HOME > コラム > 変わり種のアルバイト > ダンサーのアルバイトで健康美!種類や仕事内容まとめ

ダンサーのアルバイトで健康美!種類や仕事内容まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着のバイト
求人情報を確認

昔は学校でダンスを習うなんて事はほとんどありませんでした。でも最近の小学生は学校の授業などでヒップホップを学んだりする事が多いようですね。

千葉県の某小学校や中学校では、必須科目の一つがダンスだったりすると聞いて、時代は本当に変わったのだなぁと改めて思ってしまうのです。

授業は受けていなくても、ダンスが大好きという方はたくさんいらっしゃいますよね。趣味として習ったりしている方もとても多いです。

中には「ダンスに係る仕事がしたい」と思っている方も当然いらっしゃるでしょう。今回はダンスをお仕事にしてしまおうと考えている方にピッタリな、ダンサーとしての仕事やアルバイトについてをまとめました。

ダンスが大好きならダンサーになろう!


昭和の時代にダンサーとして生きていきたいなんて考えたら、親に怒られて「勘当だ!」なんて言われてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

昔の人にしてみたらダンサーなんてまともな仕事であるはずが無い!なんて考えてしまったのかもしれませんが、ダンサーの仕事をしている人の多くは自分の夢を実益にしているだけの事です。

中にはダンサーをしている事によって、たくさんの人に夢を与えているという方も大勢いらっしゃいます。今は色々なダンスがあるので、やってみたいという方に教える仕事も楽しくていいですよね。

ところでダンサーの仕事と一言でいっても、それはもう色々とあるものですので、まずはダンサーの仕事の種類についてをご紹介していきます。

ダンサーの仕事はどのくらい種類があるのか?


まずは業種としての種類からお話しいたします。ダンサーとして働ける業種としては、大きくわけると2つくらいに分ける事ができるでしょう。意外と多くないという印象を持たれた方もいるかもしれませんね。

一つは『ショーダンサー』としてのお仕事で、自分がダンサーとして働くというお仕事です。テーマパークでのパレードの時などにダンスをしたりするのもこれにあたります。

また、舞台で踊るダンサー(メイン・バックダンサー)もショーダンサーの仕事の一つですし、キャバレーやクラブなどでダンサーをしたりするのもショーダンサーの仕事の一つでしょう。

次は『インストラクター』の仕事です。小さいころからダンスを習っていて、人に教える事ができる方は先生としてお仕事をされる方が多いようです。ダンスの種類も色々です。

ジャズダンス、フラダンス、フラメンコ、タンゴ、ベリーダンス、バレエ、ヒップホップなども主婦の方に大人気ですね。これらの習い事のインストラクターのアルバイトは、とてもやりがいを感じるお仕事です。

自分が躍るかそれとも踊りを教えるかの違いはあるかもしれませんが、大好きなダンスでお仕事をする事ができるという点では、どちらでも楽しめそうに感じるものです。

ダンサーになるにはどうすればいいのか?


ところで、ダンサーとして働きたいと思っているのならば、まずはダンスを覚える必要があるでしょう。ちょっとでもダンスの経験があるのならば、インストラクターはできなくてもダンサーとして働く事はできそうです。

仕事をしながら覚えていけばいいと考える事もできるからですが、ショーに出るのであれば最初にオーディションを受ける必要がある事が多いので、まったく未経験の方はダンスを習ってからオーディションを受けるといいかもしれません。

インストラクターとしてお仕事をする場合には、ある程度そのダンスを教えられるくらいの能力が必要になるでしょう。小さいころからダンスを習っていたという方や、ダンサー歴が長い方はダンススクールなどの講師として応募してみるといいですね。

ところで、どうせダンサーとしてお仕事をするのであれば、たくさんの方に感動を与える事ができる種類のダンサーをしてみたいですよね。例えば『ポールダンス』などは女性にとても人気が高いダンスです。

セクシーなダンスというイメージがありますが、とても体幹がしっかりとしていないとできないものなので、かっこよく見えるまでには相当な修行が必要になるのです。

そんな人気のポールダンサーについての情報をちょっとだけまとめてみたので、ポールダンサーに興味がある方が見ていただけると嬉しいです。

人気のポールダンサーってどんな感じ?


ポールダンスというのは天井と床の間にポールを立て、そのポールを使ってポーズをとったり、回転したりするセクシー系のダンスです。海外だとクラブやバーなどで女性が躍っていたりします。

もちろんスポーツとして楽しまれているという事もあるようです。日本でもポールダンスを習い事として習っている方も増えてきているようです。

ショーパブなどではお客様を楽しませるためにポールダンサーをしているというダンサーも意外と多いようで、ポールダンサーとして働きたいと考えている方も増えているのですね。

でもポールダンサーのアルバイトなんてあるのか?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、何しろ人気のお仕事なのでショーパブやクラブなどで頻繁に募集を行っているのです。

時給も2,000円からと意外と高めなので、大好きなダンスをしながらお給料がもらえてしまう、ポールダンサーとしてのお仕事を探してみてはいかがでしょうか。

まとめ


今回はダンサーとして仕事をしてみたいという方に、ダンサーの仕事の種類やダンスの種類などについてを、簡単ではありますがまとめてみました。

あまり度を過ぎなければ健康的に過ごす事ができますし、好きな事を仕事にしながらお金をもらえる生活にあこがれている方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

きっと毎日楽しく過ごす事ができるでしょうし、さらに習得する事によって将来はインストラクターとして仕事をしてみる事もいいかもしれません。

アルバイト探しならココ!厳選ピックアップ
  • バイトル

    バイトを探す上での条件が沢山あります。
    手早く自分にあったアルバイトを探すことが出来ます。

    求人数対応地域お祝金
    50万件以上全国一部あり

    無料登録はコチラ

脱アルバイト!正社員デビューにチャレンジしたい方はココから♪
  • バイトルNEXT

    「バイトル」から生まれた≪バイトル社員≫
    正社員・契約社員のお仕事が多数掲載されています。

    求人数対応地域お祝金
    3万件以上全国一部あり

    無料登録はコチラ


新着のバイト求人情報を確認

関連記事