HOME > お仕事体験談 > 住宅地に溶け込む大阪吹田の街で、趣味を仕事に活かせる働きやすい仕事

住宅地に溶け込む大阪吹田の街で、趣味を仕事に活かせる働きやすい仕事

  • 投稿日 : 2018-08-06
  • 投稿者 : kmさん(30代女性)

総合評価

  • 4.00
  • 充実感

  • 待遇度

  • 自由度

▽ 他の就職支援サイトを確認

この仕事を選んだ理由やキッカケ

会社のホームページを拝見していた所、その中のブログページで雑貨販売の店番スタッフ募集がされていました。そのブログページから問い合わせたのがキッカケです。

好みの雑貨を販売されているお店だったので、常にホームページを拝見していたので、スタッフ募集のブログを早い段階で見つける事ができました。

小さいお店(会社)での仕事を希望していたので、大きな求人サイトで探すというより、お店のホームページから探すという方法を常に気にして見ていました。

スタッフ募集ページ上には給料面や仕事内容を明確に記載されていた訳ではなく、店番スタッフ募集しています。と内容があまり明記されていないページだったので諸々不安もありましたが、いろいろな条件をお店(会社)側と一緒に決める事ができたので、とても良かったです。

面接時に思った事や感じたことを教えてください

面接前に伺った事は、カチッとした服装でなくて普段のカジュアルな洋服で来てください。との事でした。

スーツよりカジュアルな普段着の方が選ぶのが難しく困った記憶があります。

面接当日は、お店(会社)の終了後の遅い時間からの面接でした。面接に来てくださった方は、自由な社長さんと、唯一のスタッフさん一人でした。

私を含め3人でファミリーレストランで面接をしたのですが、一緒に食事をしながら、和気あいあいとした面接でした。

採用後、イメージしていた面接の感じと違う感じだったと話したところ、フィーリングが合う人を探していた。実力や経験でなく、楽しく一緒に仕事ができる仲間を探していたからだ。という事を聞いて納得しました。

口コミ・体験談

小さいお店(会社)だったので、そんなに毎日たくさんのお客様が来店されて、商品が売れる。というようなお店ではありませんでした。

その代わり、その雑貨を利用した店舗のリノベーションなどのお仕事も合わせてされているお店(会社)でした。

私も店番スタッフとしてスタッフになったのですが、いろいろな仕事をする事になりました。リノベーションの設計業務や現場での作業など。

なんでも一緒にやる。という感じでした。なんでもやる事でいろいろな知識をつける事ができて、その点はすごく良かったなと感じています。

店番スタッフから、いろいろな仕事をやるようになって、契約内容をアルバイトから正社員に変更してもらいました。

大切にしてもらっているとも感じましたし、その分責任感のある仕事を任されるなと嬉しい限りでした。

しかし、小さいお店(会社)だったので、リノベーションの仕事がない時期も往々にありました。リノベーションの仕事がない事が続くようになって、徐々に安定した利益を出す事も難しいようになりました。そうなって、小さいお店(会社)側から給料を値下げして、また仕事が軌道に乗って来たらその分支払う。という条件を提示されました。

小さいお店(会社)だったので、利益が出ていない状況だという事は、帳面を見なくても実感できる状況でした。

私が感じた事は、また仕事が軌道に乗ってくるのか。その点が不安でした。軌道にのるまで我慢をする。という条件に納得ができず、いつまで我慢するのか。我慢という考え方をしたらダメなのか。仲の良い仲間と離れたくない。などいろいろ考え、条件付きで働くという事に後々、不満が出てきてしまうような気がして退職をしたいという気持ちに至りました。

軌道にのるまで待つのではなく、その条件を提示された段階で退職を希望しました。

その後その小さいお店(会社)は潰れた。と聞いています。

当時、給料の値下げに納得をせずに、退職を選択して間違ってなかったなと感じました。

業務内容やスタッフ間の関係はすごく良かったのですが、給料面も一緒にみんなで我慢しましょう。という考え方には理解できません。自分が社長でないので、そう感じるのかもしれませんが、、、

生活をしていくためには、ちゃんとした収入が必要だし学生のクラブ活動ではないので、ちゃんと利益をだしてその上で仲良しの小さいお店(会社)だったら理想だったのにな。と感じています。

また問題だった点として、利益をだす事について、その点はみんなで考えるのでなく、社長が一任されていた所も問題だったかなとおもいます。

仲良しだったんだから、かしこくない頭でもみんなで意見を出し合い、仕事の仕方について相談+行動に起こしていれば、もっと良い結果になったかもしれないと感じています。甘い考え方かもしれないですが、ネット通販やリノベーション営業方法やイベントなどの出店など、利益につながる行動ももっとあったように、今は感じます。その意見や相談を社長にできなかった状況。それを言いやすい環境をつくれてなかった状況が問題でした。

仲間や仕事内容が好きだっただけにすごく残念です。

うまくいく時もうまくいかない時も、安定した利益を出す術を見つけて経営する事はとても難しい事だと、小さなお店(会社)で経験したから感じる事ができました。

良くも悪くも、若い時にこんな経験ができて良かったです。

今の職場も大きくない会社なので、社長と話する事はできる環境です。

社長にはなんでも意見できる良い関係を築けていると思います。そのような環境をつくってくれている社長にも感謝しています。

前の仕事での経験を活かして、楽しく仕事を続けて行きたいなと思います。

やりがいを感じたところ

リノベーションをされるお客様とお話をし、内容を決めていきます。

3ヶ月ほどの長い相談や計画をし、1ヶ月ほどの工事を行います。

半年弱ほどの期間、お客様と密に会い、連絡を取り合って、イメージを共有するのでとても仲良くなります。

長い間イメージの共有をするので、完成したリノベーション空間は必ず満足いただける事がほどんどです。

お客様に喜んでもらえ「ありがとうございます。」と言われる事でとてもやりがいを感じます。

また、そのお客様が雑貨を買い足しに、お店に来店される。など工事後も付き合いができる環境があったので、その度にその時感じた「やりがい」を感じた事を思い出し、日々頑張る事が出来ました。付き合いが続く所が、この仕事の良い所でした。

こうだったらもっと良かった!と思うところ

仕事がもっとあれば退職する事にならなかったのにな。と思います。

お客様の間口を広げて仕事が増える選択をできれば良かったのにな。と感じます。

コアなお客様が来店するお店(会社)でした。好みが偏っていて万人に受けるお店(会社)ではありませんでした。

そのコアな感じが良い雰囲気を作っていて、他にないかっこいいお店(会社)だったので、好きな人にはとても気に入って頂けるお店(会社)でした。

その点にこだわりが強すぎて、万人に受けませんでした。仕事が増えなかった原因は偏った個性だったのかなと思います。よいバランスを保つ事が出来なかった結果でした。

こうしたら利益に繋がるかもしれない。こんな事をしてお客様を増やしたい。など思う事はあっても社長に伝える事は出来ませんでした。

その言える環境が整っていませんでした。

仕事がなかったら潰れてしまうので、

・こだわりを捨てる勇気も大切だという事。(バランスのよい所をみつけるという事。)

・小さいお店(会社)だったからこそ社長にも意見が言える環境をつくる事。

特にその2点が出来ていたら、変わったかもしれないな。と感じます。

変わらなかったかもしれないけれど、やりきった。とかやっての結果だから納得できるような気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

削除依頼フォーム

吹田市のお仕事体験談【NEW!】
雑貨店のお仕事体験談【NEW!】