アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > お仕事体験談 > お客様第一:元従業員が語る年中無休の裏側の話

お客様第一:元従業員が語る年中無休の裏側の話

  • 投稿日 : 2016-05-05
  • 投稿者 : ともさん(30代女性)

総合評価

  • 4.00
  • 充実感

  • 待遇度

  • 自由度

→ 他の就職支援サイトを確認

この仕事を選んだ理由やキッカケ

①社内登用資格制度があったこと、②グローバル企業であること、③売場作りに興味があったこと、が就職した理由です。
中でも②については、日本国内のみならず、インドネシアやマレーシアなどの東南アジア地域でも店舗を拡大しており、外国の大学を卒業していたため、自分の活躍できる場がたくさんあると思ったため、就職を決めました。

口コミ・体験談

就職してすぐにハムやソーセージ売場の発注や品出し作業を任され、約1年半この業務をしていましたが、発注のタイミングを誤って大売り出しの当日に品薄になってしまうという失敗をおかしてしまいました。しかしながら、上司のまた上司にあたる人物の教育方法が非常に優れており、この失敗をもとに私が学べるよう、優しく丁寧にご指導いただいたことを今でも覚えています。知識や経験の豊富な人物に定期的にご指導をいただく機会があったり、社内的にも適切な時期に適切なセミナーを受講できるようになっていたりしたので、自分を向上させることができる点がとてもよいところだと思います。
反対によくない点については、勤務時間です。年中無休で朝9時開店、夜11時閉店だったため、社員同士の交流がなかなか持てず、飲み会を開くにしても夜11時半以降になってしまうのがとても大変でした。お休みを社員同士で合わせるのもシフト制でなかなか難しいため、同じ部署の仲間でどこか旅行に出かけることも難しかったのを覚えています。
ただ、小売業なので成果が数字ではっきりと表れるため、部署間や店舗間で競争し合う形でお互い頑張ることができるところが働きがいのある点だと思います。

やりがいを感じたところ

自分の担当する売場で、自分が考えて並べた商品がうまくお客様に手にとってもらえて買っていただけたときにやりがいを感じました。
例えば、私の担当はハム・ソーセージ売場でしたが、ゴールデンウィークなどの連休前にはソーセージと一緒にホットドッグ用のパンを近くに置いて、ピクニックをイメージしてもらえるようにして売場を自分なりにアレンジしました。その結果、売上の増加が数字としてはっきりと表れ、やる気もこれまで以上に出てきたのを覚えています。

こうだったらもっと良かった!と思うところ

営業時間をもう少し短縮してもよいのではないかとずっと考えていました。朝9時から夜11時まで年中無休で営業していましたが、だいたい朝9時から10時、また夜10時から11時までは客数はそれほど多くありませんでした。また、年末年始も営業していましたが、家にじっとしている人が多いのか、年末年始もそれほど客数が多くなかったのを覚えています。お客様の立場で考えてみれば、お店が開いているのは時としてありがたいときもありますが、実際に閉まっていたら閉まっていたでお店のことを憎いとも思わずそれを受け入れるのみなので、営業する日や時間について検討してもよいのではと思いました。
また、棚卸のときでさえも営業しながら作業していましたが、他の小売業を営むお店では、棚卸のときは閉店にしていました。その方が効率もよいと思うので、常に営業していないといけないという考えを改めるべきだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

削除依頼フォーム

岡崎市のお仕事体験談【NEW!】
小売業のお仕事体験談【NEW!】