HOME > コラム > アルバイトの探し方 > 看護師の夜勤のバイトのメリットとデメリット

看護師の夜勤のバイトのメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

夜勤の仕事はどんな職業であっても人気があります。看護師の仕事でも夜勤のアルバイトを希望する方もたくさんいらっしゃいます。

 

今回は看護師の夜勤のアルバイトをする事のメリットやデメリット、どんな事に注意したらいいのかについてをまとめてみました。

 

看護師の夜勤のバイトののメリット


夜勤のアルバイトをする人は看護師じゃなくても時給が良い、お給料が常勤の看護師よりも高いというのが一番のメリットですよね。

 

看護師の仕事をしている方の中には、家庭の事情などプライベートな事情によって、お金が必要になった時などに希望する方が多いようです。

 

他には自分のスキルアップのために、昼間は勉強をしたいという方などにも夜勤のアルバイトは人気があります。その方が勉強に集中する事ができるというのも人気の秘密です。

 

なんでも夜勤専門でアルバイトをする事によって、働く日数が少ないのに常勤で仕事をしたのと同じくらいのお給料が出るため、お金を稼ぎたいという方はうまく夜勤を活用するといいですね。

 

夜勤の勤務を専属でやりたいと思っている方はいるかもしれませんが、希望者が多すぎて競争率が高いというわけでもないので、夜勤のアルバイトをしたいと思う方は比較的スムーズに探せるのもメリットかもしれません。

 

もちろん自分が勤めている病院の夜勤専属になってもいいのかもしれませんが、別の病院に行く方がスムーズにいく場合もあるようです。

 

ダブルワークをする時にも同じ病院でやるよりも他の病院を選ぶ方が都合がいい事もあります。

 

夜勤のバイトの上手な活用方法とは


プライベートでお金が必要なので夜勤を上手に活用したいという場合には、常勤の仕事をしつつ副業としてプラスアルファな部分を働くという働き方があるようです。

 

短期間に集中的にダブルワークする事によってお金を稼ぐ事ができるので、副業しても大丈夫な職場で働いている事を確認してからダブルワークをするといいでしょう。

 

自分のレベルアップのために夜勤をしたい方が多いのは、夜勤のアルバイトというのは働く日数が少ないのに常勤の勤務をしたのと同等のお給料になるからです。

 

時間を有効活用するためにはある程度のレベルも必要になるので、自分の条件に合った病院を探すのは難しいと感じるかもしれません。

 

それは応募する人が多いというよりも看護師としてのレベルが必要になるからです。

 

夜勤のバイト専属になると託児所の利用が可能?


一般的には夜勤の時間帯に仕事をしていても託児所を利用できない事もあるようなのですが、夜勤専属でアルバイトをする事によって保育施設を利用する事ができる病院があるようです。

 

病院内に保育所を完備しているところは意外と多いようなのですが、病院内の託児所なので深夜帯の場合には利用できない事もあるようです。

 

ただし病院の中には常勤の時間帯に預かってはくれでも夜勤の時間帯には預かってもらえないところも多いようなのです。家族がいるのならいいかもしれませんが、シングルマザーの場合には困ります。

 

でも夜勤の時間帯に看護師を募集している病院では、夜勤専属でお仕事をしている看護師のために、夜勤の時間帯に託児所を利用できるのです。

 

もちろん託児所を完備している病院に限るのですが、夜勤の時間帯に働きたいと思っている方でお子さんがいる方は、相談されてみるのもいいかもしれません。

 

夜勤のバイトをする時のデメリット・注意点


お金を稼ぎたいと思っている方が夜勤の時間帯にお仕事をされるのはおすすめできるのですが、夜勤の看護師のバイトを希望する方には注意しなくてはならない事もあります。

 

それは夜勤の時間帯に働く事でお金が稼げる理由にあります。実は看護師の夜間の仕事というのは、昼間の仕事の時よりも勤務時間が長いので、少ない日数でも常勤と同等に稼ぐ事ができるのです。

 

だから少ない日数でも稼ぐ事ができるのです。となると常勤よりも勤務時間が長いので、疲れが蓄積しやすく取れにくくなってしまうという事になります。

 

そのため夜勤の看護師のバイトを専門でやったりする時は、健康管理をしっかりとしなくてはならないというわけなのです。他にも人が足らない病院が募集をしている事も多いようです。

 

特に緊急の時に自分ひとりで対応しなくてはならない事も多いものなので、冷静に判断をしていつもと変わらずにしっかりと対応する必要があります。それだけのスキルを持つ事も重要になります。

 

これらの事に注意して夜勤のアルバイトを上手に活用されてみるといいでしょう。先輩のお話もよく聞いて判断する事もおすすめいたします。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は看護師の夜勤のバイトのメリットとデメリットについてをいくつかご紹介いたしました。

 

少しでもお金を稼ぎたいという方やスキルアップのために学校へ通いたいなど、さまざまな目的に合った稼ぎ方をするのなら夜勤のバイトをおすすめします。

 

その時には健康管理に普段から注意しつつ、保育所なども上手に活用しながらお仕事をされてみるといいでしょう。

 

そして看護師の夜勤のアルバイトを専属で行いたいという時もそうですが、常勤と夜勤のダブルワークをする時には体調管理を厳重にする必要があります。

 

二兎を追うものは一兎も得ずという言葉があるように、どちらも台無しになってしまわないように十分に注意しつつお仕事をしましょう。

 

20代必見!脱アルバイト、フリーターやニートから正社員デビューに挑戦!
  • ハタラクティブ

    約6万人以上の業界未経験カウンセリング実績
    内定率は80.4%・書類審査通過率は91.4%
    ※対応地域 : 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪

    求人数対応地域お祝金
    未経験OKのみ1,500件以上首都圏(※)なし

    無料登録はコチラ

  • JAIC(ジェイック)

    310社以上のメディアで紹介中。就職成功率が約2倍に!
    職業紹介優良事業者認定サイトで定着率・満足度は94.3%
    ※対応地域 : 東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・兵庫・京都・福岡・石川

    求人数対応地域お祝金
    非公開首都圏(※)一部あり

    無料登録はコチラ

  • DYM就職

    既卒・第二新卒の就活や転職に強い!就職率は驚きの96%
    書類選考なしで面接セッティングが可能

    求人数対応地域お祝金
    2,000件超全国なし

    無料登録はコチラ

アルバイト探しならココ!厳選ピックアップ
  • バイトル

    バイトを探す上での条件が沢山あります。
    手早く自分にあったアルバイトを探すことが出来ます。

    求人数対応地域お祝金
    50万件以上全国一部あり

    無料登録はコチラ

就職支援サイトの詳細を見る
関連記事