HOME > お仕事体験談 > 上司とともに働きやすい環境を夢見たがあまりに酷くて辞めました。

上司とともに働きやすい環境を夢見たがあまりに酷くて辞めました。

  • 投稿日 : 2018-09-13
  • 投稿者 : yunさん(20代女性)

総合評価

  • 3.00
  • 充実感

  • 待遇度

  • 自由度

▽ 他の就職支援サイトを確認

この仕事を選んだ理由やキッカケ

親戚の中にも保育園、幼稚園、支援学校、小学校と勤務している人が多く、私自身も子どもは好きだったので2年通えば資格取得できるということで奨学金も借りながらでしたが無事に卒業することができました。

そして、専門学校卒業後には上京すると決めていました。

そこで、保育や幼稚園の求人が載っているサイトからエントリーしました。正直、全てが初めての場所なのでどこにいっても新鮮ですし、地元とは全くやり方も違いますから不安や戸惑いもありました。

せっかく、専門学校を卒業して資格取得したものですから社会人初の職種は保育関連が良いと考えました。

私が勤務先を決める際になるべく少人数の保育園を希望していました。

自分が良いと思った園で配属することも相談可能とお話しがあった為、それが決め手となりました。

面接時に思った事や感じたことを教えてください

正直、初めは堅苦しい面接でした。

個人面接と集団面接があり、応募者も沢山いました。

保育は基本的に人手不足なので、相当な理由がない限り内定を頂くことができます。

しかし、あまりの人の多さに何社も受けておかないといけないな。と感じました。

学校法人とはいえ、三幸グループといってとても大きな会社が

福祉や保育それ以外の経営もしてるようだったので

どんだけ大きな組織なんだろうと思いました。

面接官は男性と女性ともに「リラックスしていいですよ、緊張しないで下さい」と優しく対応して下さって、会場の空気に飲み込まれて吐きそうになってしまいそうだった私にとってかなり楽になる一言でした。特に問題なく面接も終えて、胸を撫で下ろしたことを思い出します。

口コミ・体験談

初めにお伝えしたいことがあります。

私は保育園に就職するなら少人数の保育園を希望していました。

そして、ある程度住みたい所も決めていました。

面接時にもその話は通してもらい、もう一社内定を頂いていた所を

お断りして、この会社を選びました。

ですが、実際は違いました。

第1から第5まで勤務先の希望(23区内で配属)があったのにも関わらず

すべて外れ区外に配属決定。そして、少人数ではなく設立してまだ2年の2階建ての大きな保育園で定員90名。この時点でこの会社は最悪だと思いました。県外就職者には、全力サポートするよう話していたのに「どーせ、どこいっても大変なんだからバランスをみて適当に人手が足りない園から配属しよう」という考えが見え見えでした。人事に腹が立ちました。

職場に勤務する前からかなり気分が悪かったです。

良かった点でいうと、建物が新築なのでとても快適なところと子どもたちが元気でお利口な子たちばかりなところです。

園長先生と事務の人は身内のように気さくな感じで話しかけてくれるのでホッとします。

あと栄養士さんが凄く優しい人でこの人のおかけで毎日美味しい給食が食べられるんだな。と感じました。

仕事の大変さでいうと、圧倒的に日誌を書くことでした。

やり方は一旦、自分の言葉で書いて先輩に提出します。

特に悪い言葉使いや話言葉風にも書いてないのですが、先輩が訂正した後をみると「園長は厳しいからさ」と言われ、赤ペンだらけで書き直し。基本的に園児が降園した後に日誌を書くので18:30~から始めて21:00過ぎまでやっていました。

先輩たちは自転車で15分~30分で通勤できる距離に住んでいるので予定がなければ時間はあまり気にしないといった感じ。ほぼ、同期や同級生のようでぺちゃくちゃ楽しく喋りながら日誌を書いたり、教材を作っていました。

しかし、私は電車10分、バス10分、徒歩合計15分で通勤時間は短く感じられるかもしれないですが凄く疲れます。

おまけに残業申請すれば手当てが出るのに先輩たちは誰も申請しないで時間を気にせずに残っているので新人の私たちだって申請できるわけがありません。

もっともきついと感じたことはお昼時間(休憩)や残業の際の先輩たちの文句です。上司に対する不満や怒りが爆発しているようで、今日の出来事や日頃からの思いだったり、ぶちまけていました。

ドン引きです。私は何でこんなところにいるのか、何をしに来たのか混乱してしまいます。

今となっては笑い話ですが、当時は先輩たちに嫌われないようにしよう、主任や園長に好かれ過ぎないようにしよう。と誓っていました。

私と結構年が離れた同期の人がいるのですが、その私の同期のことを入社してすぐに陰口で話していました。怖かったです。

園児たちをメインに考えて日々過ごさなきゃいけないのに①朝早いのに帰りは22時過ぎ帰宅。②女子寮で知り合いもいない③友達作る暇がない④朝起きるのが恐怖(あと数時間後には職場)⑤休みの日は引きこもりがち⑥睡眠障害⑦食欲不振⑧めまい⑨嘔吐⑩発熱といったように段々と悪い方向にしかいきませんでした。

出勤途中に吐いて、トイレから酷い時30分出れないこともありました。急遽、お休みを頂くことも多くとても職場に迷惑をかけました。

入社してまだ1ヶ月で4㎏痩せました。この頃は基本的に寮にいると平気なのに外に出るとめまいと吐き気がするのです。

出勤できるときは行きましたが、身体はぼろぼろでした。

なんで、周りの友達は辛くても仕事を続けて頑張っているのに何故私は普通のことができないのだろうと自分を憎みました。

やっと、出たかった家から出れて好きなことをしているのに情けないと自分を責めました。

親や園長先生と話し合い、退職して地元に帰ることにしました。

やりがいを感じたところ

子どもたちとの時間です。散歩の時間、歌の時間、給食時間、お昼寝時間、おやつの時間と子どもたちといる時間は事務的な業務はあまりしないのでとても楽しいです。

保育士してる!っと実感できる、瞬間です。

出会った当時は全然近寄ってこなかった子も急にベタベタするようになってきたり、おトイレの合図は私にはしてこなかった子もある日から私の膝にくっついておトイレの方向を指さして合図してくれたり、毎日一人一人が私に対する態度が変わっていました。みんな違った性格で見ていて、凄く面白いです。

保護者からは「◯◯先生のこと大好きですよ」「明日も会えるの楽しみにしていますよ」と言われた時はこの子の担当になれて良かったと心から思いました。

こうだったらもっと良かった!と思うところ

①残業手当の申請

私が出来が悪いからムダに残ることになっているかもしれませんが、残業してるからにはそれなりのお給料を頂かないとやっていられません。それは仕事ができる人だろうが、上司だろうが部下だろうが関係ないと思うのです。

②休憩室で集まるのをやめるか、お喋りを減らすか

残業時間にみんなで集まると多少のお喋りは仕方ないと思います。堅苦しい感じでシーンとし過ぎてもつらい部分がありますからね。しかし、自分たちは本気になればいつでも終わらすことができる。といった余裕さや考えがこんな遅い時間まできていることに疑問に感じない、気付かないのが恐ろしいです。

③上司の文句や他の人の陰口はやめる

新人がいる前で、堂々と上司の文句は言わないでほしいですね。どうして、わざわざ良くない雰囲気を作るのでしょう。とても優しそうと思っていた時とのギャップが凄すぎてただただドン引きです。

こんな職場居たくない、子どもたちと居たい。

④日誌提出してから赤ペン

時間がないから手本は見せるけど、訂正はしませんと先輩たちから主任や園長先生にお願いすれば直接園長先生から指導してもらったり、

感情も伝わりやすく学びやすいと思います。慣れるまでは先輩たちが見てあげてといった話だったかもしれませんが、毎日が罪悪感で押しつぶれそうなのです。

私のせいで先輩は帰れないと毎日責攻めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

削除依頼フォーム

調布市のお仕事体験談【NEW!】
保育園のお仕事体験談【NEW!】