アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > お仕事体験談 > 和食のバイトで着物の所作の美しさを身につけ上司にも部下にも好かれよう

和食のバイトで着物の所作の美しさを身につけ上司にも部下にも好かれよう

  • 投稿日 : 2018-08-20
  • 投稿者 : ミミさん(40代女性)

総合評価

  • 3.00
  • 充実感

  • 待遇度

  • 自由度

▽ 他の就職支援サイトを確認

この仕事を選んだ理由やキッカケ

和服で飲食の仕事したくて応募しました。

がんこはお屋敷で食事できるところが地元にあり、よく家族で庭を見ながらランチしてました。働くバイトさんを見ていて、がんこで働くのもいいなと思っていたからです。

きっかけは和装着付けの免許を持っているのに使えてない現状から活かしたくてしました。

和服が好きで着付けを学んでました。でも日常で和服を着る機会が少なく、スキルを保つためにも着る機会を作った方が早いと思ってました。和服の接客で探していたので採用されたので、バイトできる運びとなりました。

飲食のバイトは過去にもしたことがあり、お客さんの雰囲気が和やかな場所なので好きでした。接客の仕事も人と触れ合う機会が嬉しいので楽しくさせて頂いてました。

面接時に思った事や感じたことを教えてください

面接は店舗の支配人としました。 簡単な受け答えのみで採用が決定しました。 採用するプロだと感じました。

耳の良い人には私は声を褒められる機会があるのですが、私の個性をすぐに見極めたのが、さすがだと思いました。 声が心地よいと言われて嬉しかったです。実際がんこでは、声を出して仕事する場所なので声の良さも決め手になったのかもしれません。面接も人との相性だと思いますが、感じの良い受け答えして人間的に好感を持ってもらえれば採用に近づくのではないでしょうか。

私の場合 、面接者に会って二言三言話したぐらいで、すぐに声が心地よいと言って頂き 私の方も面接者に好感を持てたので採用の話が早かったのかもしれません。参考になれば幸いです。

口コミ・体験談

飲食のバイトはお客さんの雰囲気が和やかな場所なので、接客の仕事も楽しかったです。過去にも飲食のバイトをしていたので楽しい雰囲気の中、気の利くサービスができるようになりたいと思って仕事してました。

和服の接客では洋服の接客とは明らかに所作が違います。

着付けを学んでいたのでわかるのですが、所作がより女性らしく美しく見えるのです。

お客様の接客をするとき、動きはスムーズにもてなしの心遣いは動き一つ一つに表せられる。例えば品物を提供するとき、袖を押さえて品物を提供する。 団体さんのお客さんだと一緒に写真撮影を希望されたりします。

お客様の思い出をひと時でも共有できたのはとても楽しかったです。

私が行ってた店舗はモチベーションが高く、店舗で目標持って仕事してたのが素晴らしかったと思います。

社員少しと大学生のバイトで回すという環境にも関わらず、志を一致団結できていたのは、チームワークを大切にする社員の努力の賜物だと思って尊敬しています。

全国で成績を競ってイベントをしてたのですが、優勝店舗になってました。私がいたときは、マグロの解体ショーをしたり、お客様を動員するイベントをしていました。

和装接客バイトは着替えの時間があるので、 始業するのに準備がいります。着付けは慣れるまでは1時間くらい余裕がないとできないと思います。慣れると30分以内でできますから時間のやりくりも楽になれると思います。

ご自身が着物を好きかにも、よると思うのですが、バイトするときの着るものが素敵なら仕事するモチベーションって上がったりしませんか? 同じように働いてる女性はやはり、着物好きな方ばかりでした。更衣室で話す機会があるので、すぐに着替えられる洋服の接客より、顔を合わず時間があるので、顔見知りもできると思います。

私がいた店舗はたいていバイトは大学生か、主婦の方でした。私は社会人ながら仕事してたので、大学生よりかは主婦の方との方が話しやすかったです。

私は半年ほどで都合がつかなくなり辞めました。

和食のバイトは初めてだったのですが、メニューが3ヶ月ごとに変わるのが負担になってました。

メニューにないオーダーを受けることがあってそれも初めは戸惑いました。飲み物のオーダーで ハーフとか、ダブルとかはメニューになくても飲食のお酒を扱うお店では一般的に存在することを、初めて知りました。メニューにないオーダーがあることは、良い経験になりました。上記のことは失敗談でもないですが、飲食のバイトするなら知っていて損はないかと思います。

イマイチだと思ったことはほとんどないけれど、強いて言えば更衣室がお店から歩いて10分以内のところにあったので、移動にも着替えにも時間が多くかかってしまうところ。近くに更衣室を借りるという話があったのに私がいた半年は実施されませんでした。他のバイトさんがどう思っていたか知りませんが不満に思っていた人もいたと思います。

相対的に料理のこと、魚のこと、和服のことなど知る経験ができて私自身は良かったと思っています。和装接客をしたい方は検討して頂いてもいいと思います。バイトを大切にする良い会社だと思います。食材に関してもがんこはこだわりを持っています。飲食の仕事は安全が第一だからです。品質良く美味しい、感じの良いサービスを提供することでお客様に何度も足を運んでもらえるよう工夫と努力しています。実は食器も高いものを使っております。

割ってしまうと損害なのですが、バイトのミスを大らかに受け止めてくれると支配人の言葉を面接時に聞きました。そういう人を育てることを大切にしていたので、私も頑張れたのだと思いました。

やりがいを感じたところ

お客様に満足して頂けるサービスを提供できたときです。シンプルにお礼を言って頂けたとき嬉しかったです。笑顔が良いとか褒めて頂いたときも嬉しいです。

働く側としては社員さんに仕事を覚えるまで何度も何度も根気よく相談にのって頂いたことも嬉しかったですし、頑張ろうと思うモチベーションに繋がりました。

お給料は夜遅いシフトだと時給が上がるので入れるときは23時までしてました。だいたい人もバイトは22時過ぎると帰らないといけない人が多く、私のような一人暮らしの人は遅くまでシフトも可能なので、助かっていたようです。だいたい遅い仕事は終業前の片付け、食器の片付け、明日の予約席の準備でした。食器の片付けは重いものも多く体力も使いました。

こうだったらもっと良かった!と思うところ

作業の機械化があれば効率的に仕事できるのかと思ってました。機械はあったと思いますがマンパワーによるところが多かったように思います。予約のシステムなど、バイトの立場では知らないものもあったと思いますが。

良かった点はお土産など物販も美味しいものを販売していること。お店で食べられるお寿司もありましたが、お店で食べられないスイーツなど手軽に食べられるものを提供していること。バームクーヘンは賞を受賞してました。このバームクーヘンはインターネット販売しているかわかりませんが、販売してもいいと思います。

他にも物販の範囲を広げてもいいかもしれません。例えばお子様向けのおもちゃをつけたりして購買層を広げるのもいいかもしれません。がんこの客層は大人の落ちた人が多かったですが、子供を連れて行けるような品の良さもあるので購買層を広げるためにも。泥酔するお客様もないわけではなかったのですが、ごく少数でした。全体として雰囲気良いですし、上品過ぎずカジュアル過ぎない居心地の良さが魅力なのかもしれません。お客様もその雰囲気が好きで通ってる方が多かったです。常連さんも多かったです。たまにチップを頂いてました。バイトは大勢いるのに顔を覚えてもらって声をかけられたときは嬉しかったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

削除依頼フォーム

大阪市のお仕事体験談【NEW!】
飲食業のお仕事体験談【NEW!】