アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 履歴書・面接対策 > 転職の連絡が遅いのはどうして?その理由を調べてみました!

転職の連絡が遅いのはどうして?その理由を調べてみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

転職活動をしていると、面接を受けた企業からの内定の連絡を心待ちにしていますよね。でもなかなか連絡が来なくて「やっぱり落ちちゃったのかな?」なんて不安になる事って結構みなさん経験されているかもしれませんよね。

今回は転職活動をしていて面接を受けてから内定の連絡が来るのが遅いと感じている方に、どうして連絡が遅いのかについてをわかりやすく説明いたします。

選考結果がわかるまでにかかる期間は1週間~最大10日



まず結論から言うと、転職を希望する企業へ面接に行ってから内定が決まるまでの期間ですが、1週間~最大で10日ほどかかると言われています。面接してパッと決められるものではないのですね。

面接を受けた側からしたら「すぐにでも仕事をしたい」と焦っているわけですから、すぐに連絡してくれないと不安になってしまいますよね。でも実際には結構な期間がかかってしまう事になります。

できたら面接を受けた側からすれば3日くらいで連絡が来てくれたらありがたいですよね。その方がダメなら次の行動がとれますし、採用がわかれば準備も早くできます。でもそうはならないから疑問が浮かぶわけです。

面接してから採用までの連絡がなぜこれほど遅いのか?その理由を一つずつご紹介していきましょう。

理由1.通常の業務もあるので選考に時間がかかっている



例えば大きな企業であれば面接をする担当の方や選考する担当の方がいるかもしれませんが、中小企業の中には通常業務を行いながら空いた時間に選考を行ったりするところもあるようです。

その場合はどうしても時間がかかってしまうというケースもあるのです。例えば仕事が終わってから選考をするのでどうしても決まるまでに時間がかかってしまうという事も多いようですね。

企業側もできるだけ早く人が欲しいから募集をしたのだから、本当ならすぐにでも選考を終わらせて採用の連絡をしないと、他の企業へ取られてしまわないとも限らないのですが、この場合は仕方がない部分もあるでしょう。

とは言ってもこちらの方から連絡をしたとしても、せっかく良い印象があってもマイナスイメージになるかもしれないので、少しだけ待ってみると良いかもしれません。採用の連絡が遅いからと言っても採用されていないとは限らないからです。

理由2.応募している人が多くて選考に時間がかかっている



良い企業や条件が良い企業の場合は応募してくる方の人数もとても多いですよね。そうなるとどうしても選考するのに時間がかかってしまうのです。この場合も担当の方が必死に作業をしてもいかんともしがたい問題です。

確かに良い条件・良い企業は応募人数が多くて、何日もかけて面接を行う事になるため、やはりすぐ採用が決まったり連絡が来るという事は無いかもしれません。

また、何となく面接の時にいい感触だったと感じていても、採用にはつながらない事もあるので念のため転職活動を続けておくと良いかもしれませんね。時間がかかるならその間にできるだけ多く面接を受けられるよう工夫するといいでしょう。

理由3.担当者が選考作業に不慣れなケースがある




あまりあって欲しくはありませんが選考する担当者が選考に不慣れであるケースもあります。そんなに求人を募集する事がない企業だったりすると、担当者が面接や選考に慣れていない事もあるのです。

起業としてはそれだけ離職率が低いという事なので、ぜひこうした企業に採用されたいと思うものですが、1週間を過ぎると不安になってしまいますよね。この場合も諦める事はせずに転職活動を続けることをおすすめします。

また、内定していても企業側で手順通りに進めなくてはならず、その結果連絡が遅くなってしまっているというケースもあります。この場合も内定しているかどうかは本人にはわかりかねます。

なのでこの場合も活動をつづけながら連絡を待つと良いでしょう。

あまりにも連絡が遅い場合の対処法



我慢して転職活動を続けていくのはもちろんなのですが、連絡しますという話だったのにあまりにも連絡が遅いと不安になりますよね。そういう場合どのように対処すれば良いのでしょうか?

まずは留守電の確認を毎日した方が良いでしょう。また、メールアドレスを記載しているのならば毎日数回メールのチェックを行う事も忘れずに行いましょう。

それでも1週間待っても何も連絡が無いとさすがにどうなったのか?と不安になりますよね。あまりにも遅い場合はこちらから確認をとってみる事も必要ですよね。

もしも遅いので連絡したい場合には相手に失礼の無いように連絡をしましょう。採用の確認をする時のメールの例文や電話での話し方についてはまた別の機会に特集いたします。

また、電話で採用があった場合の対応についても同時に特集いたします。


【まとめ】連絡が遅いからといって諦めてはいけません!



今回は面接を受けてから採用の連絡が車でに時間がかかるのはどうしてなのかについてをご紹介いたしました。企業によっていろいろな事情があるためであって、決してもったいぶっているというわけではない事がわかり安心したのではありませんか?

とはいってももしも採用されなかった場合の事を考えて、転職活動は続けておくと安心できるかもしれません。本命の企業へ転職が叶うまで地道な努力と待つ余裕をもって活動を続けていきましょう。

関連記事