アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > アルバイトの探し方 > バイト情報サイトの活用法!自分に合った仕事を探そう

バイト情報サイトの活用法!自分に合った仕事を探そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

アルバイトを探すのに役立つのが「バイト情報サイト」です。自分に本当に合った仕事を探すのにこれほど役立つサイトは無いでしょう。でもどうせ使うなら使える機能を駆使したいですよね。そこで今回はバイト情報サイトの活用法をご紹介いたします。

前回の記事もあわせて読んでいただくと、より一層バイト情報サイトの事がわかるのでぜひご覧ください。

バイト情報サイトの便利な機能はどこでもだいたい同じ



バイト情報サイトでは利用者のためにさまざまな機能を提供しています。そしてそれらの機能はほとんどのバイト情報サイトで使う事ができます。ここでは共通するバイト情報サイトの機能についてをご紹介いたします。

まずは検索機能です。検索機能には「駅に近い」「短期・長期」「業種別」「沿線」「勤務地」などの様々な検索機能がついています。できるだけ自分が希望する条件に合った仕事を探す事ができるので、必ず活用した方が良いでしょう。

もう一つ共通してある機能がプロフィール機能です。プロフィール機能は自の情報を企業側が閲覧できるようにするための機能であったり、履歴書の作成をする時などに活用したりもできます。履歴書の機能も各サイト共通しているので必ず活用すると良いでしょう。

SNSと連動させる機能を持っているサイトを活用する事で、幅広いアルバイト情報を入手する事ができます。スマホと連動させて新しい情報が入ったら知らせてくれる機能などもあるようです。携帯やスマホじゃなく家で連絡を受けたいという方もいらっしゃいます。

その場合にはファクシミリ機能を使った新しい機能を使えるサイトも存在しています。自分の暮らしている環境に合った機能を使いましょう。

まず充実したいのはプロフィール



どこのサイトでも同じですが、自分の好みの仕事を発見したら何等かの方法で連絡して面接の約束をします。面接を受ける時にもっていくのが履歴書ですが、履歴書はできれば手書きではない方がいいかもしれません。

実は履歴書は手書きの方が良いと考えるかもしれませんが、履歴書を受け取った相手がその履歴書を見た時に、字が汚くて読めなかったなんて事があったら困ります。ですが字が汚いというのはすぐに改善できるものではありませんよね。

そんな時にはバイト情報サイトの履歴書機能を使います。面接が決まったら履歴書を簡単に作成できるので、文字に自信がなくても大丈夫ですね。それとプロフィール機能をしっかりと活用しましょう。

プロフィール機能を充実させておくと、人が欲しい企業側が見て条件に合っていると思ったら、何らかのアクションを起こしてくれます。そのためにバイト情報サイトのプロフィールは充実させておく事が大事です。

スカウトを頂いたらどんな会社なのかをチェックして面接を受ける段取りをしたり、あるいはお断りするなどをすると良いでしょう。

条件検索を使うのは当たり前!



先ほども機能のご紹介で検索機能について触れましたが、条件検索を細かく設定するだけで自分が探している仕事に巡り合う確率が各段に高くなります。

自分の住んでいる近所で仕事を探している場合には、地名を入れて検索をしたり仕事の種類で検索をする事もできます。逆に希望する地域の求人情報を探す事だってできるんです。

複数の検索機能を使ってピンポイントで探す事ができます。もちろんこれだけではありません。バイト情報サイトにはたくさんの求人情報があるのですが、サイトによって求人の内容が違うものです。

なのでより多くの求人情報を入手したいと思うなら、複数のバイト情報サイトを同時に利用する事をおすすめいたします。

複数のサイトを同時に利用するとより見つけやすい理由



バイトや求人情報サイトの中には、専門的な仕事の求人情報のみを扱っているサイトが多数あります。例えばバイトだけの情報を集めたサイトもあれば、転職や正社員になるための情報を掲載しているサイトなどもあるのです。

さらに同じバイトの情報だけを扱っているサイトでも、登録している企業が違ったりするので複数を同時に利用した方が良いですね。自分の理想の職場を見つけられたらとてもラッキーですし!

どこのサイトでも同じように、まずは登録をしてプロフィールや履歴書をしっかりと作りましょう。最初は面倒だと思っていてもあとあとになって「やっててよかった」と思えます。

良いバイトが見つかってから作ると焦ってミスをしてしまったりするので、時間に余裕がある時にじっくりと自分をアピールできるように作ると良いでしょう。

ちなみに複数のバイト情報サイトを活用する時には、同じ系列の情報サイトを活用すると、システムが同じなのでわかりやすいというメリットがあります。一方で同じ系列じゃない情報サイトは同じ情報がかぶらないので、より幅を広げて探す事ができるのでおすすめです。

アルバイトのみの総合サイトでもアルバイトやパートの情報がありますが、アルバイト情報のみを扱っているサイトを利用すると、検索をする時の手間が省けて仕事探しが楽になるので、自分の探す仕事の条件によって活用するサイトを増やしたり減らしたりすると良いですね。

まとめ



今回はバイト情報サイトを上手に活用する方法についてをご紹介いたしました。少しでも理想的な環境で仕事をしたいと思うなら、一つのサイトを使って「ないない」と悩むよりも、労を惜しまずできるだけたくさんの求人情報をチェックすると良いですね。

関連記事