HOME > お仕事体験談 > 6年3ヶ月銀行に勤めた私のやりがいと不満

6年3ヶ月銀行に勤めた私のやりがいと不満

  • 投稿日 : 2017-02-27
  • 投稿者 : あみさん(20代女性)

総合評価

  • 4.00
  • 充実感

  • 待遇度

  • 自由度

新着のバイト
求人情報を確認

この仕事を選んだ理由やキッカケ

高校進学時に事務系のお仕事に就きたいと思い、商業高校を選びました。
3年生となり求人を探したところ、地元で働けて事務関係のお仕事という内容に惹かれ、金融業でちゃんとしているという点にも魅力を感じて選びました。

口コミ・体験談

求人内容では事務関係のことしか書いておらず、私自身もお金の出し入れ、貸し借りぐらいしか金融業はしていないと思っていました。
しかし、入ってみるとノルマが大量にあり、お金関係だけでなく保険もノルマがあったので、資格を取るのも大変でしたがセールスするのも本当に大変でした。
私は窓口応対や後方事務などの仕事内容はとても楽しく出来ていましたが、セールスして獲得するというのがとっても苦手で苦労していました。
獲得してなかったり、獲得ペースが遅いと上司や本部から呼び出しもあったりするので、獲得するために夜も訪問していたこともありました。
求人内容にはこのようなことは一切書いてなかったので、セールスがあることを知っていたら入るか迷っていたかもしれません。
それぐらい私にとってはセールスすることが苦痛でした。
しかし、窓口応対や軽くアドバイスしたりすることは好きだったので、お客様と顔見知りになって良くして下さったりして貰った時は、本当にこの職に就いて良かったと思えました。
私のことを気に入って下さったり、転勤が決まった時に泣いてくれたり、お世話になったからと髪留めなどのプレゼントを貰ったりした時は、その気持ちがとても嬉しく感じました。

やりがいを感じたところ

最初の頃はお話しもあまりして下さらなかったお客様も、次第にお話しするようになり、世間話も普通に出来るようになりました。
そして世間話の中で、お金に関して少し悩んでいらっしゃったので、相談に乗ってどうにか解決策がないか一緒に考えたり、上司にアドバイスをもらったりしていました。
なんとか解決策も見つけることが出来て、お客様が解決して心底嬉しそうにして下さった姿を見れた時は、私もやりがいを感じて嬉しかったです。

こうだったらもっと良かった!と思うところ

今の金融業ではもう当たり前になっているので、難しいと思いますがやはり保険のセールスをするのは、通常業務と併行にするのが大変でした。
お仕事を辞める前には「銀行員なのか保険のセールスウーマンなのか分からない」といった状態になっていました。
保険も保険料や保険金というようにお金が発生するのは十分分かってはいるのですが、多岐にわたって説明出来なければいけないというのは結構辛かったです。
保険はよく改定もあるので、その度に勉強し直して新しい情報を常に頭の中に入れておかなければならなかったです。
セールスする人はセールス担当、窓口担当は窓口のみ、というように、分かられていたらもっと良かったなと常々思っていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

削除依頼フォーム

アルバイト探しならココ!厳選ピックアップ
  • バイトル

    バイトを探す上での条件が沢山あります。
    手早く自分にあったアルバイトを探すことが出来ます。

    求人数対応地域お祝金
    50万件以上全国一部あり

    無料登録はコチラ

脱アルバイト!正社員デビューにチャレンジしたい方はココから♪
  • バイトルNEXT

    「バイトル」から生まれた≪バイトル社員≫
    正社員・契約社員のお仕事が多数掲載されています。

    求人数対応地域お祝金
    3万件以上全国一部あり

    無料登録はコチラ


新着のバイト求人情報を確認

金融業のお仕事体験談【NEW!】