アルバイト・バイトの口コミ、求人情報はバイトトークでチェック!地域、業界、職種など様々なカテゴリごとの情報を掲載。探している条件の求人がきっと見つかります。初めてのバイトにまつわるオススメ情報や体験談も掲載。
HOME > コラム > 変わり種のアルバイト > テキスタイルデザイナーってどんな仕事?

テキスタイルデザイナーってどんな仕事?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→ 他の就職支援サイトを確認

不織布三層構造マスク
テキスタイルデザイナーという職業をご存知でしょうか?普通はあまり耳にしない言葉かもしれませんが、ファッション関係やインテリア関係などの仕事をした事がある方や、その分野に興味があるという方は一度くらいは耳にした事があるかもしれません。

今回はテキスタイルデザイナーという仕事について、どんな仕事をするのか?資格は必要なのか?収入はどのくらいなのかなどを、簡単にお話ししていきます。

テキスタイルデザイナーとは?



まずテキスタイルデザイナーというのは何かというと、例えばファッションデザイナーや服をデザインした時に、そのデザインを実際に作るとしますよね。その時にどんな生地で服をつくったら良いのかや、どんな柄にしたらいいのかなどを決めなくてはなりません。

テキスタイルデザイナーというのはデザイナーが作った案を実際に形にする時に、どんな素材を使うかやどんな色を使うのかや、さらには柄をどうしたらいいのかなどについてを具体的に決める担当者です。

そんな仕事があるのかと驚かれる方もいるかもしれませんね。実際にファッションデザイナーの方がデザインした服の生地の素材や色、柄などについても決定しているのかと思っていた方も多かったのではありませんか?

このようにテキスタイルデザイナーというのは、ファッションデザイナーにとって必要不可欠なパートナーなのです。ちなみにインテリアデザイナーもテキスタイルデザイナーを利用しているケースも多いそうです。

テキスタイルデザイナーの仕事の内容



では具体的にテキスタイルデザイナーの仕事についてご紹介いたします。まずはデザイナーがデザインした案を見て、デザイナーとどのような機能が必要なのかなどをじっくりと相談します。

相談して得た情報や希望などを考慮して、そのデザインの服を実際に作る時にどんな素材を使えば良いのかを決定します。さらにデザイナーによっては使用する生地の柄についても相談する方もいるようですので、学ぶことがとても多い職業かもしれません。

もちろんデザイナーの要望を満たすためには素材について勉強しなくてはなりませんよね。ちなみに素材については毎年あらゆる分野で新素材が開発されていたり、柄にも流行があったりするので常に最先端でいなくてはなりませんよね。

そのための情報収集も必要になるので調査なども仕事の内に入るでしょう。ちなみに素材は生地だけではなく縫製に使う糸も含まれています。勉強が多いので一人前として認められるのはとても大変な職業である事は間違いありません。

ところでテキスタイルデザイナーになる事によって、どのようなメリットがあるのかも知りたいですよね。

テキスタイルデザイナーのメリット



テキスタイルデザイナーのメリットは何といっても有名になればフリーランスでも充分に稼ぐ事ができるという点でしょう。さらに別に事務所などに行かなくてもいいのもメリットです。

ほとんどの場合は事務所には定期的に出向く事があっても、基本的には在宅で仕事をする事が多いのと、クライアントとの打ち合わせが多いので、あまり同じ会社の人と顔を合わせなくても良いというメリットもあるかもしれません。

もちろんその分クライアントとは頻繁に会うのでそちらをデメリットと感じる方がいないとも限りませんが……。他にも仕事を認めてもらえる機会が増えればフリーランスにもなりやすいでしょう。これもメリットですね。

当然様々な素材などについても知っておく必要があるので勉強するのは非常に時間がかかるかもしれませんが、常に勉強をしているので最先端の技術について知る事ができるのは大きなメリットでしょう。

それでは気になる収入のお話をしていきましょう。

テキスタイルデザイナーの収入について



フリーランスで活躍しているテキスタイルデザイナーが意外と多い事をみてもわかりますが、フリーランスとして活躍する人が多いという事は、それだけ収入面では恵まれているという事になります。

例えばどこかの事務所に所属している場合ですが、300万円~500万円程度の年収なので、かなり報酬的には満足度が高い職業ではないかなと思います。平均にするとだいたい450万円前後が多いようです。

フリーランスになって顧客もたくさんつけば仕事をこなしただけ収入を得られるようになる可能性は大いにありますよね。やりがいを感じる仕事に巡り合いたいという方にはおすすめかもしれません。

ただ、テキスタイルデザイナーになるためには、やはりデザインとかカラーコーディネートなどを学んだ方が良いでしょう。さらに素材や柄などを深く知るために工芸や染物についても学んでおくと尚良いでしょう。

ちなみに検定資格の取得ができます。『衣料管理士』という資格です。他にはカラーコーディネーターという資格の取得も目指しておくと良いかもしれませんね。あらゆるジャンルで活躍できる未来のある職業かもしれません。

まとめ



今回はテキスタイルデザイナーという職業の存在と、どんな仕事をするのかやメリットそして収入と資格などについてもご紹介いたしました。この記事がクリエイティブな仕事をしたいという方のお役に立てれば幸いです。

関連記事