アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > お仕事体験談 > ホテルのコックさんに憧れて飛びこんだ毎日

ホテルのコックさんに憧れて飛びこんだ毎日

  • 投稿日 : 2017-03-28
  • 投稿者 : rabiaryさん(30代女性)

総合評価

  • 5.00
  • 充実感

  • 待遇度

  • 自由度

▽ 他の就職支援サイトを確認

この仕事を選んだ理由やキッカケ

子どものころから作ることが好きで、特にお料理が楽しくて夢中になり、自然とそちらの道へ進みました。食物科のある高校から調理専門学校へ進学後、そこの学校の先生が働いていたホテルに就職しました。和洋中にとらわれない点も大きな理由でした。

口コミ・体験談

初めての就職先で比べようがなかったのですが、今思えばとてもいい経験をさせていただきました。
お料理が好きというだけで飛びこんだコックの世界ですが、ホテルの厨房だったので和食、洋食、中華、フランス料理やいろんな国のお料理もすることがあり、勉強になりました。
また、一般のレストランでは使えないような高級食材を扱うこともありましたし、時々パーティがあるのでバイキング料理や大皿料理もたくさん作りました。
ある時は、丸鶏や野菜をイチから煮込みラーメンスープを作り、ホタテの貝柱から醤油ダレ、塩ダレ研究、麺にもこだわって本格的なラーメンを作ったこともありました。
お弁当のケータリングがある日は、朝5時起きでひたすらおかずを詰めたり。厨房のスタッフは上下関係もちろんありましたけど、みんなとても仲が良かったです。
ただ1つ、朝8時から帰りは終電にギリギリな日もあり、全体的に拘束時間が長かったです。
まっ暗な帰り道、同僚と「明日もがんばろうね..」と励まし合い、アメを舐めながら歩いたのを思いだします。
初めての就職でしたので、こんなもんなのかなとあまり疑問に思っていなかったんですけど、今思えばよくやったな?としみじみ思います。昔の自分を褒めたいです。

やりがいを感じたところ

お料理の腕が磨けたことです。
お肉を切ると一言でいっても、牛肉、豚肉、鶏肉それぞれ特徴を知ってないといけないし、覚えるのも楽しかったです。
1番は魚の裁き方を勉強できたこと。
3枚おろしはもちろん、カレイやヒラメの5枚おろし、
お刺身の切り方、盛り付け方など若いうちに覚えられたことは、今とてもありがたいです。
あとは例えば100gずつ切り分けるなど感覚で分かるようになったこと。
お料理はできることにこしたことはないなぁと思いました。

こうだったらもっと良かった!と思うところ

今思えば..ですが、一般のレストランなどの厨房を経験してからホテルの厨房に入りたかったなと思っています。
初めて本格的に働いた所でしたので、他を知らなくてありがたみを感じてなかったと思います。
あとは、男社会といいますか男性中心で厳しいのもあってか、けっこうすぐ辞めてしまうスタッフが多かったです。時間が長いのも原因だったかもしれませんが。
おかげで歳の近いスタッフがおらず、なんだか疎外感があり、それだけではないのですが辞めてしまいました。
その後、カフェで働きましたが、こちらは歳が近いスタッフばかりだったので楽しくて、そのお店がなくなるまで働きました。お仕事のやりがいも大切ですが、一緒に働くスタッフも大事だなと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

削除依頼フォーム

名古屋市のお仕事体験談【NEW!】
ホテルのお仕事体験談【NEW!】