アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 履歴書・面接対策 > すごくかっこよくひげを伸ばしてるんだけど絶対面接の時はダメ?

すごくかっこよくひげを伸ばしてるんだけど絶対面接の時はダメ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

最近は髭を伸ばしている方がたくさんいらっしゃいますよね。とってもスタイリッシュに仕上げてあって、見た目はカッコいいという印象を持つ方も多いのではないでしょうか。

基本的に日本人は髭の濃い人種ではありませんので、海外の方のようにふっさふさにしている方はとても少ないです。それに海外とは違って髭が薄い人種のせいなのか、髭をあまり良いと思っていない企業も多いものです。

今回は、面接の時に髭ってどうしてもだめなのかどうかについてを、わかりやすく説明していきましょう。

日本人は髭の文化があまり定着していない?



そもそも日本人って髭があまり濃い人種ではありませんよね。ものすごく濃い人は確かにいるかもしれませんが、全体的に髭が薄い人種なのです。

そのため街の中を歩いていても、ごわっと髭を生やしている人っていませんよね。逆にツルっとした人の方が圧倒的に多く、髭がある人でも一部分だけしかない事が多いです。

逆に海外では髭を生やしているのは大人の男の象徴と考える傾向があるので、面接の時に髭があるのが当たり前です。しかも髭はその人の能力には関係ないと考えるのが普通です。

なので海外からしたら髭が無い日本人の男性を見て、逆に「なぜ大人の男なのに髭剃るの?」なんて考えている人も多いかもしれませんね。

ですが日本ではやっぱり男性であっても髭が無い方が良いようです。

カッコいい髭のデザインだけど面接ではダメなの?



髭がもともとそんなに濃くない日本人の男性は、スタイリッシュなカッコいい髭にするのに長い時間がかかりますよね。せっかくそこまでして育てた?のに、面接で剃るなんて困る!と考える方もいるでしょう。

でも面接の時には、いくらカッコいいデザインの髭であっても沿った方が良いです。どうしてかというと髭がある人は不潔だと感じるからなのです。毎日顔を洗っていても不潔に感じてしまうわけですね。

これも日本人独特のものの考え方なのかもしれません。いくら東大卒であっても面接の時に髭があると、落とされてしまう事があるものなので、面接をする時には残念ですが髭をきれいさっぱりと剃る事をおすすめします。

もし逆に「自分は髭剃っているけど濃くて印象が悪い」という方いらっしゃいますよね。そんな時には写真撮影を行う直前に丁寧に剃って、ファンデーションなどで若干隠すと良いでしょう。

面接を受ける時にも髭が濃い人は注意しなくてはなりません。その理由をご紹介いたしますね。

面接の時に髭を剃るのはどうしてなのか?



髭が濃い人って朝剃っても夕方には生えてきてしまいますよね。濃ければ濃いだけ青々としてしまいます。朝一番で面接を受けた時にはキレイに剃っていても、午後になるとちょっとずつ成長してしまうからです。

これは生きている以上仕方がない事です。もしも午後一の面接の時に無精ひげのようなものがあったら、印象派がたがたかもしれませんよね?面接をした人は「髭くらい剃れよ」なんて思うかもしれません。

やっぱり不潔そうに見られたり、髭剃りも携帯していないなんてだらしないなんて思われてしまうので、髭剃りを持参して面接を受ける方が良いのです。

本当ならシェービングクリームをつけてカミソリなどで丁寧にした方が良いですが、そんな時間はありませんし心にも余裕が無いかもしれませんので、電気カミソリを持っておくと良いですね。

でも中にはどうしても髭を剃りたくないという方もいらっしゃるかもしれません。髭を含めて自分なんだという自負がある方は特にそうかもしれませんよね。

そんな時には髭があっても問題ないよ?という業種を選べば良いのです。具体的にどんな業種があるのかをご紹介いたしましょう。

どうしても髭を剃りたくない!そんな時はアパレル系



せっかくスタイリッシュにした髭なのだから、その美しさを理解してくれる業種に就職すると良いでしょう。例えば美容系とかアパレル系だったりすると、髭があっても問題にならない事があります。

特にアパレル系は髭があった方が似合うと考える事もあります。なので面接をした時に髭があっても問題なしととらえる事もあります。理美容でも髭があっても不潔そうだとは考えないところもありますよね。

ですが年齢にもよりますが理美容に進むには専門学校を卒業している必要がありますので、資格を取得していない方には向いているとは言い難いですよね。

アパレル系の仕事も向き不向きがあります。もしどうしてもアパレル系で働きたいと思っているのであれば、髭の事など心配せずに面接を受けてみると良いでしょう。

ですがそうではない場合は、やはり髭をあきらめて面接を受ける事を強くおすすめします。

髭は採用後でも生やす事ができますよ!



多くの会社では髭を生やしているという方は結構いらっしゃいますよね。ですがその方々も面接の時にはキレイに剃っていたはずです。

そう!就職してしまえば髭を生やしていようが仕事をしっかりとしていれば文句は言われないのです。もちろんあまりにも無精ひげすぎたりデザインが突飛だったりしたら「剃れ!」と言われるかもしれません。

ですがそうでも無ければ問題になる事は無いでしょう。以上の事からやっぱり面接の時には髭は剃るべき!だという結論に至るのです!面接を受ける時だけ我慢して剃って清潔感をアピールしましょう。

関連記事