アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 変わり種のアルバイト > スポーツ特待で会社に就職した人の悩みや種類まとめてみました

スポーツ特待で会社に就職した人の悩みや種類まとめてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

子どもの頃からスポーツが大好きで、体育の成績はいつも5!そのまま中学生に入ってやっぱり部活に勤しんで、高校進学する時にはスポーツが有名な学校へ推薦入学して、毎日部活でスポーツ三昧している。

そんな方も世の中には大勢いらっしゃるようですが、中には学生を卒業すると同時にスポーツが盛んな企業へ就職する方もいらっしゃいますよね。今回はそんなスポーツに特化した教育を受けていた人の就職についてご紹介いたします。

就職する時もスポーツ特待ってあるのか?



若い頃からスポーツで優秀な成績を収めている方々の中には、大学を卒業してからもスポーツをしているのは有名ですね。実はスポーツ特待と言わないケースもありますが、大学を卒業してもスポーツで活躍する方はたくさんいるのです。

実業団チームに入部するためにその実業団の会社の社員になったりするのが、いわゆる大学を卒業した後のスポーツ選手にとってもスポーツ特待のような感じですね。マラソンなんか特に有名ですよね。

スポーツ部を持っている企業の種類もいろいろとありますが、ここで特にスポーツで有名な企業をご紹介してみましょう。

たくさんあるのでスポーツの名称だけをピックアップしてみました。もちろんここにあげただけではなく、もっとたくさんスポーツの種類があると思いますが悪しからずご了承ください。

『陸上』『バスケ』『テニス』『駅伝』『駅伝』『剣道』『サッカー』『バレーボール』『ソフトボール』『相撲』『アメフト』『ラグビー』『アイスホッケー』『アーチェリー』『スケート』『バドミントン』

『空手』『柔道』『クロスカントリー』『スキー』『卓球』『体操』『ハンドボール』『ヨット』『フットサル』『マラソン』『ヨット』などなど、これ以上にもっと他にもたくさんあるものなのです。

学生の頃に優秀な成績をおさめた方の中には実業団に入って仕事をしながら練習を重ね、オリンピックや各種大会に参加するのは普通の事なのです。

スポーツ特待の方は周囲とはどう違うのか?



実業団のスポーツ部に所属する方は、会社の仕事ももちろんするかもしれませんが、試合で良い成績を残すために毎日練習するのも欠かせません。学生の頃よりもハードな練習の事もあるでしょう。

もちろん学校と同じように良い成績が残せない場合には、成績を維持しなければ退学を余儀なくされるという事はもしかしたら少ないかもしれませんね。というのも就職ですから仕事を続ける事は少なくともできるでしょう。

この事から、一般的な社員の方とスポーツ特待で入社した方の違いというのは、仕事中心なのかそれともスポーツが中心なのかの違いという事になります。

好きなスポーツを極めたいと思う方にとって、スポーツ部がある企業に入社する事はとてもありがたい事でもあり、一方で学生の頃よりももっと体調管理やケガを未然に防ぐために神経を使う必要があるのですね。

では次にスポーツで企業に就職した方のお悩みについてご紹介いたしましょう。

スポーツ特待の方の悩みについて



一番気になって悩むところが『成績』かもしれません。でももっと気になるのが『続ける事』なのだそうです。確かに総合的に考えたら続けられる事が一番の悩みどころかもしれません。

例えば成績が下がれば続ける事ができないかもしれませんし、実際に大きな大会に出場するためには成績が上位にならないと難しいですよね。それに若い方が入ってくれば当然競争も激しくなっていくでしょう。

そのため全てにおいて続ける事が一番重要であり、一番の悩みどころなのだという事になるのですね。また、病気やケガをして試合に出られないと、治ってから以前のように動けるようになるまでのリハビリの期間もありますよね。

なのでケガをしたり病気をしたりしないように注意しなくてはなりません。そう考えるとスポーツを極めたいけれど続けるための事も考えなくてはならないので、頭が下がる思いがしますよね。

スポーツ特待にも限界が来る!そんな時はどうなる?



入社してまだ若いときはスポーツに集中できて、良い成績を残せたり中にはオリンピックに出場してメダルを獲得する方もいらっしゃるかもしれませんが、スポーツによっては年齢に制限が出るものもあるでしょう。

もしも年齢的にもう選手としては活躍が難しくなってしまったら、スポーツ特待で入った方はどうなってしまうのでしょうか?気になったので調べてみたのですが、そのまま会社で仕事をメインに活躍する方もいらっしゃるようです。

もちろん他に自分がやりたい事がある方は起業したりする方もいたり、転職したりする方もいらっしゃるようです。でもどうしてもスポーツをしたいという方は、スポーツを教える先生になる方も多いみたいですね。

さらに実業団でコーチや監督として勤める方もいらっしゃいますよね。元オリンピック〇メダル獲得選手が今はコーチという話はよく耳にします。このようにスポーツで会社に入った方も、それぞれの道へ進む事が可能なのです。

まとめ



今回は、スポーツで活躍した方がスポーツ特待として会社に就職した場合や、心配している事や選手を引退した後の進路などについてをご紹介いたしました。これからスポーツで頑張ろうという方が直面するであろう不安についてもわかりましたね。

でも企業にスポーツ特待で入社する事はスポーツを極めるのに最適な方法です。ぜひあきらめずにそれぞれの競技で活躍していただきたいです。

関連記事