アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 履歴書・面接対策 > 就職活動をするのに持病があったらやっぱり影響する?

就職活動をするのに持病があったらやっぱり影響する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
お仕事をしたい!けれど病気を抱えているので就職ができるかどうかが不安という方いらっしゃいますよね。そこで今回は持病があると就職活動に影響するのか?そして影響するとしたらどんな影響が考えられるのかをまとめてみました。

何らかの持病を抱えている人は意外と多い



昔は持病といってもそんなにあるものではありませんでした。その理由は医学が今ほど進歩していなかったというのもあるかもしれません。でも意外とこれは重大な事実だと思いませんか?

例えば30年くらい前までは病気と認定されていなかった病気も、今の医学の進歩によって病気として認定されたため、就職やもしかしたら結婚などに不利になってしまう事も考えられるからなのです。

仕事に差しさわりがあるような持病はそれほど多くは無いかもしれませんが、あまり無理ができない状態になってしまうと、会社を休んでしまったりして会社に迷惑がかかったり自分が居づらくなってしまう事もありますよね。

一年中症状が出ている方もいれば季節によって症状がひどくなるという方もいるので、それがどのくらい就職活動に影響を及ぼすのかもまちまちです。問題はこれが就職活動に与える影響がどのくらいなのかですよね。

持病がある人の採用率ってどのくらい?



たくさんある企業の中には障害を抱えている方を採用していたりする企業がたくさんあります。でも障害を抱えている方の場合と持病を持っている方の場合では、少々扱いが違ってくるのを知っている必要があります。

障害者採用枠を設けていると採用した人のかずだけ会社に助成が入ります。ところが持病のある人が障害者として認定されていない限り、会社にとっては健康な方と分け隔てなくお仕事をしてもらわないと困るわけですね。

では持病を抱えている方を企業が採用する採用率はどうなっているのか?こことても気になるところですが、実は持病を抱えている事を正直に話さずに就職している方が意外と多いので、採用率については調べようがありませんでした。

もちろん持病があると知らずに大人になって就職し、その後症状が出るようになり検査で病気がわかったという方も非常に多いです。なので最初から持病があると言って就職活動をしていない人がいかに多いのかがわかりますね。

もし自分に持病があるとわかっていない状態で就職した場合は別として、持病が最初からわかっている状態でそれを隠して就職活動をしていたらどうなるのでしょうか?

面接の時に持病の事を隠しても良い?



自分に持病がある事がわかっているのに持病を隠して面接を受けたらどうなるのか?これについては賛否両論でしょう。持病と言っても普段は何も症状が出ない場合や症状が出てもそれとわからない場合には、特に面接の時に話さなくても問題は無いかもしれません。

ですがいったん症状が出てしまうと入院しなくてはならなかったり、呼吸器などの医療機器を使う必要があるといった場合にはどうでしょうか?もしも会社で仕事をしている最中などに発作が出てしまったら、会社の方にも迷惑がかかってしまいます。

それにもしも発作が起きた時に意識障害が出るなどの病気だった場合、それを隠して仕事をしていて発作が起こったら、何も知らない周囲の人はただただ驚いて大騒ぎになってしまうでしょう。そうなったらあとが大変ですよね。

こういう場合は面接の時に「発作が起こる可能性がある」という事を告知しておいた方が良いでしょう。ですがこうした重大な症状が出ない軽い持病であるならば、あえて面接のと時にその話をしなくてもそれほど問題にはならないでしょう。

では持病がある方が企業に就職した後で病気が発覚してしまった場合、どうなってしまうのかについてをお話いたします。

隠していた持病が就職後に発覚したらどうなる?



持病が軽度でそれほど仕事に支障が出ないという場合、面接をする時に持病を隠して就職してもそれほど大きな問題にはならないかもしれませんが、もしも就職した後になって大きな発作が起こってしまった場合、どうなってしまうのかが気になりますよね。

中には「もしかしたらクビになってしまうのでは?」という不安を抱えている方もいるかもしれませんね。しかしながらもしも就職後に持病が悪化してしまったりしても、黙っていたな!という事にはなりません。

会社側としては早く治療をしてまた元気に仕事をして欲しいと思うところが多いですが、問題なのは一緒に現場で働いている人達です。その方たちにご迷惑をおかけする事になる事にもなってしまいます。

なので体調が悪くなったら放置する事なく病院などへ行って、その診断結果を会社にも上手に伝えると良いでしょう。

持病があるから臆病になる気持ちはわかりますが、それほど深刻な症状があって一日行っては次の日休むなんて事が無い限り、堂々と就職活動をして自分が活躍できる場を見つけましょう。

まとめ



今回は持病を抱えている方が就職活動をする時に、その持病の事を事前に話しておいた方が良いのか?それとも黙ったままで就職活動をした方が良いのかについてお話ししました。その結果よほど症状が頻繁に出ないなら言わなくても問題はなさそうだという事もわかりました。

ですが感染する病気の場合には後になって発覚したら問題になってしまうかもしれないので、その場合には最初から話しておいたり自宅でできる仕事を探す方が良いかもしれませんね。今回のこの記事が持病で悩む方のお役に立てれば幸いです。

関連記事