アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 履歴書・面接対策 > 面接に行く時の服装!スカートの長さは何センチ?短い方がお得?

面接に行く時の服装!スカートの長さは何センチ?短い方がお得?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

面接を受けに行く時ってすごくドキドキしますよね。その会社で仕事がしたいと強く願えば願うほど、面接の時にはミスをしないように頑張らなくちゃ!と思うものです。

ところで、面接を受ける時の女性の服装ってどんなものなら良いと思いますか?一般的にはスーツを着用して面接に行きますが、今回ご紹介したいのはスカートの長さです。

これから面接を受けようとしている女性の方が、面接を受ける時の服装に不安があったという方の参考になれば幸いです。

面接の時のスカートの長さは何センチだったらいいのか?



女性が面接を受けようとした時に悩むのは『服装』ですよね。どんな仕事であってもやっぱりスーツが一番しっくりとくるようですが、スーツにもいろいろな種類がありますよね。

例えば少し派手めの感じのスーツだと、どうしてもスカートは短めだったりしませんか?そこで理想的なスカートの長さについてのアンケートを「キャリアパーク」で紹介していたので取り上げてみました。

アンケートによると面接を受ける時のスカートの長さが気になると答えた方は、全体のおよそ63%という結果が出ているようです。

ちなみに面接を受ける時の理想的なスカートの長さは「膝下5cm~10cm」程度なのだとか!なぜなのかと疑問に感じる方もいるかもしれません。

実はこの長さだと面接官の前に座った時に膝が少し出るくらいで収まるからなのだとか。それ以上だと短すぎて「何しに来たの?」と思われてしまうかもしれません。

逆に長すぎるとだらしなく感じられます。そのため座った時には膝が少しだけ出て、立ち上がった時には膝が隠れるという程度の長さで良いと考えられるのです。

もちろんスカートの長さだけを気遣えば良いというわけではありません。

面接の時のスカートは長さだけじゃなく素材もこだわる



いくらスカートの長さが理想的であっても、サラサラとしたサテンのような素材だったらどうでしょうか?パーティーじゃないんだから……。なんて思われてしまうかもしれません。

スカート丈が理想的であってもジーンズのような素材だったら「遊びに行くのか?」なんて思われてしまうでしょう。そんな事になったらせっかくのチャンスを失ってしまいます。

そこで面接を受ける時のスカートは長さだけじゃなく、素材にもこだわった方が良いという事になるわけです。

さらに色も紺色が理想的です。黒だとちょっとお葬式っぽくなってしまうので、やっぱり紺色が良いでしょう。

さて、面接の時に着用するスカートの理想的な長さと素材がわかったら、今度はスカートのデザインにも注目してみましょう。「デザインって何?」と言う方もいらっしゃるかもしれませんね。

どんな服であっても長さが膝下5~10cmだったら良いのでは?紺色なら良いんでしょ?と思うかもしれませんが、実はスカートのデザインも深く関係しているという事を忘れてはいけません。

面接の時のスカートの理想的なデザインとは?



まずは女性らしい体系を見せる事ができるので、タイトスカートを選びたいと思う方もいらっしゃるでしょう。確かにキャリアウーマン=タイトスカートみたいなイメージありますよね。

ですがタイトスカートというのは面接の時には向いていません。無事面接に通って仕事が始まったらタイトスカートを着用してもいいかもしれませんが、面接の時だけは避けましょう。

なぜならば、タイトスカートは他のデザインのスカートよりも、座った時に長さが短くなってしまうからなのです。だったらスリットが入っていればいいんじゃない?と思うかもしれませんね。

でもスリットはあまり入っていない方が望ましいのです。残ったデザインはAラインのデザインですね。あとは裾の部分がフレアになっているタイプのデザインです。

リクルートスーツにこのタイプのスカートが多いのも、実は面接にタイトスカートは向いていないからなのでしょう。つまり無難に面接用のスカートを選びたいなら、リクルートスーツを選ぶ方が良いのです。

もちろん同じじゃ嫌だと思う方もいらっしゃるかもしれません。デザイナーズブランドのスーツを選ぶ!という方は、あまり突飛すぎないデザインでスカート丈が膝下5~10cm以内のものを選びましょう。

面接を受ける時には清潔でやる気を感じられるものを選ぼう



特に現代の若い女性は自分の個性をアピールできる服装を選びたいと思うものなのかもしれません。ですが実際に面接をするのは自分よりも年上の方ばかりです。

その方々が就職活動をしている時と比べると、「今の子は常識が無いわね」なんて思ってしまう事だってあるのです。やる気はあるのに面接の時の服装で自分の技量を測られたれたのではたまりませんよね。

自分の実力は仕事で見て欲しいと思っているのなら、なおのこと最初の時だけでも他と合わせて面接に合格する事だけを目指して頑張るべきです!

もちろん基本的に面接を受ける時にはスーツなら比較的自由です。でもやはり「やる気」を感じるのはリクルートスーツです。一枚買っておくといろいろと使えて便利です。

郷に入っては郷に従えという言葉があるように、まずは協調性をアピールする意味からも、やはり定番のスーツの方がおすすめできるという事になるわけです。

関連記事