HOME > お仕事体験談 > ただの金融業者じゃなかった!ダークサイドな体験でした。

ただの金融業者じゃなかった!ダークサイドな体験でした。

  • 投稿日 : 2015-03-23
  • 投稿者 : モンプチさん(40代女性)

総合評価

  • 4.00
  • 充実感

  • 待遇度

  • 自由度

▽ 他の就職支援サイトを確認

この仕事を選んだ理由やキッカケ

田舎から広島に出てきて、とにかく早く仕事を見つけなきゃいかんと思い、広島地区の求人誌で見つけたお仕事でした。金融業に勤めた経歴があったことと、事務所が繁華街にあり交通の便が良いことなどから選びました。

口コミ・体験談

普通にお金を顧客に貸す仕事だと思っていたのですが、この会社は違っていました。昭和の終わり頃から支払い状況が焦げ付いている債権の契約書類が何千件とファイリングされており、私の仕事はなんと逃げた債務者をあらゆる方法で探すこと。当時の契約書に記入されている情報などから各方面の役場に住民票、戸籍の附表など請求します。それをもとに、地図や104を使って近隣に電話をかけ近隣住民のかたに聞き込みをします。転居先がアパートなどであれば、不動産を調べてさらに債務者について聞き込みます。当時の職業が漁師であれば、まだその仕事を行っているかもしれないので、漁協を片っ端から当たります。やむを得ない場合、架空の宅配業者を装って隣近所の住民のかたに本人から連絡いただけないか・・・とお願いしたり。最初は抵抗のある仕事でしたが、慣れると感覚が麻痺してなのか、宅配業者になりきって会話している自分の姿に寒気がしました(笑)近隣の方とフレンドリーに話が弾んでいくなかで、債務者の仕事先が判明したりと、思わぬ収穫があったりもしました。
そうして見つけ出した債務者情報を、交渉担当の上司にバトンタッチするまでが私の業務でした。上司と話し合い、月にいくらかでも支払いを約束させるのが最終形。今考えると、あの仕事って犯罪スレスレ?1990年代でしたし、行政や104体制など至るところに甘さが見え隠れしていたからこそ成り立った仕事かもしれませんが、恐ろしいですね・・・。(もちろん、この会社もとっくに廃業。現在は存在してません。)

こうだったらもっと良かった!と思うところ

調査担当の女子社員が5人ほどいたのですが、頑張った分をお給料に反映させてくれるようなシステムならば、もっとガンガン攻めの姿勢で力を発揮できたかもしれませんね。(でももし現実のそうなっていたら、今頃わたしは道を外してしまっているような気も・・・。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

削除依頼フォーム

広島県のお仕事体験談【NEW!】
金融業のお仕事体験談【NEW!】