金をかけていない会社も将来性は見込めなさそうです。

設備投資をする事で効率よく仕事ができるようになったり、社員の安全性が高くなったりするので事故の危険性も低くなります。これと同様に備品にお金をかけない会社も社員のやる気が落ちてしまいますよね。

やはり社員が安全に働ける環境や、社員が快適に作業ができる環境を整えている企業は、将来性も高く生産性が良く業績も安定し、社員のやる気も出て将来が安泰につながるのです。

もしも将来性が無い条件が多い会社で働いているのであれば、より良い環境の企業に転職する事を検討しても良いでしょう。

将来性がある仕事を5つピックアップしてみました



【介護関係の仕事】
これはもう当然ですよね。日本はこれから高齢化社会ではなくて超高齢化社会になります。隣を見ればお年寄り!という時代に突入しているのです。

同じ年齢の人なんてあまり見なくなるかもしれません。そんな時代だからこそ高齢者を対象としてサービスを行う仕事が増えていきます。

仕事の内容も色々です。介護のお仕事もあれば介助のお仕事もありますし、介護タクシーの運転手なんていうのもありますよね。事務系のスキルがあれば資格を取得して介護事務などを選んでも良いでしょう。

現在ではまだまだ賃金の問題があるとは言っても、誰もが必ず通る道でもありますので、待遇が改善されていけばもっと将来性が高い仕事になりますよね。

【IT関連の仕事】
IT関連の仕事は未来にも必要不可欠な仕事です。様々な業務システムの開発に携わる事によって、より生活しやすい環境を作る事が可能になりますし!

プログラミングができるという強みが付加価値をつけてくれます。もちろんプログラミング言語は世界中に2000種もあり、どれを勉強すれば良いのか迷うかもしれません。

ですが一般的に使われているプログラミング言語を学べば良いですし、プログラミング言語は全く違うものではなく、基礎さえ知っていれば違うプログラミング言語を学ぶ時もやりやすいようです。

また、ITとは違いますがAI関連の仕事も同じように将来性が高いですね。様々な分野でAIが使われるようになる事になるので、携わっていれば仕事を失う事もないでしょう。

【士のつく仕事】
いわゆる弁護士とか行政書士とか介護士といった「~士」のようなお仕事ですね。ほかにも公認会計士とか司法書士そして税理士などもあります。

介護士の仕事はちょっと違うのでは?と思われるかもしれませんが、経験を積んで資格を取得していけばケアマネージャーとして活躍する場が広がります。

介護を直接しなくても介護を必要としている方と、介護をしている業者などをつなぐ橋渡しの仕事ができるので、肉体的に辛い作業がありません!若いうちから介護の仕事に携わると、40代くらいでケアマネージャーに昇格なんて事もあります。

もちろん資格は取得する必要があります!

弁護士とか会計士とか司法書士などは特殊な仕事です。資格を取得するのはとても難しい難関ですが、それを突破する事ができれば、あとは腕次第でいくらでも安定した収入を得る事ができるでしょう。

今回の記事のまとめ



今回は将来性がある仕事とそうではない仕事の違いと、将来性が高い仕事とは何かやどんな仕事が良いのかについてもご紹介いたしました。

今学生でアルバイトをしているという方の中で、将来性がある仕事を探したいと思っている方の参考になれば幸いです。

関連記事