アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 変わり種のアルバイト > 誰でもできる?スタイリストの内容と仕事内容まとめ

誰でもできる?スタイリストの内容と仕事内容まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▽ 他の就職支援サイトを確認

スタイリストは憧れの職業の一つです。女性でも男性でもスタイリストとして活躍されている方は日本だけでなく世界中に存在しています。売れっ子になったらそれこそ引っ張りだこですよね。

そんな憧れの職業でもあるスタイリストになるためにはどんな事をしたらいいのか?今回はどうすればなれるのかだけではなく、仕事の内容やお給料そしてこの職業ならではの辛さなどについてご紹介いたします。

スタイリストって基本的にどんな事をするの?



まずはスタイリストが何なのか?これを知らずしてこの職業に就く事はできませんよね。何となくイメージでは服のコーディネートをするのが仕事かな?なんて思う方も多いかもしれませんが、そのイメージは間違ってはいないでしょう。

でも実はスタイリストと一言でいっても様々な種類があるものなのです。例えばファッション系のスタイリストもいればヘアスタイリストなどというジャンルもあります。

その中でもファッション系のスタイリストでもブティックなどでコーディネートをする方もいれば、ファッションショーなどで活躍しているスタイリストもいますし、個人のための専属スタイリストなどもありますよね。

このようにスタイリストというのはファッションやヘアメイクなどだけではなく、対象となる人によっても種類があるという事になるわけです。ちなみにですが服装だけではなく小物などを合わせたりするのもスタイリストの仕事です。

スタイリストとは何かが漠然とでもわかったので、次はスタイリストという職業には誰でも就けるものなのかについてお話ししましょう。

スタイリストは誰にでもできるものなの?



基本的にやろうと思えばどなたでもスタイリストにはなれるでしょう。もちろん需要があれば普通はしないようなコーディネートを考えるスタイリストにお客様が殺到するという事も考えられますよね。

こんな事を聞くと「え?センスが必要なのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、センスというのは個人の好みの問題ですから、その人の趣味を理解して良いなと思ってくれる人がいれば成り立つ仕事なわけです。

今の時代は全てに多様性が求められていますので、色々な方がスタイリストとして活躍しても問題はないでしょう。ただ、やはり少しでも多くの方に共感を持ってもらえる方が良いのは事実ですよね。

それに有名なスタイリストになる事ができれば自分の好みのファッションをお披露目する事もできるでしょう。なのでよほど一般の感覚とずれていなければファッションセンスは磨かれていくので基本は誰でもスタイリストを目指す事ができると言えるかもしれません。

ところでスタイリストの仕事はどのような流れで行われていくのでしょうか?スタイリストの一日の仕事の流れをご紹介いたします。

スタイリストの1日の仕事の流れ



まずは職場へ出勤していきます。そこで一日のスケジュールを確認し、必要な打ち合わせなどを行います。もし職場が店舗ならば朝出勤したら店舗の掃除や開店の準備などを行います。

スタジオなどで活躍する場合にはスタジオに入って打ち合わせを行います。もちろんその前にその日に使う衣装などを用意しておかなくてはなりません。モデルさんに着用してもらう場合はモデルさんの体形に合わせて修正したりします。

準備が出来たら撮影などを行います。撮影を行う仕事というのは例えばファッションショーやファッション系の雑誌の撮影、一般の方が対象の場合は七五三や成人の日などの記念撮影、また結婚式場での写真撮影などもありますね。

もちろんその合間に食事などの休憩を取りますが、スタイリストの仕事というのは時間に追われて作業をする事も多くありますので、定期的な休日や決まった時間に休憩をとるのも難しいという悩みがあるようです。

そして仕事の流れの続きですが、撮影やお客様への接客が終わって一日の仕事が終われば翌日の予定を確認したり、今後のコーディネートなどを考えたりする事もできるでしょう。

多分想像しているよりも忙しくタイトな時間の中での作業になる事も多いかもしれません。こんな大変なお仕事のスタイリストですが、お給料はどのくらい貰えるものなのかが気になりますよね。

スタイリストのお給料



スタイリストといってもいきなりメインで活躍できるスタイリストになれるとは限りません。どんな方でも最初はアシスタントあら始まっていくものです。アシスタントの場合はメインのスタイリストの方のお手伝いをしながら全体的な仕事を覚えていきます。

最初は覚える事も多いしとても大変な作業をこなさなくてはなりませんが、お給料はというとひと月に10万円程度の事も多いようです。年収にしてみたら多くても150万ほどである事が多いようなので、メインで活躍できるスタイリストになれるよう頑張らなくてはなりません。

仕事が終わってからバイトを考えている方もいるかもしれませんが、実際にはそんなに時間の余裕もないかもしれません。もしも一人暮らしをされている方で将来スタイリストになりたいという場合にはルームシェアをするとか実家暮らしの時に始める方が良いかもしれません。

ではもしも一人立ちしたらどのくらいのお給料がもらえるのか期待感半端ないですが、実はびっくりする程上がるというわけではありません。もちろんピンからキリまでですよね。

それでもアシスタントの時よりは年収もアップして、200万円以上は稼げるようになりますし、かせげる人は数百万も稼げるようになる方もいらっしゃるようです。

まとめ



今回はファッションの世界で活躍できるスタイリストという職業についてご紹介いたしました。仕事の内容はどうなのかや仕事の一日の流れについてやお給料がいくらくらい貰えるのかなどについてもご紹介いたしました。

この記事を読んでスタイリストを目指す方の疑問が少しでも解消できれば幸いです。

関連記事