HOME > コラム > 変わり種のアルバイト > 皆が喜ぶアプリ開発をするアルバイトってどんな仕事?資格は必要?

皆が喜ぶアプリ開発をするアルバイトってどんな仕事?資格は必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

スマートフォンが普及して数年が経過していますが、ついついスマホばかりをいじってしまっていませんか? 仕方が無い事なのかもしれませんが、ついスマホをいじってしまうのには理由があります。

それはスマホアプリがおもしろいからですよね! ゲームに占いに中にはアプリでお仕事をしている人だっている時代です。

良いアプリがあればたちまち口コミなどで拡散していくので、本当にいいアプリを自分でも作ってみたいと思う人もいるかもしれません。

そこで今回は、スマホアプリ開発のアルバイトについてのお話をしたいと思います。例えばアプリ開発には資格がいるのか? などなどを調べてみました。

アプリ開発をするのに必要なのは?

まずアプリ開発をするのであればデバイスを決めます。というのもスマホには iPhone と Android があって、この二つのアプリ開発をする時のプログラミング言語が違うからです。

つまり環境が違うという事になるからですが、例えば iPhone のアプリ開発をするための言語は、Swift という言語、もしくはObjective-C という言語を使って開発をします。

この開発ができる OS は Mac OS X なのですが、Android の場合は皆さんご存知の Java というプログラミング言語で、開発OSは Mac OS X または Windows または Linux です。

もうおわかりですね? アプリ開発にはかなりしっかりとした環境が必要なのです。

ところでアプリ開発のアルバイトなんてあるのでしょうか? 実はあるんです! 最近たくさんの方が在宅で好きな時間にアルバイトをしているというあれです。

もちろん必要なスキルはありますので、簡単にご紹介したいと思います。

プログラミング言語がわかる事が原則です!

誰でも簡単にアプリ開発ができるというのは本当ですが、そのためにはアプリ開発をするためのプログラムができなくてはなりません。

つまりアプリ開発でアルバイトができるのは、Java Swift などのプログラム言語ができる事が条件となります。

難しいと思うかもしれませんが、最近はサラリーマンの方が会社で働くかたわらに、プログラム言語を習いにスクールに通ったりしているのです。

将来の事を考えたら、ここらでスクールに通ってプログラミング言語を学んでみてはいかがでしょうか。

アプリ開発をしてどんなメリットがあるの?

アプリは無料のものがほとんどですよね、企業としては無料のアプリなどを作って何がメリットなんだろう? と思う人もいるでしょう。

ですが無料のアプリであっても、レアアイテムをゲットするために課金をするシステムにすれば、欲しいと思う人は当然お金を払いますよね。

これが無料アプリがお金を生み出す仕組みなのです! そして爆発的な人気のアプリを作る事ができれば、当然お金がたくさん入ってくる事になるのです。

特にゲームなどはこのシステムがピッタリとはまるので、めんどくさいなどと思わずにプログラミング言語のスクールに通ってみてはどうでしょうか。

アプリ開発のアルバイトの探し方

簡単です! クラウド系のサイトに無料登録をして、さらにプログラムや開発の仕事の依頼を探せばいいのです。

最初はできるかどうか不安になるかもしれませんが、何事も経験ですので自分に鞭打ってお仕事の依頼をしっかりとこなしてみましょう。

経験をつむごとに以来数も増えていくはずです。そしてプログラムの収入が本業を上回ったら、アルバイトで食べていくというのもいいかもしれませんね。

関連記事