アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 職種別メリット・デメリット > 魚市場のアルバイトの仕事内容とお給料はいくら?

魚市場のアルバイトの仕事内容とお給料はいくら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

お魚は栄養もあるしヘルシーな食材でもありますし、趣味で釣りをする人にとって魚はとても魅力的な存在でもありますよね。ところで私たちが身近にすぐ手に入れる事ができる魚ですが、獲れた魚は魚市場に集められて全国で消費されます。

今回は魚市場のアルバイトについてを調べてみようと思いました。魚市場ってどんなところ?魚市場の仕事ってどんな仕事?魚市場で働く事のメリットやデメリットについても調べてみたのでご紹介いたします。

魚市場は魚がたくさん集まってくる場所



魚市場というと築地を思い浮かべる方も少なくないかもしれませんが、まさに魚市場というのは各地で水揚げされた様々な魚が集まってくる場所で、魚市場には各地の鮮魚販売店やシェフなどが集まってきます。

それぞれ欲しい魚を手に入れて各地で魚を販売するわけです。魚市場はそのための中心的な存在なわけですね。ちなみに魚市場は大きな中央卸売市場と小さな地元の卸市場がありますが、今回は大きな中央卸市場についてご紹介していきます。

まず北海道から順に中央卸市場をご紹介していきます。ちなみに各卸市場ではホームページも開設しているので、検索してどんなところなのかをチェックしてみてもいいかもしれません。

北海道→札幌市中央卸売市場 青森市中央卸売市場 八戸市中央卸売市場 盛岡市中央卸売市場 仙台市中央卸売市場 秋田市中央卸売市場 いわき市中央卸売市場 宇都宮市中央卸売市場 東京都中央卸売市場 横浜市中央卸売市場 川崎市中央卸売市場 静岡市中央卸売市場 浜松市中央卸売市場 新潟市中央卸売市場 金沢市中央卸売市場 福井市中央卸売市場 岐阜市中央卸売市場 名古屋市中央卸売市場 京都市中央卸売市場第一市場、第二市場 大阪府中央卸売市場 大阪市中央卸売市場 神戸市中央卸売市場 姫路市中央卸売市場 岡山市中央卸売市場 広島市中央卸売市場 宇部市中央卸売市場 徳島市中央卸売市場 高松市中央卸売市場 松山市中央卸売市場 高知市中央卸売市場 北九州市中央卸売市場 久留米市中央卸売市場 長崎市中央卸売市場 宮崎市中央卸売市場 鹿児島市中央卸売市場 そして沖縄県中央卸売市場です。

では次に魚市場で働く人の仕事についてご紹介していきましょう。

魚市場で働く人の仕事は多い!



魚市場は魚を売るだけなので仕事が楽だなんて思っていませんか?確かに何も加工するわけではありませんし、ただ魚を売るだけなのでとても楽に感じるのかもしれませんが、実際にはやる事がたくさんあったりするので、その仕事の内容を知ったらびっくりするかもしれません。

まずは魚の選別作業を行う事があります。船の漁は狙って行いますが、必ずしも狙った魚だけを獲る事はできませんから、いろいろな種類の魚を一網打尽にしてしまう事になります。これを同じ種類ごとに仕分けしていく作業をおこなわなくてはなりません。

さらに魚を入れておく発泡スチロールの箱を用意して、その中に選別した魚を入れていくという作業もしなくてはなりません。セリが始まったらアルバイトはやる事はありませんが、お客さんが買い取った魚をトラックなどに運ぶ作業を行う事もあるでしょう。

他には魚の鮮度が下がってしまうのを避けるために、氷を何度も取りに行って魚の上からかけなくてはならなかったりもします。夏場はまだ涼しいかもしれませんが冬場は相当寒くて大変かもしれませんね。

セリが終わったら後片付けをしなくてはなりません。キレイに磨いて洗い流したり清掃業務も行います。意外と過酷な仕事であるのは事実でしょう。

魚市場で働くメリット



まず役に立つかどうかわかりませんが、魚の種類や名前などを覚える事ができます。知識が増えるという意味ではメリットになるでしょう。早寝早起きする事になるので健康的な生活ができるのもメリットですね。

魚を安く手に入れることができるのもメリットかもしれません。今のご時世魚は非常に高価な食べ物になりつつあるので、栄養満点の魚を他よりも安く手に入れる事ができるのは大きなメリットだと言えそうです。

魚をさばけるようになるのもメリットかもしれませんね。魚をさばけるようになれば仕事の幅も広がります。他には必要に駆られてフォークリフトの免許の取得ができるかもしれません。

もしもトラック関係の仕事に就きたいと考えるのならば、配送している方と仲良くなるという手もあるかもしれません。

魚市場で働くデメリット



一方でメリットがデメリットになる事も考えられます。早起きしなくてはならないので寝坊してしまう危険性もあります。怒られてしまったら行きにくくなる方も中にはいるかもしれません。

また夏場はまだ良いですが冬場は相当寒い思いをしなくてはならないので、しもやけになってしまったりする事もあるでしょう。魚を扱う仕事なので生臭さは決定的なデメリットかもしれませんね。

毎日しっかりとお風呂に入っているつもりでも、魚に普段触れない人にとっては「臭う!」と感じるかもしれません。寒いところで立ち仕事をするので足腰を傷めてしまう可能性も捨てきれません。

デメリットが目立つようですが、やりがいのあるお仕事なので自分の体調などと相談してお仕事をされると良いですね。

まとめ



今回は魚市場でアルバイトを考えている方に、魚市場ってどんなところ?魚市場の仕事ってどんな感じ?そして魚市場で仕事をする事のメリットとデメリットについてをご紹介いたしました。

どんな仕事でもメリットとデメリットはあるものです。今回のこの記事が食に興味がある方や魚が大好きという方、市場で働いてみたいという方のお役に立てれば幸いです。

関連記事