アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > お仕事体験談 > 東京都中央区でのアルバイト。とにかく上司がきつくて辞めたかった

東京都中央区でのアルバイト。とにかく上司がきつくて辞めたかった

  • 投稿日 : 2018-08-20
  • 投稿者 : まさみさん(30代女性)

総合評価

  • 2.00
  • 充実感

  • 待遇度

  • 自由度

▽ 他の就職支援サイトを確認

この仕事を選んだ理由やキッカケ

もともとその百貨店で買い物をするのがとても好きで、とても憧れがありました。学生時代に採用試験を受けたこともあるほどでした。残念ながら当時は採用されず、別の企業に就職しました。その後結婚し専業主婦になったのですが時間があったため医療事務の専門学校に通ってみることにしました。そこで出会った方に、アルバイト採用で構わないなら紹介できると言われ、お願いして面接を受けさせてもらえることになりました。その方が紹介してくれたのはお歳暮とお中元の際の接客・販売の担当でしたが、面接の際に私が長年事務業務に従事しており、パソコンなどのオフィススキルがあることをお話ししたことで、バックオフィス部門に配属されることになりました。

面接時に思った事や感じたことを教えてください

憧れの百貨店の社員の方とお話しできるということですっかり舞い上がってしまいました。普通の面接では緊張してしまうのですが、その際ばかりは嬉しい気持ちのほうが強く、楽しく面接に臨むことが出来ました。面接官は男性の方でしたが女性が多い職場のせいか、当たりが柔らかく、物腰の穏やかな方でした。面接会場は華やかな店頭とは比べ喪にならない、質素で地味な場所でした。「オフィス」ではなく「事務所」という言葉がぴったり当てはまるような雰囲気でした。立地は百貨店の店舗と道路を挟んで向かいにあるだけなのですが、看板すらありませんでした。あまりの印象の違いに驚きました。いきなり夢が覚めて現実を見たような、裏側を見たような感じでした。

口コミ・体験談

時給制のフルタイムパート社員として働くことになりましたが、とにかく一緒に働いている方が優しくて穏やかでいい方ばかりでした。老舗の百貨店で、ずっとこの道一筋のベテラン社員、という方が多かったので古き良き時代をご存じで、お話をしていても自分たちのお店に対するプライドや愛情を感じることが出来ました。ただ、半年が経過したころに合併が決まり、もうひとつの百貨店の社員の方とも働くことになったのですがその方々は「実力主義」「成果主義」。若い方が多く、いい方もきつく、すでに定年していたり定年間近の嘱託契約であるベテラン社員の方たちは閑職に追いやられていました。私自身はベテラン社員の方の仕事と、別の百貨店の社員の方の仕事の両方のサポートという名の下請けのような形で働くことなってしまい、仕事量が倍増しました。オフィス勤務とは言え、店舗から問い合わせが来るのでお昼休憩というのが時間が定まっておらず、交代制でした。部長職など役職が上の方順番にから行くのですが、人数が倍加したうえに、いちばんの下っ端なので私が休憩時間を取ることが出来るのは15時や16時になってしまうようになりました。そのくせ、「休憩を取れ」「計画的にお昼に行きなさい」と指導されました。とにかく時間がないので本来ならば90分の休憩時間を半分くらいしか取れないことが常態化していました。時間給なので、休憩時間は契約上の90分ぶんひかれました。残業をするときは上司に許可を取るのですが、「早く帰ってください」と事務的に言われ許可が出ませんでした。しかしながら仕事がとても終わらないのでこっそりと仕事をしていました。毎日1~2時間残るのは当たり前でした。もちろん許可が下りていないので残業代請求はできず、ばれるとお説教までされる始末でした。社内の人員の構図は完全なピラミッド型で、役職付き、正社員、準社員、私のようなフルタイムの時給社員、勤務日数の少ないパートタイムの時給社員、嘱託社員の順でした。出世するとお給料が上がります!色々な仕事が出来ます!という人参を餌に試験を受けさせられるのですが、実際は狭い門で、合格率はかなり低いものでした。私は結婚しているしそこまで頑張りたくなかったので断っていたのですが独身の若い女性社員は自宅まで持ち帰りで小論文や筆記試験勉強をさせられていました。上の言うことは絶対で、新しいことや提案をするのは合併先の社員(吸収された形なので立場が弱かったのです)でした。これまで行ってきた仕事もどんどん変えさせられていきました。効率が良くなるならいいのですが、もともとの上司はかなり保守的だったため、以前のやり方もやりつつ新しいこともしてくれ、という人だったので同じ業務を異なる方法で2回行わなくてはいけませんでした。合併した際に、新しいビルに移動することになったのですが嘱託の方は地下にある資料室のような場所に席を配置され、合併先の社員の方は地上階。しかもフロアの真ん中の明るい場所に席を配置されました。(節電のため、蛍光灯を抜いているので光が当たる場所とそうでない場所が激しかったのです)どちらの仕事もしなくてはならない私は、階段で(10階以上あるビルなのに古いせいかエレベーターが2基しかなく、なかなか来なったため)何度も何度も一日に往復することになりました。試しに万歩計をつけていたら2万歩を超えてしまうこともザラでした。百貨店には様々な専門用語があり、「トイレ」「休憩」ではなく、その専門用語を覚えて使わなくてはなりませんでした。ところが合併した際に、あちらの百貨店の用語を使いなさい、以前の言葉を使ってはならない!というお触れが出ました。

やりがいを感じたところ

大好きな百貨店に関わることが出来たのが嬉しかったです。社販があったので化粧品や食料品、衣料品などをかなり安く買うことが出来ました。シーズンプロモーションを行うので、少し早く催事の内容や今期のトレンドを知ることが出来ました。世の中の流れに沿った販売アプローチを行っていくので、プライベートでもトレンドなどに敏感になりました。また、バックオフィス部門にもかかわらず接客応対、贈答品のマナーや、百貨店の歴史などをきちんと研修で教えてもらえたので常識が身に付きました。直接お客様と関わることはありませんでしたが、店舗で働く社員の方をサポートしていくことで、誰かの満足につながっているといいな、と思いながら日々仕事をしていました。

こうだったらもっと良かった!と思うところ

お給料が安かったこと、休憩が取れなかったこと、残業代が出なかったこと、シフト制で希望の時に休めるはずが全然希望が通らなったこと。二つの百貨店をすり合わせのないままに合併してしまったのでやり方がめちゃくちゃで下に行けば行くほど混乱していました。この時代にすべてのデータは紙でも残さなくてはならなったのでコピーしたりファイリングしたりという作業が異常に多かったこと。空調が28度を強制されていてとにかく暑く、職場環境が最悪だったこと。節電のため蛍光灯が抜かれていたので夜になると薄暗くて自腹で卓上の蛍光灯を買わなくてはならないほどだったこと。会議に全員参加させられるものの、下っ端には伝わらない、聞いたこともない業務の説明を延々とされること。そして意見を求められても無難なことしか言えず、もっと考えるよう促されること。店舗の社員に合わせてネイルはベージュや淡いピンクのみ、紺か黒のスーツ着用、5センチ以下の黒いパンプス厳守などと髪が少しでも明るいと染め直すように指導されているのに合併先の社員はスニーカーを履いていて、デニムだったり金髪だったりしても何も言われない。社内の連携がまったくとれていないこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

削除依頼フォーム

中央区のお仕事体験談【NEW!】
百貨店のお仕事体験談【NEW!】