HOME > お仕事体験談 > 掃除が仕事ですか?お局上司と今現在は工事閉鎖してます

掃除が仕事ですか?お局上司と今現在は工事閉鎖してます

  • 投稿日 : 2018-09-13
  • 投稿者 : ママさん(30代女性)

総合評価

  • 3.00
  • 充実感

  • 待遇度

  • 自由度

▽ 他の就職支援サイトを確認

この仕事を選んだ理由やキッカケ

友達が働いていました。就業条件や働いている人、良いところ、悪いところ全て聞いた上での判断でした。お局様や、働いているパートさんが全員女性ということもあり、トラブルはある事を予想しつつ、どこにでもある事!と自分を納得させていました。近所にあり、普段は自転車通勤でしたが、雨の日に徒歩でも行くことのできる距離というのも選んだキッカケになりまさした。

求人方法は会社の門に貼り紙とシンプルな方法でしたので、友達に確認してもらい、貼り紙が出された時点で応募しました。

就業条件は月?木の週4日。10時?16時、残業無し。受注が無く、工場都合で休業になる時は時給の6割が支給されました。実際によく休みになり、私にとっては都合がよかったです。

面接時に思った事や感じたことを教えてください

面接は工場長と名乗る年配の男性の方がしてくださいました。履歴書に基づいていくつか質問をされましたが、ほとんど覚えていません。指定された日に会社へ行き、まずは2階の事務室ふ案内され、面接を受けました。あまり緊張するタイプではないのでスラスラと笑顔で答えたのことだけは覚えています。その後、工場内を案内され、仕事の内容、流れ、注意点などの説明を受けました。質問はあるか?と聞かれたので、当日、幼稚園に通っていた子供のことで急に休まなければならなくなった時の対処法、幼稚園行事であらかじめわかっている休みの取り方などを伺いました。面接の感触的にはよかったので、予想通り、後日採用する旨、連絡をいただきました。

口コミ・体験談

いざ仕事が始まってすぐに工場が休業になってしまい、仕事を覚えることができませんでした。そして、暑さと寒さとの戦い…。作業する部屋はエアコンがガンガン効いていて寒い!その他の場所は暑いという、なんとも身体に悪い職場でした。良かった点は友達が居たことと、気の合う方がパート仲間に居たことです。ランチの時間もあーだこーだとくだらない話をしたり、先輩ママとして意見をもらったりと有意義な時間でした。休みも子どもの行事はもちろん、体調が悪い時など気兼ねなく休むことができました。1人余分に補助的な人がいるのでラインをまわすのに急に休んでも支障はなかったようです。子どもが水ぼうそうにかかった時などは1週間丸々休まなければならなくなり、申し訳なく思いましたが、皆さん経験済みなだけあって、とても理解がありました。お局様もお子さんが3人いらしてそれぞれ順番に水ぼうそうにかかり「1ヶ月休んだわよ?」と笑って言ってくださったので、安堵したことを覚えています。仕事の内容はライン作業で、本当に単純なものでした。肩はコリ、目は疲れ、座り作業なので腰は痛くなりましたが、実は…、単純作業大好きなんです。何も考えず黙々と作業。お金もらえるならいくらでもできてしまいます。黙々と作業続けること一日中。夕方には疲れて帰宅しますが、なんとも言えない充実感でいっぱいでした。

良くなかった点と言えば、お局様のチェックがいちいち細かい事と、理不尽な理由、思い込みで叱られる、細かいルールを押し付けられる。そして直接言ってくれたら良いものを、裏紙にマジックで達筆で書きなぐり、更衣室に貼られるという、なんとも不思議な行為です。それからパートさんの中にはベテランさんにも関わらず、要領の良くない方もいらっしゃるようで、その方のフォローや周りの文句も聞くこともありました。新人さんでも器用な方はそつなくこなしていましたが、不器用さんも入社されます。その方に教えることのなんて難しいこと…。どう伝えたら理解してくれるのか?どう教えたら覚えてくれるのか?試行錯誤していましたが、月日は便利なもので、数をこなせばそれなりにできるようになりました。仕事が単純なだけに数さえこなせばなんとかなるようです。

後は、これは私的には良かったことですが、やはり、生活費として働かれてる方々には苦しかったことです。工場都合での休業。6割支給されるとはいえ、普段でもカツカツであれば苦しいかと思います。私は幼稚園代があって、少しお小遣いがあればという思いでしたので、休みで6割支給ならば万々歳でした。

年末になると仕事が減り、休みにしてくれたらいいのに、通常出勤になり、大掃除をさせられていました。自宅の掃除もままならないのに、工場中の大掃除。これがまた昔ながらの掃除方法で、雑巾と新聞紙。確かに新聞紙で窓を磨けばピカピカになりますが、広い工場の床を雑巾がけ。手も荒れ放題、腰は痛くなり、膝も黒ずみで散々です。油汚れも沢山あるので中々取れずに何度も強い洗剤で拭き掃除。ゴム手袋は必須でした。掃除用品は全て会社支給なので気兼ねなく使い放題なのはよかったです。

何日もかけて、大掃除していると休憩時間におやつが出てきたり、最終の方になると工場長からケーキやアイスが出てきたりしました。毎年の事のようで、ベテランさんが「明日くらいにケーキ出てくるよ 笑」と言うと真実になりました。

総合的には評価は低いです。良い事、悪い事ありすぎました。数年前に引っ越してた為、退職しましたが、昨年工場は閉鎖となり、お局様や、パートさん達も退職したそうです。工場長は後1年で定年退職だと聞きました。かわいそうに…。

やりがいを感じたところ

ラインの検品作業でしたが、不良品を目視で発見し、弾いていく。疲れましたが、仕事に慣れてすぐに発見できるようになってきた時はうれしかったです。1日特にトラブル無く終わった時もうれしかったです。

単純な軽作業が多く、ダンボールで箱作り作業から箱詰め作業、綺麗に箱を作成することができた時や、箱詰めがきっちりと埋まった時、箱をきれいに積み上げられた時、なんだか箱に関する事ばかりですが、きれいに積み上がった箱を見ると壮観でした。座り作業ではない日は動き回って汗だくになります。お給料をもらいつつジムに通っているようなものだと思えば耐えることはできましたが、夏場は地獄でした。汗臭さと気持ち悪さで帰宅するとすぐにシャワーを浴びていました。

こうだったらもっと良かった!と思うところ

とにかく古い体制の会社だったと思います。改善のしようがないと言うか。まずはお局様が退職されることでしょうか。

良かった点は休みが取りやすかった所です。

他の職場は前もってわかっている休みにしろ、急な休みにしろ、代わりの人を自分で探すというのが定石かと思います。ですが、この職場は常に1人余分に居たので、自分で代わりの人を見つける事はしなくて済んだのでそれだけは気持ちが楽な職場でした。仕事に関する用具は全て会社支給。服から靴、眼鏡まで。傷んできたら、お局様に進言すればすぐに新しいものを支給してくれます。そしてなんと言っても、自宅に居ながらお給料が出ると言うところ。1週間?2週間休みの時もあり、私的にはウハウハでした。たまに、工事長からお菓子の差し入れがありました。普段はお菓子、夏にはハーゲンダッツのアイスクリーム、年末にはケーキなど。春には敷地内にある桜の木の下で花見弁当をかこんでお花見がありました。お弁当はもちろん会社からの支給です。生活がかかっている方にはイマイチだったかもしれませんが、お小遣いプラスアルファの人にとっては、休み易く、おやつも出てくるという良い職場だったのではないかと思います。ただし、もう今はありませんが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

削除依頼フォーム

伊丹市のお仕事体験談【NEW!】
製造業のお仕事体験談【NEW!】