アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > お仕事体験談 > 法人営業といいながら個人を相手に営業していた私

法人営業といいながら個人を相手に営業していた私

  • 投稿日 : 2017-05-02
  • 投稿者 : ちょこさん(20代女性)

総合評価

  • 2.00
  • 充実感

  • 待遇度

  • 自由度

▽ 他の就職支援サイトを確認

この仕事を選んだ理由やキッカケ

大学の就職活動中で、私自身保険には全く興味がなかったのですが、会社が単独で主催した説明会に参加し、そこで働く先輩社員と直接仕事内容を聞けたり、会社の中を見せて頂いたりなどして、好印象を受けたことがきっかけです。

口コミ・体験談

まず、入社してわかったことは給与所得者ではなく個人事業主扱いになるということでした。当然、営業にかかる自分の名刺、営業先に行く交通費、お客様へのプレゼント代その他すべて自費です。会社からは何も支給されませんでした。また毎月のお給料も、何かしらのプロセスを達成しなくてはきちんと全額頂けませんでしたし、ボーナスも支給となっていたのに、ボーナスを貰う基準のハードルが高く、プロセスを頑張って達成しても一桁とかでした。良かった所は、営業だったので自由がきくところでした。目標が達成していれば、営業に行かず早く帰る日もあったり、少し体調が悪くてもすぐに病院に行かせてくれたりもしました。また、様々な業種の人と知り合いになれるので、交友関係も広まりました。中にはそこで出会い結婚した方もたくさんいます。
しかし、毎月ノルマがあり、チャレンジ月間と言って毎月のノルマより多く契約を貰わないといけない月もありました。ノルマが達成していなかったら毎日夜遅くまで働き、休日出勤は当たり前でした。上司にも怒られてばかりで、同期の中には体を壊してる人もいました。しかし、女性がたくさんいる職場にしては、職場環境は良くみんな仲が良かったです。

やりがいを感じたところ

営業だったので、お客様からご契約を頂けた時が一番やりがいを感じました。毎日営業先に行き、色んな方に保険の提案をして、辛いことのほうが多かったのですが、絶対に契約しないと言っていた方からご契約を頂けた時はとても嬉しかったです。またその方が病気になり、入院した際に保険がおりたのですが、お客様にあなたから保険に入って良かったと言われました。その時は本当にそのお客様に保険を案内して良かったし、この仕事をして良かったなと思えました。

こうだったらもっと良かった!と思うところ

まずは給与所得者にして、経費などすべて出るようにしたら退職する人も少なかったと思います。保険の営業をする人の多くは既婚者の主婦の方が多く、扶養の範囲内で働く人がほとんどです。私のように新卒で入社し、すべて自分のお金で生活していく人が少ないのです。私を含めほとんどの方が一人暮らしをしながらの生活だったので、家賃や光熱費を払って、尚且つ経費も掛かるので本当に生活していくことが大変でした。またお給料がきちんと貰えないことは一番モチベーションにも繋がり、やる気を失います。多少のプロセスは仕方ないことなので、あってもいいとは思いますが、最低限お給料はきちんと貰えるようになれば違ったと思います。また、目標達成出来なかった社員のフォローをもっとしていれば良かったと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

削除依頼フォーム

北海道のお仕事体験談【NEW!】