アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > お仕事体験談 > 保育士は上司によって働きやすさが決まると言っても過言ではない

保育士は上司によって働きやすさが決まると言っても過言ではない

  • 投稿日 : 2018-08-14
  • 投稿者 : Nanaさん(20代女性)

総合評価

  • 3.00
  • 充実感

  • 待遇度

  • 自由度

▽ 他の就職支援サイトを確認

この仕事を選んだ理由やキッカケ

短大にきていた求人票を見て。周囲のみんなが就職が決まり、私だけが就職も決まらずあてもなく毎日就職支援室に通っていた時に、ふらりと開いた求人票がこの保育園でした。保育士になるために短大に入ったものの、世間での「給料が低い」「残業が多い」との言葉に影響され、保育士になる気にはなれませんでした。ですが、私が見た求人票には「残業無し」そしてほかの保育園よりもずっと高い給与が示されていました。私の働きたいエリア内での求人だったこともあり、すぐに受験の準備に取り掛かったことを覚えています。友人達の就職がどんどん決まっていく中、不安を感じる毎日だったこともあり、求人票を見てから面接まであっという間だったような気がしています。

面接時に思った事や感じたことを教えてください

会議室を使い、穏やかなご婦人2人との2対1での面接でした。事前にエントリーシートと小論文を保育園あてに郵送で提出していました。小論文の内容は「幼保一元化について」だったように覚えています。まず面接をしているなかで感じたことは人柄重視ではなく、学力重視なのではないかと感じました。何をしてきたか、何がしたいか、などの質問はなく、「5領域を答えてください」「児童福祉法の、、、」など、保育に関する知識、教養を重点的に聞かれました。面接官のふたりは終始にこやかな表情で威圧感などは感じませんでしたが、ただひたすら専門知識を問う面接であったことには違和感を感じました。私が知識に自信が無いこともあり、苦しい面接でした。

口コミ・体験談

仕事の良かった点はシフトの調整がしやすく、窮余がしっかりしていたことです。月に17日の勤務の中で、勤務を要さない日を指定することができました。早番の場合は16時退勤、遅番の場合は9時30分に出勤など自分の予定に合わせて働くことが出来ました。有休についてもできるだけ消化しやすいように勤務体制も整えてくれる職場でした。小さい保育園だったこともあり、周囲の上司と連携を取りながらうまく休暇をとっていました。給与の面でも手取りで21万円と1年目の保育士のなかでは多く給与をいただけました。いまいちだった点は、小さい保育園だったということが原因なのか、みんながそれぞれ行事などの仕事を抱えており、忙しかったことです。日々の保育の相談もなかなかしにくい環境にあり、保育業務に難しさを覚えることは多くありました。自分自身の担当児のなかにももちろんそれぞれたくさんの事情がある家庭であったことは確かであり、すぐにでも相談したい状況ではありましたが、難しい環境におかれることが多かったです。発達に問題があるよう子どもたちについても、相談は持ちかけていても何かの片手間に話すことがどうしても多くなってしまい、自分自身が常に不安を抱えることもありました。情報の共有がどうしても甘くなりがちで、先輩保育士とも互いに不安を抱えていたのではないかと思います。不安を抱えたままの業務だったことで、なかなか眠れない日々があり子どもたちの昼寝中に自分も一緒になってうとうとしてしまったり、事務作業のすすみが悪くなる事があったりしました。事務作業がすすまなければ、保育業務を抜けて事務作業をすることになり、同じクラスの担任の保育士に迷惑をかけてしまう形になってしまったことも何度もあります。残業不可なのはありがたいことがおおかったのですが、自分の責任で出来なかったことで残業は許されず、ほかの担任に迷惑をかけてしまう形になっていたことはあま好ましくなかったです。業務を終えたあとの飲み会の回数も多く、どんな上司との飲み会も全てピッタリと割り勘だったので、何度も飲み会にいく辛さがありました。もちろん交流を深めようとしてのお誘いだったのでもちろん喜んで行っていましたが、帰り道に財布の軽さに驚く回数多かったです。休憩室では上司部下問わずその場にいるみんなで会話を楽しむこと前提となっており、入社したばかりの頃は休憩時間が何よりも辛いものでした。仕事の良かった点はシフトの調整がしやすく、窮余がしっかりしていたことです。月に17日の勤務の中で、勤務を要さない日を指定することができました。早番の場合は16時退勤、遅番の場合は9時30分に出勤など自分の予定に合わせて働くことが出来ました。有休についてもできるだけ消化しやすいように勤務体制も整えてくれる職場でした。小さい保育園だったこともあり、周囲の上司と連携を取りながらうまく休暇をとっていました。給与の面でも手取りで21万円と1年目の保育士のなかでは多く給与をいただけました。いまいちだった点は、小さい保育園だったということが原因なのか、みんながそれぞれ行事などの仕事を抱えており、忙しかったことです。日々の保育の相談もなかなかしにくい環境にあり、保育業務に難しさを覚えることは多くありました。自分自身の担当児のなかにももちろんそれぞれたくさんの事情がある家庭であったことは確かであり、すぐにでも相談したい状況ではありましたが、難しい環境におかれることが多かったです。発達に問題があるよう子どもたちについても、相談は持ちかけていても何かの片手間に話すことがどうしても多くなってしまい、自分自身が常に不安を抱えることもありました。情報の共有がどうしても甘くなりがちで、先輩保育士とも互いに不安を抱えていたのではないかと思います。不安を抱えたままの業務だったことで、なかなか眠れない日々があり子どもたちの昼寝中に自分も一緒になってうとうとしてしまったり、事務作業のすすみが悪くなる事があったりしました。事務作業がすすまなければ、保育業務を抜けて事務作業をすることになり、同じクラスの担任の保育士に迷惑をかけてしまう形になってしまったことも何度もあります。残業不可なのはありがたいことがおおかったのですが、自分の責任で出来なかったことで残業は許されず、ほかの担任に迷惑をかけてしまう形になっていたことはあま好ましくなかったです。業務を終えたあとの飲み会の回数も多く、どんな上司との飲み会も全てピッタリと割り勘だったので、何度も飲み会にいく辛さがありました。もちろん交流を深めようとしてのお誘いだったのでもちろん喜んで行っていましたが、帰り道に財布の軽さに驚く回数多かったです。休憩室では上司部下問わずその場にいるみんなで会話を楽しむこと前提となっており、入社したばかりの頃は休憩時間が何よりも辛いものでした。

やりがいを感じたところ

自分から子どもたちに声をかけ誘った遊びで遊びながらわらう子どもたちを見た瞬間に何よりものやりがいを感じました。「せんせーもやろ!」と屈託のない笑顔で手を引く子どもたち、そしてそのエピソードをお迎えの際に伝えると、表情が仕事をする人から「親」に変わるお母さんやお父さん達。その日1日のなかで、少しでも「楽しい」「嬉しい」と思ってもらえる瞬間を作れることは保育士の醍醐味だと思っています。1日の保育業務の全てがうまくいかず、子どもも不機嫌になり、自分自身も自信を無くしてしまいそうになる日ももちろんありました。はじめこと悩んでしまいましたが、見方を変え方法を変え、子どもたちが笑ってくれることだけをイメージして日々の業務にとりくむこと、それが私にとってのやりがいでした。

こうだったらもっと良かった!と思うところ

シフトの面でも自由をいただいて、給与の面でも申し分ない環境でした。毎日めまぐるしく変わっていく保育の現場において日々の情報共有は徹底していただきたかったです。残業がない分、日中の保育の時間を使って行事の準備をすすめていたことは確かです。残業を減らし、尚且つ職員全員が休憩をとるためには致し方ないことだったことも理解しています。ですが、正職員の方と比べ出勤日数が少なかった非常勤保育士にとっては情報が欲しかったです。ささいなことであっても情報を共有することで防げる事故があることは働き始めたばかりの私にもわかっていました。そして、情報共有がされていないことが、保護者の方に伝わってしまうとそれは不安の要因となってしまうことも感じていました。お昼寝の時間に日誌を書くついでにSlack、LINEなどのチャットアプリを使ってクラス担任のその時の抱えている仕事の量などを理解できたら、もう少しうまく仕事が回ったのではないかと思っています。担任どうしLINEは交換していましたが、基本的にプライベートと仕事をキッチリ分けるタイプの方が多くほとんど活用することはありませんでした。日誌なども全て手書きでなくてはならず、デジタル機器をもう少し積極的に取り入れて良いのではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

削除依頼フォーム

大田区のお仕事体験談【NEW!】
福祉のお仕事体験談【NEW!】