HOME > お仕事体験談 > 私がやってきた仕事のやりがいについての感想

私がやってきた仕事のやりがいについての感想

  • 投稿日 : 2015-03-04
  • 投稿者 : ムラさんさん(60代以降男性)

総合評価

  • 2.00
  • 充実感

  • 待遇度

  • 自由度

▽ 他の就職支援サイトを確認

この仕事を選んだ理由やキッカケ

私は昔から学校でも部活でも会計担当が多かったです。
お金を扱うことついてはそれほど苦になりませんでした。
自分では会計とか金融にはあまり向いていないと思っていましたが、
周りは金融機関に行くものという感じでした。

その横浜信用金庫を選んだ最大の理由は東京には勤めたくないということでした。
あの通勤ラッシュは大変です。
せめて1時間以内の所に努めたいと思っていました。
私の大学では成績により、学内選考があります。
それに通ったことです。
幸い横浜市内の起業でした。
それとどこに転勤になっても、ほぼ横浜市内です。
これがきっかけです。
それであっちこっちのつてを頼りました。
幸い常務の推薦をいただけました。

口コミ・体験談

仕事のメインはお金を預かることと貸出です。
その他本部には様々な業務がありました。
この辺は一般の会社と同じです。

私の会社のもっとうは、マラソンでいえば、先頭集団には着いていけ、
しかし決してトップには立つなということでした。
全国の信用金庫でも20位以内にはいましたね。
仕事ぶりはそれほどがむしゃらに厳しいものではありませんでした。
どちらかといえばぬるま湯的な会社でした。
通常に仕事をしていればよかったのです。

仕事については、預金であれ、貸し出しであれ、営業であれ、ノルマはありました。
これはどこでもそうでしょう。
しかし真面目に仕事をしていれば、どうにかノルマは達成でs来ました。
1位の信用金庫は営業の時に」いい成績を上げなければ、出世はできないとか。
このノルマのために毎年何人かはやめていくとか。
私の所では何人かはやめていきましたが、ほとんど自己都合でした。
県庁に受かっているとか、市役所に受かっているとか、自分の親のあとを継ぐとかが理由でした。
仕事がきついという理由でやめていった人はいませんでしたね。
それだけ居心地がよかったのでしょう。

私は営業に回った時に、性格を変えました。
それまでは内気な性格だったのを、外交的に治しました。
あれこれ勉強して、誰とでもお話が出来るようになったのです。
それがその後の仕事に役立ちましたね。
新しいことにも向かっていく姿勢ができました。

こうだったらもっと良かった!と思うところ

最初に配属になったのが、あまり好きではない経理部で、それも主計でした。
このときに簿記とか法人税とかを覚えました。
3年で決算もどうにかできるようになりました。
この時に将来に備えて税理士の資格を取っておけばよかったと思っています。
いいチャンスだったのに残念です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

削除依頼フォーム

神奈川県のお仕事体験談【NEW!】
金融業のお仕事体験談【NEW!】