HOME > コラム > アルバイトの探し方 > その運転免許を活かそう!飲み会のこの時期は運転代行がおすすめ!

その運転免許を活かそう!飲み会のこの時期は運転代行がおすすめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

忘年会、そして新年会の重なるこの時期は、サラリーマンの方々もお酒を飲む機会が増えていくと言われています。サラリーマンの方々はお付き合いが大事なので断れずに飲む回数が増えていきます。

都会のサラリーマンの方々の場合は電車やタクシーでの通勤が多いかもしれませんが、地方のサラリーマンの方々はそういうわけにはいきませんので、自家用車で通勤をしている人も多いですね。

それなのに飲み会が断れずに参加すると、当然飲酒運転になってしまうのでよほど常識が無い人ではない限りは、運転代行などを利用する事が多いはずです。そこで今回は運転代行のアルバイトについて特集しました。

運転代行は普通免許だけでも大丈夫?それとも2種が必要?

一般的に運転免許が無ければ運転の仕事はできないので、運転免許証を持っているという事が最低条件としてお話をさせていただくので、運転免許は必要最低限の資格であると言えます。

次に運転代行をしたいとなった場合、他の資格を必要とするのかという疑問が出てきますが、実は運転代行のドライバーのアルバイトには資格が必要な人と必要ではない人がいるのです。

どういう事かを簡単に説明すると、一般的にお客様を車に乗せて運転をする場合には、運転免許の1種もしくは2種の資格を必要とします。これはタクシーの運転手やバスの運転手と同じです。

ところが一方でお客様を乗せずにお客様の車の運転をするだけの人の場合、お客様を乗せて走るわけではないので普通運転免許証があれば働く事ができるのです。

一種、二種の有資格者はお給料が高額になる?

当然ですが有資格者の場合はお客様を乗せて運転をする事ができるので、時給もお給料も高くなると考えられていますが、普通免許の方との差はあるでしょう。

ただし最近では有資格者以外は採用しないという会社が増えてきたためか、あまり時給には差が無くなっているというのは事実かもしれません。

それは代行をする時間帯が関係していると考えられます。

タクシードライバーの副業である事が多い

そもそも運転代行の仕事というのは昼間タクシー会社で働いている人が、副業として深夜の時間を使ってアルバイトをしている事が多いのだそうです。

そのため時給も平均的な金額であることが多く、昼間のタクシー会社の給料にプラス10万円~20万円という目的で応募する事が多いようです。

これは代行運転をする会社も同じ意見なので、特別に問題があるドライバーでなければダブルワークとして採用される事が多いのだそうです。

一種と二種の運転免許ってどうやって取得するのか?

では一種や二種の運転免許を持っていないとなった場合、運転代行のアルバイトをする事は不可能なのでしょうか?実はそんな事はありません。

最近ではタクシー会社と同様に一種や二種の免許の取得をサポートしてくれる会社もあるので、会社で働きながら(お客様の車の配送をする)勉強をして資格の取得を目指せばいいのです。

年末年始は特に代行運転の会社も忙しくなりますので、今がまさに入社するチャンスの時期だと言えるかもしれません。資格を持っていなくても取らせてもらえる可能性が高いのでおすすめですよ!

そして資格を取得したら自分の将来のためにもなるので、くじけないように頑張って資格を取得するといいかもしれませんね。

関連記事