HOME > コラム > 変わり種のアルバイト > パタンナーとはどんな仕事なのかを探ってみた!

パタンナーとはどんな仕事なのかを探ってみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着のバイト
求人情報を確認

世の中には色々な仕事があるものですね。数えきれないほどの種類の仕事があって、それなのに不要な仕事というのは一つもありません! 誰にでもできて誰もが知っている仕事もあれば、逆にあまり知られていない珍しい仕事もあるものです。

今回はめずらしくて知る人は知っているという仕事の中から「パタンナー」という仕事についてをまとめてみる事にしました。


パタンナーは私たちの暮らしに必要不可欠な存在

あまり聞いた事がないかもしれませんが、パタンナーという仕事がこの世には存在していて、知っている人にとっては憧れを持つ仕事だと言えるのかもしれません。

特にファッションに興味があって服飾関係の仕事をしている方ならば、パタンナーという仕事の事をもしかすると熟知している可能性はあるかもしれませんね。

簡単にパタンナーと言う仕事を説明すると、デザイナーがイメージしてスケッチしたものを、立体化させるための型紙を作り出す人の事を「パタンナー」というわけです。つまりパタンナーはパターン(型紙)を作る人なのです。

何それ? と思う方もいるかもしれませんが、パタンナーがいないとどんなに素晴らしいデザインの服であっても、それを立体的にする事はできません! とても重要なお仕事なのです。

パタンナーとしての仕事ですが、大手量販店で販売されるような一般向けの服の型紙を作る仕事もあれば、ファッションデザイナーのデザインをパターン化する仕事もあります。

とても素晴らしいお仕事でもあるパタンナーの仕事なのですが、当然ながらメリットとデメリットがあります。


パタンナーになる事のメリット・デメリット

パタンナーという仕事はデザイナーのデザインを立体化するための存在ですが、有名になればなるほど引く手あまたな職業である事は間違いないでしょう。

海外で活躍しているデザイナーのパタンナーは専属となっている事が多く、その分実入りも良くてかなりの高額報酬を得る事ができるのは間違いありません。

だからこそデザインをパターン化するための専門的知識が必要となります。苦労をしてもその苦労の果てに、街を歩く人が自分がパターン化した服を着てくれていたりすると、誰にも言えないけど満足感を味わえます。

もしもデザイナーについて仕事をした場合には、ショーなどでモデルが着た服を見たお客様が歓声を上げるのを見て、やっててよかった! という満足感を得る事ができるはずです。

つまりパタンナーのメリットは自分が起こしたパターンで作られたものを、誰かが着てくれて喜んでくれる姿を見た時の達成感を味わう事ができるという点ではないでしょうか。

ではデメリットはどうなのでしょうか? デメリットはファッションショーではデザイナーがメインとなるので、自分は完全に影の存在であるという事がデメリットでしょう。

他にはデザイナーのイメージ通りにならなければ、当然ボツとなってしまう事があるので納得してもらえるまでやり直さなくてはならない事もあるでしょう。

そして最後のデメリットはパタンナーになるには、初心者や未経験の方では難しいという点でしょう。


パタンナーになるにはどうすればいいのか

先ほど少し触れましたが、パタンナーという仕事はファッション業界が関係しているので、初心者です! とか未経験です! という方にとっては難関かもしれません。

なぜかというと専門的な知識と経験が必要となるので、一般的には服飾関係の学校や専門学校を卒業している方の方が、パタンナーの道が開けていると言えるでしょう。

そのためファッションが大好きというだけではパタンナーにはなれません。しかも活躍できるようになるまでには時間がかかる事もあるでしょう。最初はお弟子さんから始まる事が多いからです。

アシスタントとしてパタンナーとしての仕事の流れなどを学び、経験を積んで初めてパタンナーとしての仕事を任せてもらえるようになるからですね。

なのでもしも将来的にパタンナーとして活躍したいと思うのならば、服飾系の学校へ進み弟子入り(アルバイト)するといいでしょう。


パタンナーのお給料は能力次第?

さて、ファッションが大好きという方にとってはたまらないパタンナーという仕事ですが、どのくらいのお給料が出るものなのかを調べてみましたが、一人前になったパタンナーはサラリーマンと同程度の年収の方が多いようです。

つまりひと月あたり20万円以上は稼げるという事になります。少ないと思うかもしれませんが、仕事で有名になっていけばどんどん報酬額は上がっていきますので、しっかりとした仕事をしましょう。

そして最後にパタンナーはなぜ有名にならなければならないのか、もう一つの理由をお話ししておきましょう。

実は少し前まではパタンナーの腕や経験が必要でしたが、最近は様々な設計ソフトができていて、型紙を起こすソフトなども出てきているのです。

なので有名で腕の良いパタンナーにならないと、ガッツリと稼げないケースが増えてきているのだという話もあるのです。

いかにデザイナーのイメージをくみ取って型紙に起こせるかは、全てその人のカンや経験が関係しているので、数多くの仕事をこなしてどんどん有名になりましょう。


まとめ

いかがだったでしょうか。今回はファッション業界では欠かす事ができない「パタンナー」という仕事についてを、簡単ではありますがお話してきました。

ファッションが大好きで自分でデザインしたいというのではなく、デザイナーのデザインを世に送り出すための型紙を作る方の仕事がしたいという方にはおすすめのお仕事です。

厳選!おすすめアルバイト
  • バイトル

    バイトを探す上での条件が沢山あります。
    手早く自分にあったアルバイトを探すことが出来ます。

    求人数実績数検索内容

    無料登録はコチラ

  • マッハバイト

    地域カバー率、業界トップクラス!
    豊富な仕事件数、祝い金もあり。

    求人数実績数検索内容

    無料登録はコチラ

新着のバイト
求人情報を確認

関連記事