HOME > お仕事体験談 > おしゃれな街恵比寿でのコンビニバイトは想定外なことがたくさん!

おしゃれな街恵比寿でのコンビニバイトは想定外なことがたくさん!

  • 投稿日 : 2018-11-04
  • 投稿者 : エミさん(20代女性)

総合評価

  • 4.00
  • 充実感

  • 待遇度

  • 自由度

▽ 他の就職支援サイトを確認

この仕事を選んだ理由やキッカケ

求人サイトでアルバイト先を探していたところ見つけました。学生時代、学校が終わった後アルバイトをするために探していて、その一番の条件は勤務地でした。学校と家の中間くらいで、アルバイトが終わった後あまり夜遅くならないように、電車で乗り換えなく家に帰れて、なおかつあまり賑やかすぎず治安のよさそうな所に決めたかったので、職種よりも勤務地重視で探していました。そして、今までアルバイト経験はゼロではありませんでしたが、コンビニでの勤務経験がなかったことと、当時この店舗では一般的なコンビニが取り扱っている公共料金の支払いや各種チケット、郵便物の受付などの業務を扱っていなかったので、仕事内容は比較的単純な業務だろうと思いこの店舗に決めました。

面接時に思った事や感じたことを教えてください

面接してもらったのは、当時の店長と一人の社員さんでした。社員さんのほうは最初少し硬そうな印象がありましたが私を緊張させないように気遣ってくれました。店長もかなりフレンドリーだけど謙虚で親しみやすい印象を受けました。店舗にはそれまで行ったことがなく面接の日に初めて行ったのですが、少し暗く狭い印象がありました。面接を行った場所は事務所兼バックヤード兼ロッカールームで、正直乱雑な印象もありましたが、他の今までのアルバイト先でも美しく整ったバックヤードを見たことがなかったので、そんなに気になりませんでした。とにかく、当時店長と社員さんの印象がとてもユニークで、面接の段階から歓迎してくれている感じが伝わっていたので終わった後ここに来てよかったと思いました。

口コミ・体験談

仕事内容に関しては、全く問題はなかったです。想像通りのレジ打ち業務、レジのお金の点検、バックヤードから商品のストックを持ってきて店頭に並べる品出し業務、暇なときは店内の清掃などです。仕事は主に店長と社員さんがおもしろおかしく教えてくれて、すぐに覚えられました。特に冬場は寒い店舗だったので、ブーツを履いて勤務したりハンドクリームが必須アイテムになったりということはありました。しかし、想像以上に大変だったり難しかったりする業務もなく、問題なくやっていました。
一つ予想外だったことを言えば、治安や客層があまり悪くないところがいいと思い選んだ場所の店舗でしたが、思っていたよりも変わったお客さんがたくさん来たことでした。何をどうしても最後に文句を言って帰るおばさん、手を震わせながらお酒を買いに来きて栓を開けてくれと言うおじいさん、スタッフの男の子に文句を言い脅迫じみたことまで言ってくる男、なんと万引き犯に遭遇したこともあります。しかし、そのようなお客さんたちの話をスタッフ同士で共有して、うまくやりすごしていました。もちろん普通のお客さんや、いいお客さん来ますし、時には有名人も来たことがあり、毎回今日はまた誰かに会えるかと出勤の時の小さな楽しみにもなっていました。
そして外国人のお客さんも多かったため、当時国際学科の学生だった私は日本語が伝わらないお客さんの対応を引き受けることもあり、それが私にとってはいい練習のチャンスにもなって一石二鳥なんていうこともありました。
バックヤードの件では、後から気がついたのですが更衣室がなかったため、事務所兼バックヤードである一室そのもののドアの鍵をかけて着替えなければならず、店長が閉め出されてしまうこともあり、それは少しおもしろい経験でした。
私は基本的に夕勤と呼ばれる、夕方から夜勤さん達が来るまでの時間帯の勤務でした。夜勤さんたちや朝や日中の勤務の方たちとはあまり交流がなく、ほとんど関わる残る機会はなかったのですが、たまたま朝の時間帯のスタッフが足りないということで私が入ることがありました。その時間帯には、以前から少し噂は聞いていたお局的存在のおばさんスタッフがいるとのとことで、私は完璧に仕事をやってやろうと少し意気込んで行きました。後ほど店長から、その人が私の仕事を褒めていたと聞き少し達成感がありました。
夕勤はやはり学生さんが多く、私もこの店舗でのアルバイトを始めたあとすぐに同じ学校の友人を誘って一緒に働いていました。同じ時間帯に働くメンバーとはやはり話をする機会も多く、学生さん以外にも色々な人がいました。バンドの追っかけをしているお姉さん、役者の卵、留学生などです。この店で働いたことで一番よかったと思うことは、ありきたりですがやはり一緒に働いたメンバーと出会えたことです。私が誘った友人はもちろん、この店で知り合った友人たち、特に留学生の二人のスタッフとは、お互い学校を卒業し、アルバイトを辞め、さらに二人が帰国した後でもいまだに連絡をとり続けていて、私は二人の元をそれぞれ訪ねたこともありました。当時の店長とも、同じくアルバイトを辞めたあともなお交流があり、とてもいい出会いに恵まれて、いい関係を築けていけてると思っています。今、アルバイト時代のことを思い出すと、変わったお客さんが来たときに助け合ったり、言葉で困ったときにフォローしたり、ひまな時間にお互いの言語を教え合ったりと本当にたくさんのいい思い出でいっぱいで、今はそれぞれ当時と全く違う場所、環境、境遇で生活している中、共通の話題で振り返ることができ、人生の中で共通の時間を過ごしていたことが少し不思議で、とても貴重なことだと思います。このような体験から、どんなに仕事で大変だったり嫌なことがあったりしても、一緒に協力して働けるメンバーがいることは本当に大きなことで、仕事をうまくやっていく以上のものを得られると思いました。

やりがいを感じたところ

コンビニは比較的単純な作業が多いですが、その中でも特に私の勤務していた店舗は外国人のお客さんが多く来ていたので、その人たちの対応がうまくいった時にやりがいを感じていました。商品の説明や、探し物、ポイントカードのシステムの説明、時には道案内などもしました。たまたま、英語での対応ができるスタッフが他にいなかったこともあり、日本語が通じず困っているお客さんの対応はほとんど私がしていたので、私にとってはとても良い勉強にもなりました。また、私は与えられた仕事に対してプラスアルファを付けたいと思うところがあるので、自分のした仕事で店長や先輩の期待に添えたり、それをこえることができ喜んでくれたり驚いてくれたときにやりがいを感じました。

こうだったらもっと良かった!と思うところ

仕事内容や人間関係などは、ほとんど問題なく仕事ができました。しいていうのならば、店長より上の本部の上司画にあまり良い印象がありませんでした。店長や社員さんは、私たちアルバイトのことをよく考えてくれて、少しでも良い条件で働けるようにと色々な努力や調整をしてくれていました。しかし、店長や社員さんはいつも本部は何に応えてくれないと多々もらしていました。確かに私から見ても、本部の上司たちが店舗に訪ねて来たときの態度や言動にあまり良い印象がなく、売り上げしか見ていないような人たちだと思っていました。それもあり、店長や社員さんは私たちアルバイトの少しのわがままをきいてくれたり、大目に見てくれたりしたこともありました。それから、店内の清潔感についてもう少し改善できたかと思います。私が勤務し始めたときから、なんとなく暗くごちゃごちゃした雰囲気がありました。商品の数がかなり多かったので、その点では多少仕方なかったかと思いますが、清潔感に関しては改善すべきだったかと思います。清掃も手があいているときに多少はするのですが、少なくとも私の勤務時間帯のお客さんの来店数とスタッフの数などを考えても、なかなか集中して清掃に時間をかけることは難しかったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

削除依頼フォーム

コンビニのお仕事体験談【NEW!】