HOME > お仕事体験談 > 旅の拠点を支える仕事、時間をしっかり守れる人向きです。

旅の拠点を支える仕事、時間をしっかり守れる人向きです。

  • 投稿日 : 2015-05-11
  • 投稿者 : けんたレモンさん(30代女性)

総合評価

  • 4.00
  • 充実感

  • 待遇度

  • 自由度

▽ 他の就職支援サイトを確認

この仕事を選んだ理由やキッカケ

きっかけはタウンワークのサイトで求人募集を見てネットから応募しました。一度空港で働いてみたかったという気持ちと給与がよかったので応募しました。書類を会社に送付しその後書類が通って面接に呼ばれました。そのあとはすぐに採用の連絡が来ました。

口コミ・体験談

基本的にはお客様の荷物をバスに積んで行き、時間になったら乗り遅れがいないことを確認して出発の合図をだします。バスが出て行けば次のバスに備えて整列します。これの繰り返しですがその合い間にイレギュラーとして質問を受け、バス乗り場に立ってチケットの購入に困っている人に説明をしたり、時には発券したり、離れているスタッフと運行情報について常に無線でやりい取りをして手早く動くことが求められます。また行き先や積み残しがないように、積んだ荷物が輸送中に破損しないようにと少しのミスも許されない職場です。バス会社や車種で乗れる人数やトランクルームの構造も変わるので知識も必要になってきます。バスや旅が好きでないと相当大変かもしれませんが、逆にバスに興味があれば天職ともいえる職場でしょう。絶対ではありませんが、スムーズな業務を行う為に英語や韓国語が喋れると場所柄重宝されます。また、1回の勤務にあたる拘束時間が長いので給料は良いです。男女別に大部屋ですが寮もあり、お風呂にも入れます。寮までは集団で送迎があるので稼ぎたい人には短期間で稼げるのもメリットです。また年齢層が幅広く20歳の女性から中高年の男性までいろいろな人が勤務しています。冬は外仕事でずっと立つため寒さに強い人が向いているでしょう。

やりがいを感じたところ

空港という場所柄、毎日お客様もやってくるバスの運転士さんも違う人なので様々な出会いがありました。イレギュラーな出来事が多く何が起きるかわからない現場は緊張感とともに責任感もないと出来ない場所でした。時間通りに案内しないといけない職場で遅刻厳禁、何がおきても臨機応変に対応してバスの遅れを出させないことも大変でしたが、バスを待っているお客様とのちょっとした時間に会話が弾み様々な理由で空港を利用している話しが聞けました。中には二度と会えないかもしれない遠くの外国人がいたり、かと思えば数ヶ月前に出張で利用して覚えててくださった方との再会などもありました。運転士さんの安全を願って出発を見届けるのもやりがいのある業務でした。

こうだったらもっと良かった!と思うところ

空港の中には同じ業務を担当していても複数の会社がありました。会社によって研修の充実度やマニュアルの教育が全く違いました。自分の所属していた会社はマニュアルがなく、見よう見真似で覚えていくしかありませんでした。教えてくださる現場の先輩がいて人間関係に恵まれていたのでよかったのですが運が悪いと手探りでやる毎日になります。統一感がないと結局時間のロスやお客様へのサービスの低下にもつながってクレームになりまねませんでした。簡単な流れだけでも研修時間というものがあれば違うのではないかと思う事はよくありましたし、実際に覚えられなくて退職していく人も多かったです。現場に立つスタッフ以外は管理職は一線離れていたので管理している上司とはコミュニケーションがもっとあればよかったとも思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

削除依頼フォーム

東京都のお仕事体験談【NEW!】
金融業のお仕事体験談【NEW!】