アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > お仕事体験談 > ソフトウェア開発は常に新しい事の勉強です

ソフトウェア開発は常に新しい事の勉強です

  • 投稿日 : 2015-04-28
  • 投稿者 : かまのさん(40代男性)

総合評価

  • 2.00
  • 充実感

  • 待遇度

  • 自由度

▽ 他の就職支援サイトを確認

この仕事を選んだ理由やキッカケ

求人情報誌(名前は忘れました)を見て。その前に勤めていた会社も同業種でした。
前の会社はバブルの影響で人員削減が行われ依願退職しました。その後2年ほど求職活動を行いました。
該当の会社はブランクがあった状態でも採用していただけたので選びました。

口コミ・体験談

納期直前で自らのミスでバグが判明し徹夜対応となり、上司に納入先に納期延期をお願いしていただいたという苦い思い出があります。
工場に納入した管理システムの納入後稼働確認のため工場に一晩寝泊りした思い出もあります。
また車載コンピューターのテストでは、発売前のテスト車両を見ることができ、車好きの方にはたまらないであろう体験もできました。
ただ、コンピューターやソフトウェアの知識だけでなく、対象となる業務に関する知識を常に勉強し、年毎にプロジェクト毎に代わる開発環境に常に学習していかなければならないため、一度覚えたことを単純にこなすのが仕事と考えているとやっていけないと思います。
また、自社で開発するだけでなく、契約社員、派遣社員として外部に常駐することも多いため、客先企業に合わせて勤務時間や勤務環境に柔軟に対応できる姿勢も求められるかと思います。勤務地まで徒歩5分のところもあれば、徒歩25分なんてところもありました。常駐先の方針で冷房28°までとかで真夏日の勤務は地獄でした。
またフレックス制度はありましたが、上に上げたように客先常駐した場合、自社の印象をよくするためにあえてフレックスは使わないよう指導されたりするので、基本的に時間にルーズであると問題です。(これはどの職種でも同じですが)

やりがいを感じたところ

ソフトウェアは目に見えないものではありますが、そのソフトを搭載した製品が発売されるとわくわくしました。
開発した車載コンピュータが搭載された車が発売され、実際に道路で走っているのを見るとうれしかったですね。
あとは長い開発期間を経て、最後の段階のテストが大きな問題もなく無事終わった後は、なんとも言えない達成感がありました。それこそ納期ギリギリの徹夜の状態だったりすると一緒にいたチームのメンバとの一体感がすごいです。

こうだったらもっと良かった!と思うところ

会社の補助による教育がもっと充実していたらよかったと思います。常駐している場合常駐先のご厚意で教育を受けることもできましたが、派遣社員に関する法律が厳格になっている現在では、常駐、請負、派遣の形態にかなりうるさくなっており、教育に関してはあくまでも自社で行わないといけないんですけど、セミナー等もそれなりにお金と時間がかかるので、ほとんどは各社員の熱意と個人負担になってました。
また、業務の多忙や効率化の波の中で、体調を崩したり精神的に病んでしまった社員に対しての理解がまだまだ足りない(よくある精神論がまだ当たり前に言われる)と思います。一応外部委託のカウンセラーの方によるサポートは行われていましたが、拘束力はなくあくまで助言のレベルであったと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

削除依頼フォーム

愛知県のお仕事体験談【NEW!】
結婚式場のお仕事体験談【NEW!】