HOME > コラム > 変わり種のアルバイト > 美術館の展示作業のアルバイトで芸術に触れてみませんか?

美術館の展示作業のアルバイトで芸術に触れてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

アルバイトしながら芸術に触れたい方に!

アルバイトにはいろいろなものがありますが、美術館の展示作業のお手伝いをするアルバイトについて調べてみました。
通常は美術館の展示作業というと、なんとなくですが専門的なスタッフがやってくれるものだと思っていましたが、実は展示作業はアルバイトを募集している事が多いのだそうです。

ところで美術館の展示作業のアルバイトっていったいどんな事をするのでしょうか?気になったので調べてみました。
もしかしたら芸術に触れるチャンスかもしれませんものね!

美術館の展示作業って何をするの?
bijutukan03
多くのアルバイト・求人情報サイトなどをチェックしてみると、意外とこの美術館の展示作業をするアルバイトを募集しているものなのです。
なぜか?美術館ってあまり縁がないのでわからない事が多いですが、意外なことに展示会というのはある程度の短い期間で終わってしまうものみたいですね。

例えば海外の有名な画家の「○○展○月○日~○月○日まで」というように、期間が決められているのでその後はすぐに別の展示会が開かれるわけです。
この時の展示品を丁寧に梱包したり飾ったりするのが美術館の展示作業のアルバイトのお仕事というわけなのです。


大事なものを触っても大丈夫なの?
どんなに慣れた作業員の方だって最初は初心者です。本当に育てる気持ちがあるのならしっかりとした注意事項を教えて、訓練をしてくれるものです。
なのでアルバイトだから作品にさわらないで作業ができるという事にはなりません。
もちろん何か破損をするという事があった場合には、保険に加入していると思うので一応は安心する事ができます。

ですが基本的には芸術作品というのはその時にしか作ることができないものですので、細心の注意を払うなどをする事を怠ってはいけません。
また、大事なものを扱うだけが美術館の作業員の仕事ではありません。展示するためのスペースにパーティションをしたりするのもお仕事の一つでしょう。


他にもやる事がある!それはパソコンで!
zaitaku01
美術品の展示だけが仕事ではありません。例えばパソコンの操作をする事ができれば、展示会が行われるという事をホームページなどで紹介する事もあります。
中には美術品の展示だけではなく商品を販売する催し物もあるようです。その時の商品となるもののホームページでの紹介も作業の一つだと言われています。
また、大きくて重い美術品の場合にも、アルバイトの男性の力を必要とする事もあるので、力仕事が多くなる展示会もあるかもしれませんね。

巡回展の時には日本縦断する事も?
美術館の中でも特殊なタイプの展示会を催す美術館もあるようです。
例えば日本中を縦断してまわるようなタイプの全国巡回展を行う場合です。この場合は展示スタッフも一緒に日本全国を回る事になるので、ちょっとした旅行が楽しめるかもしれません。
ただし芸術作品を扱うので怖いという事もあるかもしれません。でももしも巡回するような展示会に同行するとなると、ちょっとワクワクしてしまうかもしれませんね。


日給はいくらくらいもらえるの?

bijutukan02
重労働の事もあるようなので、日給は比較的高い方だと言えるかもしれません。
日給で10000円もらえるところが比較的多いですね。しっかりとした美術館だと交通費を支給してもらったりする事もできるようです。

また、芸術品に関した作業のスキルを身につける事ができるので、今後の仕事に役立つかもしれません。
もしも芸術に興味があるという方や、将来自分も芸術家になりたいと思っている方は、ぜひ芸術に触れることができる美術館の展示作業のアルバイトをしてみてはいかがでしょうか。

関連記事