アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 変わり種のアルバイト > 楽器店で働くメリットとデメリットをまとめてみました

楽器店で働くメリットとデメリットをまとめてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
中学生の部活で吹奏楽部ってすごく人気が高くありませんでしたか?入部したくても定員オーバーで入れなかったという印象があります。

そんな人気の吹奏楽部で使うのが楽器です。大人になっても楽器を楽しみたいと思っている方もたくさんいるので、いつも楽器店は人でにぎわっていたりしますよね。

そんな楽器店で働きたいという方に、楽器店でお仕事をされるメリットとデメリットについてご紹介いたします。

楽器店の仕事内容と年収について



まずは楽器店の仕事の内容からお伝えしますと、楽器店はすごく簡単にざっくり説明すると、楽器を販売します。楽器店ですから当然楽器が欲しいという方のために楽器を提供するのが仕事です。

でもこれ以外にも楽器店での仕事はたくさんあります。例えば楽器の事をお客様にたずねられる事もあるでしょう。そんな時に「ギターです」とか「バイオリンです」だけ答えれば良いというものではないのです。

というのも楽器は一つ一つ違う音色ですし、メーカーによっても音色が違ったりするようなのです。なので一つ一つの楽器のメーカーごとの特徴とか、製作者についての小話なども知っておくと良いかもしれませんね。

多いのがお客様からの発注です。お客様がお目当ての楽器が置いてない事も多いです。その場合には発注しなくてはならないので、楽器の発注や楽譜の発注などもしなくてはならないでしょう。

全てのお客様がこれから楽器を始めたいという初心者ばかりではありません。なので楽器に相当詳しい人が来ると返り討ちにあう事もあるでしょう。意外と簡単そうえ難しいお仕事だったりするのですね。

楽器店の年収ですが、意外にも歩合制のような給料体形のところもあるようです。いくら売ったらいくら上乗せになるとかですよね。評価がすぐにわかるのでやる気につながります。

安定した年収を求めるのは難しいというのが実際のところかもしれません。平均すると年収は200万程度という事なので、アルバイトとしては良いかもしれませんがメインで働くにはキビシイかもしれません。

楽器店の仕事はどんな人におすすめなの?



楽器が好きという方じゃなければならないという事ではありません。接客業が好きという方ならどなたでもできるお仕事ですが、楽器の説明をしなくてはならないので学ぶ事が苦にならない方におすすめです。

ただ、楽器を演奏してみたいと考えている方や、楽器の演奏のやり方を他の方に教える事に喜びを感じるという方には不向きかもしれません。なぜなら楽器店では教える事がありませんので、覚える事も教える事もできないのです。

そういう方にとっては楽器店でのお仕事は『つまらない』と感じてしまうかもしれません。営業が好きという方はとにかく向いています。というのも楽器を購入する方の多くは、楽器についての説明を求めるものだからです。

その時にその楽器の良さをできるだけお客様に伝える事ができないと、お客様の購買意欲を掻き立てられないわけです。なので勉強も必要ですし会話の能力も必要というわけですね。

楽器店で働くメリット



一番は楽器に触れる事かもしれません。お客様に楽器の楽しさをわかっていただけると嬉しいですよね。お客様との会話が楽しいというのもメリットかもしれません。

楽器店で最大の喜びを得るのはやはり収入が増える事ですが、なかなか収入アップにつながりにくいので、売り上げが達成されてボーナスが出るとこの上ない喜びを感じるでしょう。

他には楽器に詳しくなるのもメリットです。よりたくさんの楽器の事を知りたいのならば、複数の異なる楽器を扱っている楽器店で働く事をおすすめします。

一方で楽器店で働く事のデメリットもありますのでご紹介いたします。

楽器店で働くデメリット



楽器店で働く事の最大のデメリットと言えば、やはり年収が少ないという点でしょう。年収の平均が200万だったとしたら生活するのに不安を感じてしまう方の方が圧倒的に多いでしょう。

さらに接客業があまり得意ではないという方にとって、お客様と常に会話をしたり楽器の説明をするのは苦痛だと感じるかもしれません。楽器の演奏がしたいとか楽器を習いたいと思ってもそれができないのもデメリットと感じるかもしれません。

中には定期的に楽器の講習などを行っているところもあるようですが、自分で覚えるよりも人に教える方がとても難しいものです。しかも別途お給料が出るわけでもない事が多いのも残念だと感じるかもしれません。

このように、楽器店でのお仕事にもデメリットがあるものです。メリットとデメリットをよく考えてから就職する事を検討してみると良いでしょう。

まとめ



今回は楽器を販売する楽器店の仕事について、そして年収について、楽器店でお仕事をするメリットやデメリットについてをそれぞれご紹介いたしました。

どんな仕事でもメリットとデメリットはあるものですが、年収が低いというのはネックになると感じる方も多いかもしれません。それを除けばやりがいを感じるお仕事ですよね。

もし楽器店でお仕事をされるなら、別に副業的なお仕事を持っていると好きな楽器に触れながら安定した年収を確保できるかもしれません。この記事が楽器店の仕事に就いて知りたい方のお役に立てれば幸いです。

関連記事