HOME > コラム > 変わり種のアルバイト > 色々な農業 葉たばこ乾燥工場

色々な農業 葉たばこ乾燥工場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

沖縄では3月末から6月にかけ、葉たばこの収穫時期になります。


サトウキビのイメージばかり強くて、こんな作物あったの?という感じですが、
大切な基幹産業として、行われています。



タバコの葉というのは、収穫した後早いうちに、乾燥機にかけて乾燥しなければなりません。



放っておくと病気のものは広がったり、蒸れたりと、悪影響があります。


質、クオリティーによって値段の違いがはっきり出てしまう作物なので、


特に単価が高い部位の収穫時期などは、農家さんはピリピリです。


同じ茎になるものでも、その葉の生える位置により、
下葉、中葉、合葉、本葉、上葉と呼び方が異なり、

大きさ、色調にも違いが出てきます。



本葉が一番高い部位です。

具体的値段は控えますが、

その中のABCランクの違いで、キロあたりの単価がぐいっと違ってきます。


全ての葉の総量ですが、
40トンにもなる農家さんもいるので、
キロで値段の差が出てしまえば、
とんでもない差になってしまいます。


それだけに乾燥機をあずかる担当の責任は重要です。


実際葉を扱う作業者の方も、
40名ほどみえますので、

人的ミスもでます。


機械的、人的含めトラブルのないよう、管理せねばなりません。


田舎の方、という言い方も悪いですが、意固地であったり、


上手くコンタクトの取れない方もいらっしゃいます。



一度乾燥機に詰めると、1週間くらい入ったままです。


ゆっくり温度をあげて、徐々に乾燥をしていきます。


当然24時間体制になり、夜勤もあります。


雨の日の収穫物は湿気が強いので設定を下げるなど、


モノに応じた対応が必要なこともあり、よく観察することも重要です。


とにかく勤務体制、体力、人まとめ、臨機応変な乾燥条件、などなど、


ひたすらアタマのイライラする仕事でした笑

関連記事