アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > お仕事体験談 > 百貨店で応募したのとは違う部門に配属される

百貨店で応募したのとは違う部門に配属される

  • 投稿日 : 2016-06-10
  • 投稿者 : ぺこりん6028さん(40代女性)

総合評価

  • 4.00
  • 充実感

  • 待遇度

  • 自由度

▽ 他の就職支援サイトを確認

この仕事を選んだ理由やキッカケ

西日本新聞の広告に載っていた井筒屋の夏季中元アルバイトの募集を見て履歴書を送りました。すぐに人事から電話がかかってきて、アパレルの経験者だったら、婦人服の売り場に人手が足りないのでぜひ働いて欲しいと言われて了承しました。

口コミ・体験談

婦人服は経験があったので、そんなに不安に思うことはありませんでした。仕事はすぐに飲み込めたので、接客に困るということもありませんでした。給料が中元バイトと同じ金額で契約したのですが、明らかに婦人服の方が大変なので、少し交渉すればよかったなと後から思いました。交通費が1日500円という規定があって、私は1000円くらいかかっていたので、その分がもったいなかったなと思いました。アパレルで探せばもっと条件のいいところはいっぱいあったと思うのですが、引っ越したばかりで土地勘もあまりない時だったので、安易に2か月も勤めてしまいました。ヤングの売り場で周りが若い子ばかりでしたが、みんなかわいい子達で受け入れてくれて人間関係もよく気持ちよく仕事ができました。勤務時間が2交代で、遅番だと11時からの勤務で終わりが8時過ぎていたので、帰りが9時半くらいになって夕食の準備ができなくて夫には迷惑をかけたと思います。服装は担当ショップのものを着ていたので、割引にはなったけど、買いとらないといけなかったのが無駄な出費でした。割と髪形やネイルも自由でしたが、やはり百貨店の中なので清潔感はないといけないので朝礼でチェックが入っていました。

やりがいを感じたところ

私が勤務してからショップの売り上げが上がって、メーカーの担当に褒めてもらえてみんなで食事に連れていってもらった時には「やった」という気持ちになりました。短い間だったけど、指名してきてくださるお客さまができたことなど嬉しい事でした。やめた後もすぐに人事から電話がかかってきて、別の仕事を紹介されました。デパートの中はいろいろ仕事があるので、3回くらい電話がかかってきて、別の仕事もさせて頂きました。必要とされたのがよかったです。

こうだったらもっと良かった!と思うところ

デパートにはいろいろな職種があって、応募したのはお中元バイトだったけど、結局アパレルの接客の仕事に就いたので、アパレルを提案された時に、他の仕事もたずねてみればよかったと思います。人事にはいろいろあったと思います。ヤングのショップのバイトだったけど、ミッシーくらいの方が自分には合っていたと思うのです。ショップの服が制服として必要ではなければよかったです。主婦だったので時間も早帰りだけにさせてもらえたらもっと長く働けたかもしれません。やはり家庭に負担がかかる仕事は継続するのは難しいと思います。接客が長引いて帰りが遅くなっても残業代が出ませんでした。サービス残業が当たり前みたいな雰囲気だったので、言い出せなかったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

削除依頼フォーム

北九州市のお仕事体験談【NEW!】
百貨店のお仕事体験談【NEW!】