HOME > コラム > 履歴書・面接対策 > アルバイトの面接、接客だけじゃない!就活、気になるあの人にも使えちゃう! ☆相手に好印象を与える心理学テクニックPart1!☆

アルバイトの面接、接客だけじゃない!就活、気になるあの人にも使えちゃう! ☆相手に好印象を与える心理学テクニックPart1!☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

「心理学」と聞くとなんだか小難しそうな印象がありますよね?
確かに、心理学を本格的に学ぼうとすればとても複雑なものになるかもしれませんが、元々は人間の感情の動きや行動原理を体系化したもの。

つまり、私たちが普段無意識にしていることや感じていることは心理学を理解することで解明できるんです!

そしてそれを逆手にとれば、こちらが相手に与える印象をよくすることもできます。

アルバイトの面接だけでなく実際の仕事の場や、学生なら就職活動でも使えますし、気になる異性にも効果があるかもしれません!

そんな心理学のスキルを簡単にまとめて紹介していきたいと思います。



テクニック①
【ミラーリング】
ミラーリングとは、簡潔に言うと「人は自分に似た雰囲気の他人のことを好意的に捉えやすい」という心理現象のこと。
逆に「自分が好意を寄せている相手の動作を無意識に真似してしまう」というのもミラーリングです。

子供の時に憧れていたアニメの主人公の口癖や仕草を真似してしまうことがあった人もいますよね?

これは相手の「手を組む」「目線の動かし方」などさりげない仕草を時々真似することで親近感を与えることができます。ただし、あからさまに真似をしてしまうと怒られてしまうのでほどほどに(笑)

 

テクニック②
【ハロー効果】
ハロー効果は「後光効果」とも呼ばれており、「誰かに対してひとつ良いところを見つけると、その人の他の部分までより良く認識してしまう(逆も然り)」という心理現象です。
これは簡単で、清潔感のある服装や髪形などが言動などにまで高評価をもたらすと言えば納得できるはず。
ですから、身だしなみはもちろん、何か】ひとつ勝負できるものを用意していくといいですね!

 

テクニック③
【バーナム効果(フォアラー効果)】
これは知っている方も中にはいるのではないでしょうか?バーナム効果とは「誰にでも当てはまりそうな抽象的な事象をまさに自分のことだと思ってしまう」という心理現象です。

例えば、年配の女性が占い師に「あなた、あまり腰が良くないのでは?」と言われたとします。

年配の方なら腰が痛い人などいくらでもいますが、それを聞いた本人は「言い当てられた!」と思ってしまうのです。

 

 

いかがでしたか?いきなり使いこなすのは難しいかもしれませんが、あなたも意識してみては?

関連記事