アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 履歴書・面接対策 > 見た目で勝負!面接で第一印象をアップする髪型 女性編

見た目で勝負!面接で第一印象をアップする髪型 女性編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
面接の時にはなるべく印象を良くしたいと思うものです。そして前回の記事で面接官の95%以上が髪型で印象が決まるという話をしたように、髪型や髪の色は採用率に大きく影響を及ぼすこともわかりました。

そこで今回は女性の場合の面接の時に印象を良くする髪型や髪の色についてご紹介したいと思います。もちろん女性の場合は髪の毛の長さなども考慮して、それぞれの髪の長さごとに好印象の髪型をご紹介いたします。

面接官に好印象の髪型や髪色について



男性とは違って女性の場合は髪の毛の長さが人によって違います。ただ男性とは違って髪の毛が長くても『不潔に見える』とは一概に言えません。しかしながらやはり髪の長さは長いよりも短い方が印象が良いのは一緒でした。

なぜならば髪の毛が短い方がやはり清潔感があるというのと、髪の毛がバサバサしていないというスッキリ感があるからのようです。ロングよりもセミロング、セミロングよりもボブ、ボブよりもショートという感じでしょう。

もちろん髪が長くても面接の時に好印象を持たれるようなヘアスタイルにすれば問題はないでしょう。特に気を付けたいのは前髪のセットで、しっかりセットしている方がより印象はアップする傾向にあります。

髪の毛の色についてですが、男性と同じように黒またはこげ茶色が好感を持たれます。金髪は言語道断ですが茶髪もあまり良い印象を与えません。社会人として働く意思があるのならば黒髪またはこげ茶色にしておきましょう。

髪の長さに関係なくセットしたいのが前髪や耳の付近の髪の毛です。頭を動かすたびに髪の毛が落ちてきて、それを手でなおすといった動作は面接の時には印象を悪くします。しっかりとセットして落ちてこないようにまとめます。

前髪や耳の付近の髪の毛のセットについて



前髪の長さは眉が隠れるくらいが良いとされていますが、あまりにも短すぎるのは逆効果です。むしろおしゃれに気を使っている印象を与えてしまいますので、眉にかかるかかからないくらいの長さにしておくと良いですね。

前髪はおろした状態のままでも良いですが、ピンでとめることをおすすめします。ピンでとめる時には真ん中分け、横分け、そしてオールバックの中から自分が「これなら良いかな」と思える分け方をします。

問題なのは耳の近くの髪の毛ですが、プライベートなら落ちてきたら耳にかけなおすといった動作をしても問題はないかもしれませんが、面接を受ける時には避けた方が良い動作なので、やはりピンでとめておきましょう。

あまり気が進まないかもしれませんが、面接の時は崩れてしまわないようにワックスやジェルなどで固めておいても良いくらいです。面接の時だけなので我慢しましょう。

では次に髪の毛の長さが長いタイプはどうすべきなのかをご紹介します。

髪の毛が長いタイプの場合はどうすれば良いのか



髪の毛をゴムなどで結えるのならば結いましょう。この時一つにまとめることが重要です。例えば二つ結い(おさげ)みたいな感じにはしません。社会人としてふさわしいヘアスタイルである必要があるので一つで結います。

使用するゴムの色にも注意します。面接の時に髪の毛を結う場合には黒いゴム、紺色のゴムなど目立たない色のゴムを使います。ピンで落ちる髪の毛を固定する場合も派手なピンは避けましょう。

髪の毛を結う位置ですが、ポニーテールなどは面接には向きません。普通に結うのが一番なのですが、基準となる高さは目線の高さです。目線の高さよりも下にくるように結び目をもっていきましょう。それ以上はいけません。

最後に髪の毛が崩れないようにヘアスプレーなどを使うと良いですね。普段からどんな髪型にすれば良いのかを研究しておくのも良いかもしれません。ちなみにオールバックには抵抗を感じる方もいるかもしれません。

でも女性がオールバックをするととても清潔感があるという方も多いので、思い切ってオールバックにしてみるのも良いかもしれません。フレッシュな感じが良いのかもしれませんね。

毛先が傷んでいる場合の対処の方法



普段からヘアケアをしているにも関わらず、髪の毛が傷んでしまっているなんてことありますよね。そういう場合は見た目不潔そうに感じられてしまうかもしれませんので、髪の毛のお手入れをしなくてはなりません。

枝毛やキレ毛などがあると髪の毛の先端が変色したように見えますよね。とても不潔そうに感じてしまいますが、この場合は先端の色が変わっている部分をカットすれば良いのです。長さが十分じゃなくてもカットした方が良いケースもあるでしょう。

もし長い髪の毛をどうしてもカットしたくないという場合は、履歴書などに「ヘアドネーションのため髪の毛を伸ばしている」といったことを書いておくと良いかもしれません。

社会貢献をしている人だと理解してもらえれば面接のために長く伸ばしている髪の毛を、中途半端でカットしなくてはならないのを避けることができます。ただし前髪を分けたりスプレーなどでセットが崩れるのを防ぐといった工夫は必要です。

まとめ



今回は面接の時に好印象を持ってもらえる女性の髪形についてご紹介いたしました。意外と男性との共通点が多いことに気づいていただけたのではないでしょうか。

髪の毛の色は黒かこげ茶色で話す時に相手に自分の表情が見えるようなヘアスタイルである事や、髪の毛がしっかりとまとめられているかなどにも気を使えば、採用率もこれまで以上に上がっていくかもしれません。

どうしても就職したいと考えている方は、ぜひこれらの注意点を踏まえて面接に臨まれてみてはいかがでしょうか。

関連記事