アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 変わり種のアルバイト > 【人気在宅ワーク】LINEスタンプを作って販売する方法

【人気在宅ワーク】LINEスタンプを作って販売する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

スマホを持っていない人を探すのが大変な時代になりましたね。小さなパソコン並みの機能を持っているので持っておくととても便利です。ところでスマホで使える無料アプリの中で『LINE』というのがありますよね。

皆さんもお友達や会社の方、サークルなどの集まりなどでワイワイチャットを楽しんだりしていませんか?そんな時に便利なのがLINEなのですが、メッセージを送る変わりにスタンプというものを送る機能もありますよね。

このスタンプの事をLINEスタンプというのですが、今回はこのLINEスタンプを作って販売するという、ちょっとしたお小遣い稼ぎというか趣味で稼ごう的なお話をしていきたいと思います。

LINEスタンプって自分で作れるものなの?



LINEのスタンプを見てみると、種類も豊富だし中には動くものもあったりして、ついついあれも欲しいこれも欲しいといった感じになってしまいますよね。実はあのスタンプは誰でも作ろうと思えば作れるものだったりします。

もちろん作る事はできるけれど、そのスタンプの人気が出て爆発的に流行るかどうかについては定かではありません。でも自分でLINEスタンプを作る事は可能なので、自分で作ったスタンプをお友達に無料でプレゼントしたりする方もいるようです。

実はLINEスタンプは無料で配布する事もできますが販売する事もできるのです。人気が出ればちょっとしたお小遣い稼ぎにもなりますし、シリーズ化しても楽しいと思いますよね。中には「こんなのお願い」といったリクエストが来るかもしれません。

スタンプの価格についてはそんなに高額ではありませんが、塵も積もればですのでたくさんの人にダウンロードしてもらえるようなスタンプを作る工夫をしてみると良いかもしれません。

では実際にLINEスタンプを販売したらどのくらいのお金になるのか?アルバイトをするのとどちらが良いのかについてを調べたので見てみましょう。

LINEスタンプを販売したら儲かるの?



今回LINEスタンプの事を取り上げたので、さぞ儲かるのだろうとお考えの方も多いかもしれませんね。では実際に報酬はどのくらい貰えるのか、その確率についてを調べてみましたのでご紹介いたします。

まずLINEスタンプを発売して売上があったら、30%を手数料としてApp Store又はGoogle playへ支払います。そして当然ですが販売する土台を貸してくれているLINEにも支払うのですが、この手数料が35%です。

残りはというと35%ですね。つまりLINEスタンプを販売したら自分の取り分は35%という事になるわけです。どうですか?意外と少ないと感じたかもしれませんね。だから中には「LINEスタンプ売れても食えない」なんていう方もいるわけです。

確かに報酬は微々たるものかもしれませんが、世界中で利用されているLINEスタンプのクリエイターは億単位で稼いでいる現状を見ると、いかに"売れるLINEスタンプを作るか"が重要になるわけです。

ちなみに色々と調べてみましたが、有名なクリエイターであっても上位100位に制作したスタンプが入らないと、左うちわな生活をするのは難しいとの事がわかりました。意外と狭き門なのかもしれませんね。

LINEスタンプを簡単に作る方法



ここではLINEスタンプを簡単に作る方法についてご紹介していきます。もしかしたらLINEスタンプを作るのに何か特別な資格が必要なのでは?なんて思っている方もいるかもしれませんが、そんな心配はありません!

今はとても便利なツールがあるのでそのツールを使って簡単にLINEスタンプを作る事ができます。

まずLINEスタンプを作る土台ですが、パソコンで画像処理ソフトなどを使ってデザインしてみても良いでしょう。ただし今はもっと簡単にできる方法があります。それはスマホで簡単にデザインする事です。

まずはたくさんあるLINEスタンプ作成ツールの中からお好みのツールをダウンロードし、インストールしておいて自分の作りたいデザインのスタンプを作っていきます。イラストや写真を撮影する事もできますし、文字を入れたりする事も簡単にできます。

もちろんそれぞれのLINEスタンプツールの特徴があるので、それらの特徴をよく比較して自分が最も扱いやすいと感じるツールを選んでLINEスタンプを作ると良いですね。

LINEスタンプ作成ツールは有料なのか?稼ぐために有料ツールを買わなくちゃダメなのかと思うかもしれませんが、優秀な無料ツールがたくさん出ているので、その中から特におすすめの無料LINEスタンプ作成ツールをご紹介いたします。

LINEスタンプが作成できるおすすめツール



唯一有料でLINEスタンプを作成して販売までできるのが『Shuttle Sticker』というツールです。このツールはスタンプを出力する時、つまり販売する時に480円の手数料がかかります。

使い勝手は良いようで人気があるようですが、売れるかどうかもわからないのにお金を使いたくないという方には完全無料のLINEスタンプ作成ツールをおすすめいたします。

『LINE CREATORS STUDIO』このツールは実際にLINEが公式に認めているLINEスタンプ作成ツールで、完全無料で使用する事ができるツールです。ただしこのツールはスマホで撮影した画像を利用して作る機能しかありません。

つまりイラストを自分で考えたりする事はできないという事なので、持っている画像を駆使して簡単にスタンプを作りたいという方におすすめです。

『ibisPaint X』は自分の画力やイマジネーションを活かす事ができるLINEスタンプ作成ツールです。40個までのデザインを作る事ができますので、中には売れるスタンプを販売する事ができるかもしれません。

もしも売れるスタンプが一つでもあったら、そのデザインを基本にして本格的にシリーズ化してロングランを狙えばいいのです。

まとめ



今回は使う人は毎日使っているLINEスタンプの作成を自分でできるのか?自分で作ったLINEスタンプを販売したらいくらくらい稼ぐ事ができるのかについてを簡単にではありますがお話ししました。

イラストを描くのが好きという方や、片手間の時間を副業にあててみたいという方、一発逆転を狙っているという方はぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事が副業を考えている方、趣味を実益にしたいと思っている方、本格的にLINEで稼ぎたいと思っている方のお役に立てれば幸いです。

関連記事