HOME > お仕事体験談 > 調剤事務での仕事内容 埼玉県川越市辺☆ 調剤事務は稼げない

調剤事務での仕事内容 埼玉県川越市辺☆ 調剤事務は稼げない

  • 投稿日 : 2018-08-10
  • 投稿者 : マカロンさん(30代女性)

総合評価

  • 2.00
  • 充実感

  • 待遇度

  • 自由度

▽ 他の就職支援サイトを確認

この仕事を選んだ理由やキッカケ

ハローワークで見つけていただいたのがきっかけで応募しました。

条件として駅から徒歩5分以内で事務かオフィスワーク、正社員でボーナスあること、週休2日で日曜休みであればなんでも良かったので近くのハローワークに行き見つけていただきました。

他のサイトなども見ていたのですが川越付近だとなかなか正社員の仕事が無くて、探すのにとても苦労しました。

なので給料面などはあまり気にしないで決めました。交通費が全額出るのも良かったです。

ハローワークの方も離職者が少ないからおすすめだと話していましたし、特別パソコンのスキルが必要な訳でも無いので安心出来るなと思いました。

調剤薬局だとブラックなイメージもあまりないなと思ったのも決め手の一つでした。

面接時に思った事や感じたことを教えてください

社長と専務、経理など担当している方、の3人で面接をしていただきました。

実際の薬局で面接していただいたのでお店の雰囲気などが分かって良かったなと思います。

履歴書を見ながら志望動機や今までの仕事内容を聞かれて答えていくという流れでした。

業務の内容、給与形態、注意事項などを説明していただきなごやかな空気であまり緊張するような感じはありませんでした。

お店の中も案内していただき薬局長や働いてる方にも実際挨拶させていただきました。

不安な点や質問が無いかなど優しくきいてくださったのが印象に残っています。

その場で採用が決まり、面接=ピリッとした怖い雰囲気というのが無くなった良い面接でした。

会社によって全然違うのだと思いました。

口コミ・体験談

10時からの勤務でしたが、早く来て白衣に着替えてトイレや店内、お店の外を掃除したりする作業がありました。9時15分から20分には皆来ていたのである意味朝残業だなと思いました。職場の方は私を入れて4人だったのですが皆さん良い人でその点は働きやすかったです。

私は受付と調剤補助、経理売上確認など一般事務の仕事を担当しました。

患者さんが持ってきた処方箋をもとに保険情報や調剤された薬の情報を入力していきます。

病院でも出してるからと言ってなかなか保険証を出してくれない患者さんがいて激怒する人もいたりして怖い思いをしました。

混雑してる時にせ感話をする患者さんもいたり、それをどうかわすかもスキルが問われます。

処方箋の入力が終わったら次は薬剤師の補助です。

人数が少なかったので薬を入れる袋に患者さんの名前や服用方法などを手入力することもありました。

今は国がジェネリック薬品を進めていることもあり先発品と間違えていないか、処方箋の内容と相違がないか確認作業です。

処方箋が最初からジェネリック薬品で書かれていればよいのですが、先発品の場合は患者さんに確認しなければならないので年配のかたには説明自体が大変でした。

薬が合っているか、日数や服用方法、飲み合わせなどを薬剤師が確認していくのですが薬剤師が一人の時は私たち事務が一緒に確認しました。

塗り薬が出たときは薬剤師が薬をはかり、金属のへらのようなものであわせて混ぜるという作業もしました。

何の免許も持っていない私がこんな事して良いのかといつも不安に思っていました。

へらはケーキの生クリームをぬるへらみたいで面白かったのは事実です。

患者さんがこない時間は売上報告書を本部に送ったり、銀行に行ったり、買い物に行ったりしていました。

たまに遠くの病院の処方箋を持ってきてくれる患者さんがいるのですが普段置いていない薬だと近隣の薬局さんに電話をして在庫が無いか確認してあれば小分けしていただくこともあります。

自転車で調べて買いに行きます。真夏と真冬は地獄です。

本当につらい仕事でした。

処方箋が無くてもかえる化粧品や日用品も置いていたのでその商品のポップを作ったりするのは楽しかったです。

試供品をいただいて自分たちで実際に試してから作るので本当に思ったことがかけますし、患者さんにもすすめやすくサービス業の面もありました。

こんなにいろんな業務をするのにも関わらずお給料面はバイト並みでした。

2年に一度薬価改正というのがあり点数や点数の取り方がかわります。

その勉強もするのでずっと同じ作業だけでなく、勉強すればするほど奥が深くて向上心のある人はどんどん吸収していけると思います。

同じ流れ、作業を自分なりに工夫したり患者さんと積極的にコミュニケーション取れたりできる人は本当に向いている仕事だと思います。

誰かの為に、役に立ちたいとか思える人は長く続けている印象です。

休みが取れない、給料が低いと言って辞めてく人が多いのでその点をふまえて就職されると良いと思います。

月に1回保険請求する作業もレセプト請求というパソコン請求でできるので簡単でした。

生活保護のかたがたくさんいるのもびっくりしました。

保険証がなく国のお金がここに使われているのだなと知りました。

当たり前ですが保険関係や薬のことには詳しくなります。

薬剤師と仲良くなればいろいろ教えてくれます。

ただ薬なのでミスは許されないので毎回緊張していました。

集中力と忍耐力も必要だと思いました。高齢者の方がこれからどんどん増えていくと思うので調剤事務として寄り添えるともっと良い仕事ができると思います。

やりがいを見つけるのも仕事だと思います。

やりがいを感じたところ

出来る仕事が増えてくことは楽しかったです。

定期的にくる患者様と仲良くなったり声をかけていていただくことは嬉しかったです。

ただ処方箋を受け取り入力していくという作業だけれども、その中で薬剤師さんの補助ができたり患者さんの為に何が出来る事があるっていうのはとてもやりがいを感じます。

薬局なので売り上げをあげるといのも変なのですが、この薬局だからいつも来てくださってる患者さんがいてコミュニケーション力が鍛えられるなと思います。

また、いろんな人が来るので人見知りが治ります。

絶対患者さんと話さなければならないし、臨機応変動いたりするので応用力も自然とついていくのではないでしょうか。

どんな仕事もそうですがミスをしてそれを乗り越えながらどんどん成長していくのではないかなと思います。

こうだったらもっと良かった!と思うところ

まず朝の掃除!!机ふきとか5分くらいで終わるならまだしも30分以上掃除する時間があるのだったら始業時間を9時半からにした欲しかったです。

あと近くのクリニックに合わせてお休みをとるので長く休みがある場合は多店舗へ応援として働かなくてはいけない点。人数が少ないので普段休みが取れないのでその時くらい休ませてほしいと思いました。

また薬剤師が1人のときは事務が薬を確認したり発注することもあるので、責任あり仕事が苦手な人には不向きなのかなと思います。

もう薬剤のことは薬剤師がやる事務の作業は事務がやるという線引きがもっとあると良いなと思います。

お休みの件も、人数が少ない店舗だと1日有給を取るのに他の店舗から応援に来てもらわないといけないのでとても困りました。

たくさん人数がいる店舗では有給が取りやすいなどあり平等に取りやすくしてもらえるといいなと思います。

会社の飲み会やイベント事がけっこう多くて本当に大変でした。自由参加といいながらもほぼ強制参加でした。

不参加の人は白い目で見られました。下っ端の私は絶対参加。

今時こんなの流行らないし辞めたほうがいい。年に1回くらいで丁度良いと思います。あと女性が多いので人間関係は大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

削除依頼フォーム

川越市のお仕事体験談【NEW!】