HOME > コラム > 変わり種のアルバイト > 万引きGメンの業務内容とコツを抑えて腕利きになるポイント

万引きGメンの業務内容とコツを抑えて腕利きになるポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

万引きGメンっていうお仕事をご存知でしょうか。デパートなどでお仕事をしていると、店内に定期的に警備が入って売り場を回っています。私服警備とか私服保安院といった言い方をします。

今回は、万引きGメンのお仕事の内容やお給料、さらにこの仕事をしていて辛いと感じる事や、どうすれば万引きGメンになれるのかについてを、簡単にまとめてみる事にしました。

もしもこの仕事をしてみたいと思っていた李、これから人の役に立てる仕事だし頑張ってやってみたいと思っている方は、ぜひご覧になってください。

年々増え続ける万引き被害とその背景にあるもの



日本は表面的に見るととても豊かな国のように感じますよね。確かに海外に比べてみると水も豊富ですし、四季があるので延々と熱せられるという事もありません。

野菜だって豊富だし好きなものはお店に行けば買えます。ですがそんな豊かな日本であっても、全ての日本人が豊かで何でも買えるというわけではありません。

たとえ豊かな生活が送れる人であっても、精神的なストレスなどが重なってしまい、日々の生活で辛い思いをしている方もたくさんいらっしゃいます。そんな方の中には何かでストレスを発散する人だって出てくるのです。

だからと言って万引きをしていいとは言えません。絶対にやってはいけない事なのですが、悲しい事に万引きをしてスリルを味わうあの気持ちが病みつきになってしまう方もいるのです。

特に近年ではお年寄りによる万引き被害が増加していて問題になっています。生活が苦しいというのもあれば、お金はあるのにやめられないなどの理由で被害が増加しているのですね。

先進国の中で日本は1位というくらい万引きが多いらしく、1年間の被害は12.6億円ともいわれているのです。だから万引きGメンが大活躍するわけですね。

万引きGメン(私服警備・私服保安院)とは?



そもそも万引きGメンとは私服で店内を巡回する警備員の一種です。買い物客に交じっておかしな挙動の人を見つけては、相手に悟られないように監視していきます。

もちろん目をつけられた人全てが万引きをするとは限りません。中にはその日の買い物を決めずにやってきて「今日何をしようかなぁ」とふらふらする方だってとても多いものですよね。

疑われたとしても万引きさえしなければ、万引きGメンも「これはただ迷ってるだけ」と判断し、別の怪しい人を探して監視をしていくのです。検挙ができなくても良いという事になります。

万引きGメンに男性は多くはありません。知り合いの万引きGメンがいますが、ほとんどが女性だという話も聞いています。女性の方が店内をうろつきやすいというのが理由のようです。

もし、不穏な動きをしている人が実際に万引きをした場合、すぐに声をかける事はありません。その方が支払いをせずに外に出た瞬間に追いかけていって声をかけます。

理由にかかわらず警察に通報する事もありますが、中には初犯の場合は注意して帰す事もあります。基準はわかりませんが店長さん次第という事になるかもしれません。

万引きGメンが語る苦労した話



実際に万引きGメンをしている友人に話を聞くと、万引きGメンはとにかく体力が必要だと言います。例えば7階建てのデパートの場合はエレベーターは使わないようです。

階段を使って移動をしながらお客さんになりきって警備を行うのです。しかも休憩時間以外はずっと歩きっぱなしなので、慢性的な腰痛や足腰の痛みなどを感じていて、病院にしょっちゅう通っていました。

そうです!万引きGメンの仕事というのは、立ち仕事なので全身に疲れを感じてしまうのですね。それでも普段から歩かない仕事をしているよりも、健康状態は良いらしく文句は無いようです。

熟練になると誤認する事も無いようですが、まったく誤認をしないというわけではないようです。確認してみたら物が入っていなかったという事も、数年に1度くらいはあるようです。

名誉棄損になりますから、そこは徹底して確かな証拠を見つける事に務めるそうです。

万引きGメンはどのくらいの報酬になるのか?



報酬についてですが、これは登録する警備会社によって大分差が出るようです。日給7000円弱~10000万くらいのようです。正社員として働くことができればボーナスももらえるところが多いです。

最初はアルバイトをしていて社員になったというケースもありますので、まずはアルバイトから始めてみてもいいかもしれません。ですがいきなり万引きGメンの仕事ができるかと不安になる方もいるでしょう。

でも心配はいりません。しっかりと研修を行ったり勉強会があったりしますので、少しずつ体験しながら技術を磨いていけば良いのです。

自分が捕まえた人の事情を知る事になるので、つい「捕まえなければ良かったかな?」と思う事も多いでしょう。でもそこは心を鬼にして、悪い事は悪い事だと割り切ってお仕事をしましょう。

そして万引きGメンの仕事は誰にでもできます。先輩に教えてもらいながら仕事ができるようになっていけばいいのです。スリルがある仕事がしたいと思う方にはぴったりかもしれません。

万引きGメンの仕事のまとめ



今回は、年々増え続ける万引きという犯罪に立ち向かう「万引きGメン」のお仕事について、内容や収入などをご紹介いたしました。

やりがいを感じる仕事でもありますので、警備の仕事をしてみたいと考えている方は、ぜひ万引きGメンのお仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事