アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > お仕事体験談 > 仕事内容のやりがいはあるが仕事量の過酷さと低賃金が残念

仕事内容のやりがいはあるが仕事量の過酷さと低賃金が残念

  • 投稿日 : 2018-08-20
  • 投稿者 : しかってぃさん(30代女性)

総合評価

  • 1.00
  • 充実感

  • 待遇度

  • 自由度

▽ 他の就職支援サイトを確認

この仕事を選んだ理由やキッカケ

indeedというCMでもやっている無料サイトを見て「楽しく和気あいあいとした雰囲気の職場です」のようなフレーズと年齢層が幅広いという文句に惹かれて応募しました。

主婦層が働ける時間帯で気楽にスタートできるパートの仕事を探すのはこの地区では結構大変で周りはオシャレなカフェやお昼に行列するレストランのスタッフなどが多かったのでフロント業務であれば年齢層も幅広く受け入れてくれるようなので自分にもできるかなと思ったため。最寄駅から近いのと時給が地区の割に高すぎないところが仕事が大変でない証拠では!?と思いました。学生時代に飲食系のアルバイトをした際とても大変だった思い出があったため飲食以外のお仕事だったら続けられるかなと思いました。

面接時に思った事や感じたことを教えてください

面接は通常面接官と個室でじっくり話して行うものだと勝手に思っていましたが、フロント前のだだっ広いテーブルと椅子だけの箇所にちょこんと座らされ履歴書をテーブルにバーンと置かれてすごく近い距離で行われました。情報誌に書いてあった情報が少なかったため細かいことや質問を面接時に個人で聞かなければならなく前もって聞きたいとおもっていたことをまとめておけばよかったと思いました。実際情報誌には交通費の支給の有無や仕事の詳細などを細かく記載されていなかったため聞かなければなりませんでしたが聞きづらい情報でした。面接官を担当したスタッフの方が優しかったので大丈夫でしたが普通の面接とちょっと違うな、と感じました。

口コミ・体験談

仕事の概要としては「フロント業務」という大きなくくりだったのですが、実際の仕事量は今までしてきたどのアルバイトやパートよりも過酷なものでした。私がアルバイトを開始した月の前2~3か月でアルバイトさんが5人ほど退職したというお話を聞いて納得しました。年齢層の幅が広いけれど仕事の覚える量と労働の責任感は尋常ではなかったです。新人のうちは失敗が許されるかな・・というのも甘い考えで1つでもミスをしようものなら魔女狩りのように犯人探しが始まり、PC入力業務に関しては操作履歴を全部調べられその時間にシフトに入っているスタッフから尋問されていきます。PC入力以外での業務はすべて手作業や手書きのため字の書き方やクセで「これやったの○○さんやな」と調べ上げられすべてのスタッフが常に緊張の中業務を行っている様子でした。サービス業ということもありお客様に臨機応変に対応しなければならない作業があったりしてこちらがサービス向上のために対応してもマニュアルに沿ってない、上に一言言ってからでないと決めてはならない(もしくは変更してはならない)などと決まりが細かく、従事するとお客様から「もっと悋気尾上変に対応してよ」「対応が下手すぎ」などのクレームを言われたりします。クレームだけならまだしも大声で怒鳴られたりもするので対応に追われた上に上からも文句を言われ泣き出す従業員もいました。そのせいかスタッフがどんどおん辞めていくのにもかかわらずアルバイト情報誌やネットに乗せても応募してくる人が少なく、少し働いて「私にはついていけない」「私には耐えられない」と辞めていく人が後を絶たなかった。ずっと働いている耐えてきた従業員は長年勤務の人が多いため新人への教育も積極的でなく「これくらい聞かなくてもわかるでしょ」という雰囲気がありました。実際丁寧に教えてくれるスタッフは1~2人はいたし、雰囲気は一見悪くないように見えたのですが仕事の覚えが悪い同僚に対してはその人がいないところで「○○さんと一緒のシフトの時やばい」「○○さんと同じ時間帯はしんどい、ご愁傷様」などと陰口を言い合うスタッフの姿も見られました。その割に時給は安く市内の最低賃金ぎりぎりのところでした。情報誌やネット情報にはフロント業務1000円、と記載されていて4ケタの高時給アルバイトのような印象からすぐに応募したくなるのですが実際は最低賃金スタートが研修中の条件。ただ、この研修中でほとんど業務をマスターしなければならないので1000円時給に到達する前にみんな挫折してしまいます。市内最低賃金でこの業務内容と仕事量だったら他のアルバイトやいやだと思っていた飲食系のランチタイムのほうがよっぽどよかったのかもしれない、周りにもっといいアルバイトがあるんじゃないのと友人に言われるとそうかもしれないと我に返ります。業務を覚えるために教育係をつけ、マニュアル化したほうがいいのではないかという意見も出したがトップの人の意見が絶対で何を言っても「今のままの体制できたからこのままでいくねん」の一点張りです。それでも会社自体は大きく黒字なのをすごく誇っているようでした。雨が降ったりして客足が少なくなりそうなときは(アウトドアが本来のベースフロアのサービス業なので)午後シフトの人は3人体制の中から1人当日にシフトカットされます。給料保証ももちろんありません。

3人の中から選抜されるのは距離が遠い人(雨の中の行き来が大変だからという理由)社員・契約社員以外の人の順番です。交通費が支給されないことから自転車や徒歩で通勤する人が多く雨が降ると通勤が大変だろうとあたかもいい企業のふりを装ってバッサリシフトを切っていくなかなかのブラック企業です。

やりがいを感じたところ

作業内容が複雑でいろいろなことを同時に進行していかなければならない業種なのですべてが片付いた時のやった感が感じられるのが唯一のやりがいでした。

サービス業ということもあるので困っているお客さんや手助けが必要なシーンなどで忙しくても上手に対応ができた際に感謝されることがうれしいです。

毎週同じ曜日に同じお客様が来校されることもあって顔なじみになるパターンが多く、私生活の話やちょっとしたエピソードなどを聞けたり通ってくる小さいお子様の成長を見れる喜びはありました。上司や同僚から感謝されたり感謝したりは一切ないのでお客様対応の際にやりがいを感じることが多いです。それ以外に知らなかったことを学べたり、新しい情報を知ることができる喜びもありました。

こうだったらもっと良かった!と思うところ

業務の8割が手作業や手書きのため、この時代にこれを全部手書き!?(しかも鉛筆)というシュールな状況が笑えないくらい忙しい中で行わなければならないためその点を1番改善してほしかったです。もともとあるスタイルを変えたくないというトップの気持ちは分かりますが、利用者の名前や人数をすべての施設ごと全部手書きで記載し、それを毎日毎日更新していかなければならないという無駄な作業が1番改善してほしかったです。結局、あとでトップの人が別のPCに入力する作業がある、というのを聞いて「じゃあなんで最初からPC入力にしないの!?」と思っていました。それでもはむかうと「誰だ、そんなことを言っているのは」とまた魔女狩りにあるので誰も口にはできませんでしたが。

とにかく仕事量の割に従業員数が少ないのでみんなが必死で作業するためフロント業務なのに笑顔がゼロだったのが非常に残念に思います。仕事のマニュアル化と作業の分担化を図れば自然と仕事が円滑に進み、笑顔で接客できるシステムになるのではないかとひそかに思っていました。他にも同じようなことを思っている従業員も少なくなかったのですがトップがすべての権限を握っているため言えませんでした。1番こうしたらよかったのに、と思うのはやり方を変えないトップの社員さんが全員本社から子yタイになればいいのに、ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

削除依頼フォーム

大阪市のお仕事体験談【NEW!】