アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 履歴書・面接対策 > 転職するのに身元保証人が必要?これってどういうものなの?

転職するのに身元保証人が必要?これってどういうものなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

以前就職する時の身元保証人についての記事を掲載いたしましたが、今回は転職する時に身元保証人が必要なケースについてのお話をまとめてみました。気になる項目5つを調べてみたので興味がある方は読み進めください。

また、前回の記事を合わせてご覧いただくと「身元保証人」とは何かがわかりますので、あわせてご覧いただけると幸いです。

転職する時の身元保証人は配偶者でもかまわない?



転職するにも就職するにしても、転職先に身元保証人を立てるようにと言われる事って多々あるものですよね。必要ないという会社だったらいいけれどどうしても必要だと言われた時、誰にしたらいいのかがわからないものです。

もしも結婚している方ならほとんどの場合が「配偶者」で構わないようです。というかむしろほとんどの方が配偶者に保証人になってもらうので、特別に誰かに保証人になってもらう必要は無いかもしれません。

配偶者がいない場合には配偶者ではなく、親や兄弟姉妹などに保証人になってもらうと良いですが、友人や知人になってもらおうと思うとイエスがもらえない事もあるので、できれば家族に保証人になってもらうと良いですね。

保証人には誰がなった方が良いのかを転職先の方に聞いてみるのもいいでしょう。万が一配偶者や家族が保証人になるのはいけないという場合があるからです。ちなみに保証人は仕事をしている方が望ましいようです。

身元保証人がいない時はどうすればいいの?



転職するにも就職をするにも身元保証人がもとめられる事があります。もしも身元保証人を求められても保証人になってくれる人がいない場合はどうなってしまうのでしょうか?

企業側からすれば身元保証人というのは、その人がちゃんとに仕事をしてくれるかどうかを保証してくれる人がいないというのは問題です。その人物が信頼できるかどうかの決め手になる事なので、身元保証人がいませんでは済まないかもしれません。

例えば事情があって身内が一人もいないという状態だった場合は身内が一人もいないので、という説明ができるかもしれませんけれど、他に保証できる人がいないというのは信用されていないからでは?と思われてしまうかもしれません。

そのため身元保証人がいない場合は就職や転職が不利になってしまう事が考えられます。そんな場合には身元保証人がいない事を証明する事ができれば納得してくれるかもしれません。ただ証明するのは簡単ではないでしょう。

ちなみに身元保証人がどうしてもいない場合、残念ながら就職が難しくなってしまう職業があります。それは金融に関係する仕事です。もし身元保証人がいない状態で転職先が金融業だった場合には、転職が難しい可能性が高いという事になりそうです。

身元保証人のサインを代筆したらダメ?罰金は?



だったら身元保証人のサインを偽造してしまったり代筆してしまったりしたらどうなるのか?これについては言うまでもありませんが、委任状などがあれば代筆しても構わないかもしれません。

でも郵送でも良いのでできるだけご本人にサインをしてもらった方が良いでしょう。例えば委任状を送ってもらうのなら代筆しなくても良いだろうという事になりますよね。二度手間なので確実にご本人にサインをしてもらいましょう。

ちなみに代筆がバレてしまったら私文書偽造の罪に問われる事になりかねません。会社から身元保証人に電話がいって、その時に初めて聞いたなんて事があったら大問題になってしまうでしょう。それこそ信用を失いかねませんよね。

また、身元保証人の代行サービスなどがありますけれど、こうした代行サービスを利用する事も避けた方がよさそうです。なぜならばこちらも後になってバレないとも限らないからです。

なので身元保証人のサインを代筆してしまったり、代行サービスを使ったりする事は避けましょう。ちゃんとに説明して身元保証人としてサインしてもらうと良いですね。

罰金や罰則についてですが、もしも私文書偽造などの罪に問われた場合、3か月以上5年以下の懲役か10万円以下の罰金に処せられます。

転職先に身元保証人を教えるリスクにいて



転職先に身元保証人の情報を伝える事になりますので、教えた事によるリスクの方が怖い!心配!と考える方も少なくはありません。なぜならば実際にこんな例があるからなのです。

転職したもののブラック企業でした。会社を辞めたいと思って会社に自分の個人的な情報や、身元保証人についての情報と印鑑登録証などを返して欲しいと言っても、結局返してくれなかったという例があるのです。

一般的には返してくれるものなので問題は無いかもしれませんが、中には返してくれない会社もあるようなので、転職する段階で「万が一会社を退職する時には保証人の情報や自分の情報は全て返してくれる事」などを話すと良いでしょう。

それでも返してくれず心配な場合は、警察や弁護士などに相談して返してもらえるよう交渉する必要があるかもしれません。実はとても面倒な作業となるのでブラック企業だけには気を付けるように、転職活動をする時に気を付けましょう。

【まとめ】転職の時の身元保証人は信用の証!



今回は転職や就職する際に必要な身元保証人についてのお話をいたしました。身元保証人がいない場合はどうすれば良いのか?身元保証人や自分の個人情報へのリスクについてをご紹介いたしました。

身元保証人がいるという事は自分が社会的に信用できるという証です。くれぐれも罪に問われるような事をせず、辞める際のリスクについても考慮しつつ転職活動をしていきましょう。

関連記事